学校教育目標

-豊かな人間性と、たくましく生きる力の育成-

 

<めざす児童像>

・よく考え、すすんで学ぶ子

・思いやりのある子

・ねばり強い子

・けじめのある子

・からだをきたえる子

理想の姿を常に意識し、その希求に努める。

 

<教師の姿>

・温かさと厳しさを備えた教師

・責任を自覚し実践力に富む教師

・健康で明るい教師

・地域、家庭から信頼される教師

 

<学校の姿>

・生き生きと真剣に学習する学校

・愛情ただよう楽しい学校

・きまりを守り、秩序ある学校

・清潔で、美しい学校

 

経営方針

(1)知・徳・体の調和のとれた発達の促進に努める。

(2)全教育活動を通じて、学ぶ意欲を育て、生涯学習の基礎づくりに努める。

(3)教育課程の工夫と充実に努める。

(4)健康、体力向上、安全、食生活などへの意識の高揚を図り、実践化に努める。

(5)秩序があり、いじめのない楽しく活力のある学校づくりに努める。

(6)見識を深め、指導技術を高めるための研修の充実に努める。

(7)児童を鍛え、伸ばし、個性を伸張し、個々の可能性の拡大に努める。

(8)教育環境の整備・充実に努める。

(9)評価活動を充実させ、経営の改善に努める。

(10)チームとしての職場風土を構築する。

 

 

本年度の努力点

(1)学級づくり・授業づくりの一層の充実を図る。

 ・あたりまえのことをきちんとこなす力の定着

 ・自己肯定感が高まり、安心して生活できる学級づくり

   ・自己存在感、自己決定の場を与える授業の実践と家庭学習の取り組み

 ・あいさつ、清掃、読書活動の充実

 

(2)一人ひとりの子どもに応じた指導の工夫と充実を図る。

 ・特別支援教育の充実

 ・個に応じて、確かな学力を身につけるための工夫と実践

 ・発達段階に合わせた基礎体力の向上への取り組み

 

(3)地域や保護者等との連携をさらに強化し、教育活動の充実を図る。

 ・積極的な情報発信(学校だよりやホームページの充実)

 ・「大橋サポーターズ」(学校支援ボランティア)の推進

 ・保護者の学校参画の促進

 ・地域資源を活用した、教育活動等の充実

 ・和名ヶ谷中学校との連携促進

 

学校・地域の特色

 昭和56年に学区変更にともない東部小・柿ノ木台小学校の分離校となり、大橋小学校として発足する。平成26年度には、情緒障害特別支援学級が新設した。

 本校は、松戸市の南部に位置し、畑から住宅地として整備され、急速に開けてきた地域である。学校の南部は、市街化調整区域のため畑が広がっている。数は少ないが専業農家があり、昔の良さが残っている地域である。北側は、飲食店やスーパー・チエ-ン店等も多く、新しい住宅が増えている。

 隣接する公園には、二十世紀梨の原木碑があり、校地内には、鳥取県より寄贈された梨の木がある。4年生が、総合的な学習の時間の一環として梨の生育に関わっている。

 保護者は、会社員、公務員が大半であるが、地元の農家も若干残っている。学校に対して非常に協力的で学校とのつながりは、非常に強い。そうした地域性もあり、地域ぐるみで子どもを育成しようとする感が強く、子ども会・伝統行事等の活動は盛んな地域である。