小金小の歴史

明治 6年 2月 学制に基づき東漸寺を仮校舎として黄金小学校を設立する。

明治 8年 1月 小金小学校と改称する。大谷口東光院に分校を設ける。

明治19年 4月 小金尋常小学校と改称する。

明治20年 7月 木造藁葺屋根70坪の校舎を新築し開校式を行う。

明治29年 9月 高等科を併置する。

明治42年 2月 尋常科本校舎を増築する。

明治43年 3月 高等科仮教場を廃止する。

大正 3年 4月 校舎通路買入する。

昭和16年 4月 国民学校令により小金町国民学校と改称する。

昭和22年 5月 新学制実施により小金町立小金小学校と改称する。

昭和24年 4月 学校給食を開始し、炊事場を1棟建築する。

昭和25年 4月 附属幼稚園創立。

昭和29年 9月 町村合併により東葛市立小金小学校と改称する。

昭和29年10月 旧小金町は東葛市より分離、松戸市と合併し松戸市立小金小学校と改称する。

昭和39年 3月 給食室落成する。

昭和40年 3月 鉄筋3階3教室の新校舎竣工する。

昭和40年 4月 特殊学級設置。

昭和41年 7月 プール完成する。

昭和42年11月 創立95周年式典を実施する。

昭和43年 4月 小金北小学校開校により学区一部変更。

昭和44年 4月 根木内小学校開校により学区一部変更。

昭和45年 8月 鉄筋4階建新校舎竣工する。

昭和47年 3月 鉄筋4階建7教室増築、附属幼稚園鉄筋2階建改築、体育館落成する。

昭和47年11月 創立百年記念式典及び記念事業実施する。

昭和48年 4月 小金原に分校開設。(重度障害精薄特殊学級2)

昭和49年 4月 鉄筋5階建普通教室9、特別教室4増築。

昭和49年 4月 病弱学級開設する。

昭和50年 4月 小金原分校を県立養護学校に移管する。

昭和52年 4月 八ヶ崎第二小学校開校により学区一部変更。

昭和54年 4月 病弱学級を県立養護学校へ移管する。

昭和55年 4月 言語治療学級開設。

昭和55年 4月 教頭二人制施行。

昭和55年12月 言語治療学級教室改造工事完了する。

昭和55年12月 鉄筋新給食室完成する。

昭和57年 3月 二宮金次郎像移設工事完成する。

昭和58年 4月 幸谷小学校開校により学区一部変更。教頭一人制となる。

昭和59年 2月 小金小学校郷土歴史館開館。

昭和61年 9月 第二理科室、図工室改造工事完了する。

昭和63年 3月 学童保育室完成する。

平成 3年 1月 土俵完成。

平成 3年 2月 和室完成、郷土歴史館、5階校舎4階へ移動。

成 3年12月 西側校舎改修及びランチルーム完成。

平成 4年 8月 給食調理室改修。

平成 5年 2月 創立120周年記念行事を実施する。

平成 6年10月 公開研究会開催(市指定、理科・生活科)

平成 8年 8月 3階校舎補強工事完了

平成10年 4月 幼稚園休園

平成10年11月 コンピュータ室完成

平成14年11月 創立130周年式典、祝賀会、3人子どもの像(ブロンズ)設置