1月9日(水) 書き初め大会

 本日5,6校時に体育館で書き初め大会を行いました。「上手く書けたー。」「うーん,最後の一文字で失敗しちゃった。」などと言いながら,一文字一文字集中して書き初めに取り組みました。書き初めを終えた後は,今年の決意を漢字一文字で表す課題にも取り組み,一人ひとりそれぞれの思いをこめていきました。全員の書き初めが学年の廊下に掲示されると,新しい年が始まったという感覚が湧き上がってきます。

 

 

 

 

12月3,4日(月)(火) 夢の教室

 3日には1組2組に2018年東洋太平洋バンタム級チャンピオンの吉田 実代先生が,4日には3組4組に2016年にはリオデジャネイロオリンピックの400m自由形リレーで8位入賞した松本 弥生先生が来て下さいました。出会いの一時間目は,子どもたちと一緒に体育館で協力が必要なゲームに先生と一緒に取り組みました。先生との距離が縮まったところで2時間目はいよいよ夢の教室でした。

 印象的だったのは,どちらの先生もずっと成功し続けてきたわけではなく,挫折を経験しているということでした。そして今も挑戦し続けている姿勢,前向きで強い気持ちを持ち続けることの大切さを感じました。

 吉田先生は世界チャンピオン,松本先生は東京オリンピックというように,夢先生たち自身もまだ次の夢に向けて進んでいるという話を聞いて子どもたちも大いに刺激を受けていました。

 

 

 

 

11月17(土) 牧小祭り

 5年生はつながりをテーマに牧小祭りの発表を行いました。白杖体験や車椅子体験では,目の不自由な人,体の不自由な人の体験コーナーを用意しました。子どもたちが調べたことをお客さんに伝え,それぞれの体験コーナーに行きました。体の不自由な人の大変さを伝え,お客さんの感想を直に聞くことができて良い学びとなりました。お米,漁業,自動車,ができあがるまでをすごろくにして学んでもらうコーナーでは,すごろくにして楽しく学んでもらうことができました。お客さんを相手にする中で声かけの仕方や,臨機応変に動くことの大切を学び,今日の一日の中で子どもの成長を感じることができました。

      

 

11月1日(木)

 本日は,持久走記録会がありました。始業前から入念にストレッチをしていたり,校庭でウォーミングアップをしていたりとやる気満々の子どもたちの姿ありました。一方で,「お腹が痛い。」「なんだか熱がありそう。」と気が気でない様子の子どもの姿もありました。一人ひとり悲喜こもごものドラマがあったようですが,完走できた全員のタイムが伸びていました。学年全体で校庭12000周分練習しようという目標を立てていたのですが,そちらも見事達成しました。天気も良く充実した記録会になりました。

    

 

10月24,25日(水,木)

 国土交通省に見学に行きました。災害車両の見学と,車椅子と白杖のバリアフリー体験を行いました。実際に車椅子に乗ったり,目隠しをして白杖を使って見ることで,ちょっとした坂道や段差があるだけで,移動が大変になることを体験できました。この経験を元に牧小まつりではバリアフリー体験コーナーで発表を行います。

 

9月12日(水) 校外学習

 天候に恵まれて、過ごしやすい陽気で校外学習に行くことができました。午前中は清水公園でアスレチックに取り組みました。2時間たっぷりと時間があったので、何度も挑戦したり、最初は二の足を踏んでいたアスレチックに友だちの姿を見て挑戦したりする姿も見られました。高学年だからこそ難易度の高い種目にも取り組め、充実した活動となりました。午後はキッコーマンものしりしょうゆ館にて醤油ができるまでを見学しました。しおりにあったメモ欄に収まりきらないほどたくさんの情報を書き込んでいる児童が多く、こちらも良い学びとなりました。大豆のにおいが漂ってきて、映像だけではわからないことも五感を通して考えることができました。

 

 

 

6月30日(土)~7月2日(月) 林間学園

 林間学園は3日間天候に恵まれ予定通りにすべてのプログラムを行うことができました。藍染め体験、川遊び、キャンプファイヤー、飯ごう炊さん(カレー作り)、スカイブリッジ・不二洞見学、肝試し、スバル工場見学、こうしてあげてみると実に盛りだくさんの経験をすることができました。友だちの新たな一面を発見したり、自分の役割を果たす中で責任感が芽生えたり、様々な面で成長する姿が見られました。一学期の大きな行事は林間学園で最後でした。林間学園で学んだ自主、自立を学校生活にも活かして一学期残りの時間を過ごしましょう。

 

 

 

6月21日(木) 林間学園キャンプファイヤー練習

 林間学園まで残り一週間ほどとなりました。それぞれの係が着々と準備を進めています。キャンプファイヤーの練習では、オープニングファイヤー、ダンス、ゲームの練習を行ってきました。相変わらず、パワフルな五年生です。当日のキャンプファイヤーも楽しみです。

  

 

6月5日(火)新体力テスト

    1,2校時に新体力テストがありました。子どもたちは去年の自分の記録を越えられるように精一杯取り組んでいました。自分の記録に一喜一憂したり、輝かしい記録を出した友だちの姿に驚嘆、称賛したりする様子が見られました。今回悔しい思いをした人も来年こそはという気持ちでがんばろうと決意している姿が頼もしかったです。

     

     

             

5月16日(水)LAT授業

 LATの先生による外国語の授業がはじまりました。みんなジャマイカからきたトゥルディ先生に興味津々。ジャマイカのダンスを教えてもらうと、5年生もソーラン節をトゥルディ先生に張り切って教えていました。4クラスから教えられたトゥルディ先生は、最後にはかなりソーラン節が上手くなっていました。これから一年間楽しみながら外国語の授業が進められそうです。

 

  

4月6日(金) 学年開き

 新学年がスタートして二日目。昨日は学級開きを行い、今日は学年開きでした。学年目標の「信・新ーSHINー」新しい自分を発見しよう、信頼される5年生になろうという話をし、各クラスの担任紹介をしました。

 話を聞く子どもたちの眼差しから新たな学年として活動していくことへの意欲を感じました。紹介が終わった後には、クラス対抗ドッジボール。フェアプレーでありながら、活力溢れる勝負になり、頼もしかったです。

 担任一同、力を合わせて指導していきます。一年間よろしくお願いします。