○ H29 北部小が取り組む教育実践 ○

 

 1 「チーム北部」として授業及び教育活動の充実を図る

  (知)よく分かる授業づくり

 

 ・「算数科」の習熟度別授業(5・6年生)T.T授業(1~6年生)等、発達に合わせた授業形態の工夫
 ・取り出し指導(アシスト)や復習タイム、ドリカムタイム等、個に応じた学習支援活動の充実
 ・1年生~6年生の英語教育の実践(朝のDVD視聴、発達に合わせた英語授業)
 ・読書活動の充実(朝の読書タイム、学級担任・保護者による読み聞かせ)
 ・家庭学習の手引き「ドリカムラーニング」の取組推奨
 ・ユニバーサルデザインの視点を取り入れた分かる授業の工夫

 

  (徳)「いじめ」を生まない学級・学校づくり

  ・「いじめ防止対策・生徒指導部会」を中心としてタッチハートアンケートを活用した、

   きめ細かな実態把握と迅速な対応

 ・よりよい人間関係を築くため、道徳教育の充実、ピアサポート授業を実践するとともに、異年齢集団活動や

  体験的な活動の充実

 ・児童や保護者の心に寄り添った全校特別支援体制
 

  (体)たくましい身体づくり

 ・体育的行事の充実
 ・健康教育(早ね・早おき・朝ごはん、立腰)の推進

  (キャリア)協働・自立・自律の意識づくり

 ・サイレント清掃の実施

 ・係、当番活動の充実
 ・キャリア教育の実施

 

 2 保護者・地域と連携し、安全・安心な信頼される学校づくりに取り組む

  ・保護者の協力のもと、健康な生活習慣の定着

 ・ミュージックフェスタや集会、清掃時間等保護者参観の機会増加
 ・運動会、PTA行事、学校、保護者が一体となった活動の工夫
 ・保護者・地域ボランティア(スクールガードほか)の協力のもと、安全・安心な教育活動の展開
 ・不審者、交通安全、保健関係の積極的な情報発信と情報の共有

 ・児童や保護者の心に寄り添ったきめ細やかな誠意ある対応

 3 北部小の伝統「挨拶・清掃・歌声」の充実を図る

 ・心が響く歌声を目指した合唱指導の充実
 ・地域の一員としての、地域におけるさわやかな挨拶
 ・サイレント清掃の推進と清掃活動の充実