緊急時の対応について  

 大地震や大雨など緊急時の対応について、保護者の皆様に参考にしていただくための緊急時の対応マニュアルを作成しました。昨年度に引き続き、新型コロナウイルスによる対応もありますので、保存をお願いします。

 令和4年度 緊急時の対応について   

 

  

11/10    昨日9日は松戸市総合防災訓練を本校でも実施しました。マンホールトイレが今年3月までに完成しましたので、マンホールトイレの組み立てがメインです。各町会と市の直行職員、PTA、本校職員で約50名が集まりました。

 

まずは体育館組と外組に分かれ、体育館組はトイレユニットを作ります。説明もわかりやすく、ねじも手で付けられます。初めてでも作りやすい工夫がされています。

  

外組はトイレの部屋を作ります。ちょっと重たいのですが二人いれば十分。これも取り付けはそんなに難しくありません。

 

最後はトイレユニットを入れて完成ですが、ビス止めなど最後に少し手間がかかります。完成した状態を見て喜んでいましたが、あっという間に解体作業に入り、喜びもつかの間。元あったようにしまうのも大変です。それでも何とか力を合わせて元に戻すことができました。

 

トイレの製作から片づけまでトータル55分かかりました。この時間を目安に来年も頑張りたいと思っています。地域の皆さん、お疲れ様でした。

 

5/31 (金) 水泳指導の時期が近づいてきました。松ケ丘小学校では毎年消防署の方の指導を受けて心肺蘇生法の研修を行っています。今年は7/3に文化委員主催の救命救急指導の講座が開催されます。お手紙も5/29に配付されました。AEDの使い方などまさかの時のためにも保護者の皆様もぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

4/25 (木)  16日は今年度初めての避難訓練が行われました。入学して1週間もたたない1年生も参加です。今回は新しいクラスで避難経路を覚えることが目的です。

 

廊下での整列や階段、やや暗いところもおしゃべりなしできちんと避難できました。

 

 集まってからももちろんお話はなしです。列をきちんと守って座っています。

 

上澤先生の話も校長先生の話も静かによい態度で聞くことができました。この素晴らしい態度を見てください。

 

 避難訓練が終わり、帰る時でもまっすぐに教室に戻ることができていました。

 

3/27(水) 災害用マンホールトイレの完成後の検査について

      昨日工事関係者、市の担当職員、学校職員で完成後の検査が行われました。私も立ち会

     いましたので写真で紹介します。

 

簡易トイレは今までの弱点を克服した今年度からの最新版だそうです。慣れれば10分で組み立てできるようです。

 

 倉庫にはトイレ8台分が保管されています。

 地下40Mから地下水をくみ上げます。

 次年度11月の総合防災訓練で組み立てを行う予定です。たくさんの方々の参加をお待ちしています。

 

2/19(火) 災害用マンホールトイレの設置について

      12月より体育館そばの赤門近くで行われている工事についてお知らせします。もう

     かなり進んでいて形が見えてきましたが、看板にあるように3月中旬の完成予定で災

     害用のマンホールトイレ設置工事が進んでいます。下の写真をご覧ください。

 

 オレンジに囲まれた部分にマンホールが置かれ、非常時にはトイレになります。

 

 体育倉庫の裏には小型の倉庫が置かれました。この中にマンホールトイレの上部が保管されます。

 右は井戸になります。地下約40M下から地下水をくみ上げます。

 

11/11(土) 松戸市総合防災訓練が松ケ丘小体育館で行われました。

      市の直行職員さん、危機管理課の方々、保健所の方々をはじめとして地域の各町会、

     自治会の方々、本校職員、PTAさんなど総勢67名の参加で行われました。 

 避難所はまず地区ごとに集まることから始めます。

 完成予定図の写真を参考にし、今年はよりスムーズに設置ができました。参加されている方も

2回目、3回目という人が多く慣れてきたようです。

                  まずは通路を作るところから始めます。地域ごとの区分けが

                 できましたら、地域の方々が協力してパーテーションやテント

                 を作ります。

                  今年はプライベートルームに新しく配布されたクッションを

                 入れ、どのようになるか確かめたり、同様に新しく配布された

                 白いテントも組み立てました。

  この他にもガスボンベで作動させる発電機の使い方やすべてを元通りにする片づけ、物資の配

 給(松戸市より)などがありました。こんなにたくさんのことをしたのに時間は1時間とちょっと

 でした。みなさんの協力体制が素晴らしかったです。

      避難所開設まで今年は約19分、昨年に比べ手際もよくなっているということでした。

     課題はいろいろありますが、地域の方々が協力して、もしもの時に備える準備をしっか

     りとしていけたらと思います。充実した一日となりました。参加してくださった方々あ

     りがとうございました。