学校教育目標

心豊かにたくましく「生きる力」を育む

【目指す児童像】

  〇よく考えて進んで学ぶ子(知)

  〇思いやりがあり仲よく協力できる子ども(徳)

  〇進んで体を鍛え たくましい子ども(体)

【高木小合言葉】

「明るいあいさつ かがやく笑顔 みんな仲よく高木小」

【めざす教師像】

「子どもにとって最大の教育環境は教師自身である」

  〇児童一人一人を理解し、授業を大切にする教師

  〇児童、保護者、地域から信頼される教師

  〇教育者としての使命感を持ち、児童の教育指導に責任をもてる教師

学校経営の方針 

○児童一人ひとりに「心豊かにたくましく生きる力を育てる」という学校教育目標の主旨を全教育活動に生かして実践し、学校教育目標の具現化に努める。

○児童一人ひとりに「基礎・基本の確実な定着を図り、個性を生かす教育」を目ざした教育課程を編成し、その完全実施に努める。

○児童一人ひとりに「安全で楽しい学校生活を体験させる」ために、学校の安全確保に努めると共に、「命の大切さ」についての指導に努める。

 

(1)学習指導
  (1)基礎的・基本的な知識・技能を習得させ、自ら考え、判断し、表現する力を育成する。
  (2)学習習慣を確立させ、指導目標の明確化と指導方法の工夫改善を図り、分かりやすい授業を展開し、学習意欲を向上させる。
  (3)習熟度別学習・課題別学習・放課後算数教室等の指導を実践し、個に応じた指導の充実を図る。
(2)道徳教育
   (1)豊かな体験を通して、児童の内面に根ざした道徳性の育成を図る。
   (2)授業時数を確保し、指導方法を工夫改善することにより、道徳の時間の充実を図る。

(3)英語活動
   (1)英語を通じて積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を育成する。
     (2)英語の音声や基本的な表現になれ親しませる。(「5年間英語」の実践)

(4)総合的な学習の時間
     (1)探求的な学習を通して、自ら課題を見付け、自ら学び、自ら考える能力を育成する。
     (2)ねらいや育てたい力を明確にした授業展開を行う。

(5)特別活動
   (1)学級活動や児童会活動、学校行事などの集団活動を通して、互いに認め合い、協力し合い、自ら 進んでよりよい生活を築こうとする態度を育成する。

(6)生徒指導
     (1)児童理解を深め、豊かな人間関係づくりを推進する。
   (2)校内教育相談体制の充実を図る。
     (3)人権意識を高め、いじめを見逃さない学校づくりに努める。

(7)体育・健康・安全教育
  (1)学校の教育活動全体を通じて、運動やスポーツに親しむ資質や能力を育成する。
  (2)安全教育を推進し、危険を回避する能力と自他の命を大切にする心の育成に努める。
  (3)食に関する指導を充実させ、望ましい食生活を実現する態度を養う。

(8)キャリア教育
    (1)発達段階に応じて勤労観・職業観を育成し、自己の将来について考えさせる。

(9)特別支援教育
  (1)必要に応じて個別の指導計画を作成し、一人一人の教育的ニーズに応じた指導内容や指導方法を工夫する。
  (2)特別支援教育委員会を充実させ、軽度発達障害に対する理解を深め、対応の共通理解を図る。

(10)学校人権・同和教育
  (1)教育活動のあらゆる場で自他の違いを理解し、自他のよさを認め合う心情を養い、人権意識を高める。
 (2)社会との関わりを自覚し、他者と共生できる態度を育成する。
(11)地域との連携
  (1)学校・家庭・地域社会それぞれの役割を理解し合い、協力体制の確立に努める。
  (2)学校の説明責任を果たし、信頼される学校づくりに努める