②3月24日(水)お別れの会 

 今日は、お別れの会がありました。転退職する職員とのお別れです。学級担任もいるので前もって動画で撮っておき教室にいられるようにしました。ZOOMを使って会を進行し、その途中で動画を見ました。お別れするのは本当にさみしいものです。最後の話は、「あいさつ、ごめんなさい、ありがとう。」が言える子になってほしいと伝えました。他の先生たちもそれぞれお別れの話をしました。卒業生もたくさん来て戸部先生にお別れを言いました。

 最後になりましたが、二年間大変お世話になりました。矢切小学校は本当に良い学校です。地域、保護者に恵まれた、素直で明るい子ども達の笑顔にあふれた学校です。皆様のおかげで、なんとかここまで来たと思います。本当にありがとうございました。

 

     

      

 

 

①3月24日(水)令和2年度 修了式 

 一年間のまとめの日となりました。子ども達は、元気に登校してきます。気温が高くなってきたおかげで体調不良の子が減って今日は欠席者が少なくなりました。はじめに松戸市の運動能力章、しきなみ短歌コンクール、明るい選挙習字作品で子ども達が表彰されました。戸部先生がもらったのは、「学校賞」です。多年のボランティア活動が認められていただいた賞状で、代表で戸部先生がもらいました。

 修了式では学年代表の子が修了証をもらいました。表彰の子、修了証を授与する子のどちらの子どもも立派な態度でした。校長先生の話では、まず、修了式のお話の前に、一つ話しました。毎朝の校門でのみんなとのお話や挨拶で元気がもらえたことをお礼を伝えました。そして、子どもを送ってくる保護者の方とお話できたことの中で、昨日、登下校中に石をけっている、それが車にあたってしまうお話をいただきましたので、登下校の歩き方について今一度指導しました。

 そのあと、修了式は一年間のまとめの式であることを話しました。この後、もらった通知票や先生からの言葉を来年に生かしてほしいことを話しました。そして、今年一年は新型コロナウィルス感染症拡大防止の対策が第一で、みんなが安心して通える学校にするために先生たちで考えたこと、そして、みんなはこれからも「うつらない・うつさない」行動を実行してほしいことを話しました。そして、一番伝えたいことは、「前向きに過ごす」ということです。これからも続くこの生活で、できる活動の中で、楽しいことやできることを見つけてほしいと話しました。コロナのせいで、○○ができなかった、コロナのせいで○○をがまんした、「コロナのせいで」と考えるのをやめようと話しました。それは、私たち教職員も同じです。コロナのせいにしていては何も始まりません。来年度も教職員が一丸となって「できる教育活動」を行っていきたいと思います。

 生徒指導の大江先生からは「色のついた扇」を使って四色の色に合わせて春休みに気を付けることを話しました。どの色が何のお話だったか、お子さんに聞いてみてください。黄色、赤、水色、ピンクの4色です。

 今日の学校の様子です。学習をしたり、通知票を先生からもらったり、お別れ会の準備をしたり、各学級最後の日まで充実した日を過ごしました。

 

      

       

      

      

        

  

 

3月19日(金)5年生 校外学習のかわりに

 5年生は、3月に予定していた校外学習が緊急事態宣言の再延長により、行先としていた手賀の丘少年自然の家が閉鎖となってしまいました。そこで、今日は、学校で校外学習の代わりに学年でレクリエーションを行いました。校外学習で実行委員を行うはずの子ども達が司会やゲームを担当して進めました。体育館では、伝言ゲーム、もうじゅうがり、木こりとりす、ドッチビーを行いました。校庭では、かりものリレーと逃走中を行いました。5年生のみんなは楽しく活動しました。

 

      

 

 

3月18日(木)令和2年度松戸市立矢切小学校第174回卒業証書授与式

 今日はお天気できれいな青空が広がっています。気持ちよく卒業生を送り出せそうです。会場の準備は整い、卒業生が登校してきます。いつもと違う服装に嬉しそうであり、恥ずかしそうであり、そして、みんな笑顔です。

 卒業式が始まり、子ども達が入場してきました。颯爽と歩きます。いよいよ卒業証書を渡します。担任のどうしても「はい。」と返事をさせたいという思いから、マスクをしてステージに上がり、担任の呼名に応えました。その後、マスクをしまって中央に進み、しっかりと前を向き、私と目を合わせて証書を受け取りました。立派な態度でした。感染症の拡大防止のため、一時間程度で式典を行う関係で、来賓の祝辞は印刷、式辞も短くしなければならず、何度も加除訂正をしました。伝えたいことは、新型コロナウィルス感染症の拡大防止に努めた一年間の中で、前向きに過ごしたことです。登校できることやできる活動の中で楽しいことや喜びを見出していたことです。その姿は、最高学年として誇りに思ってほしいです。そして、最後まで学校への支援をしてくださった保護者の皆様に感謝を伝えたかったです。ありがとうございました。

 「別れの言葉」は、みんなで歌が歌えない現在の教育活動のため、事前に一人ひとりが歌を歌い、一人ひとりが呼びかけを行った動画を編集してつなげたものをお見せしました。子ども達の真剣な姿がご覧いただけたかと思います。

 退場した後には、体育館には各家庭一人のため、参列できなかった保護者の方が校庭で待っていて、長い列の花道を作り子ども達が通ることができました。心に残る卒業式になりました。

 

      

      

      

 

 

3月17日(水)卒業式前日

 いよいよ明日は卒業式です。朝、6年生の児童会役員が国旗と校旗を掲揚しています。この姿を見るのもあと一日となりました。6年生は、最後の卒業式練習の他、通知票をもらったり、大掃除をしたり、レクリエーションをしたりしました。そして、お祝い給食です。おいしく味わって食べたことでしょう。下校時刻に校庭で名残惜し気に話をしている姿が見られました。

 午後からは、5年生が会場設営を先生たちと行いました。6年生の教室も飾りました。5年生は自分の仕事が終わると、次の仕事へと移って行き、意欲的に働きました。1年生の育てたパンジーが体育館通路を華やかにします。明日は、晴天の予想です。6年生は、6年間の最後の授業を行います。心と体を整えて、今日は早めに休んでほしいと思います。保護者の皆様もお待ちしております。

 

      

      

      

 

 

②3月15日(月)サッカー・ミニバスケットボール部お別れの会

 放課後にもう一つ行事がありました。6年生のサッカー部とミニバスケットボール部のお別れの会でした。例年ですと、先生たちや5年生と試合をしますが、今は、緊急事態宣言下の教育活動中で、出来ません。そこで、内容を子どもたちが考えて、子どもチーム対先生チームでレクリエーションをしました。追いかけ玉入れの追いかけないバージョン、大玉送りリレー、借り物競争、しっぽ取りゲーム、そして、最後は実力勝負のリレーを行いました。子ども達は本当に楽しく活動しました。最後にお世話になった先生に部長から色紙が手渡されました。先生たちも楽しかったです。

 

      

   

 

①3月15日(月)卒業式予行練習

 今日は卒業式の予行練習です。先生達が自分の係の仕事の時に参加して行いました。当日に向け、入退場の扉開けや放送、動画の準備など、様々な係を行いました。6年生は、入場から退場まで通して行う中、緊張感を持って臨むことができました。今日は風が強く、換気のため窓を開けていると、暗幕のカーテンが大きく揺れるほどでした。卒業生の保護者の皆様、当日の天候を見て、温かい服装にし、羽織るものやひざ掛けなどをお持ちください。今日は、けっこう寒かったです。

 

       

 

 

3月12日(金)5年生 卒業式に向けた体育館の清掃

  今日は、5年生が体育館の掃除をしてワックスをかけました。卒業式に向け、5年生が6年生のために心を込めてピカピカにしました。ステージの上や階段の下などくまなく磨き上げました。5年生ありがとう。

 

      

 

 

③ 3月11日(木)学年末懇談会

 今日は 、学年末の懇談会です。高学年と低学年の2回に分けて行います。はじめは高学年です。保護者の方は、校庭の受付で、健康チェックシートを提出していただき、手指を消毒して教室へ向かいます。ZOOMでの全体会では、校長より保護者の方へ、一年間のご理解ご協力のお礼、教頭からは学校評価と健康観察について、教務主任からは来年度の主な年間行事予定と日課票について話しました。その後、各教室で「6年生を送る会」で子ども達の発表動画を見ていただきました。そして、学級担任より学級の様子や子ども達の頑張りなどを話させていただきました。

 今年度は、新型コロナウィルス感染症拡大防止に努める中、保護者の方々の温かい励ましや、「先生達も大変ですよね。」というねぎらいをいただき、本当に感謝申し上げます。至らない点や不明な点等があったとは思います。ぜひ、担任を通してお伝えください。学校の教育活動に関心をもっていただけてありがたいと思っております。今後も、保護者の方と連携して矢切小学校をより良い学校にしてまいりたいと思います。

 

      

      

 

 

② 3月11日(木)東日本大震災から10年

 東北地方に起きた大地震、想定外の大津波により2万人以上の方が犠牲になった東日本大震災から今日で10年を迎えました。今なお避難者は4万人以上にのぼります。矢切小学校では、半旗を掲げ、お昼に教頭先生のお話の後、1分間の黙とうをし、哀悼の意を表しました。私達の住む関東地方にもいつ大地震が来てもおかしくないといわれています。この機会に、防災について見直したいと思います。  ご家庭でも、防災グッズの補充や点検などをお願いいたします。

 

      

 

 

① 3月11日(木)卒業式練習

 6年生の卒業式練習が4日目となりました。今日は全体の流れの確認と卒業証書授与の練習です。入退場の練習では、担任に先生の先導の元、一人ずつ早すぎず、遅すぎず歩く練習をしました。手足が緊張してぎくしゃくしてしまう子がいました。これも、練習の中でできるようになってきます。証書授与では、一人ひとりに証書を渡しました。今年から卒業証書の形式が変わったので、子どもとの距離を直しました。しっかり目を見て受け取ることができる子、恥ずかしそうにする子、微笑みを返すことができる子、今の段階は様々ですが、しっかり前を向き目が合わせられるよう練習していきます。授与の最中に待機している子ども達は初回に比べると落ち着いて正しい姿勢で座ることができました。実行委員がめあての反省を言って、みんなが「はい。」と確認しました。明日、至らなかった点を補います。6年生頑張っています。

 

      

 

 

3月8日(月)卒業式練習開始

 朝から冷たい雨が降る中の登校となりました。昇降口を早めに開けて子ども達を校内に入れることにしました。

 そして、今日から卒業式練習が始まりました。3校時のチャイム前には、体育館の座席に着席して、係の子ども達だけが準備をしていました。学級委員が今日の練習のめあてをみんなに伝えました。その後、子ども達には、卒業式は6年間の最後の授業の日で、その日に向けて練習をしてく中で卒業するという気持ちを作ってほしいと話しました。子ども達の目が私の方をまっすぐ見て聞いている様子から、練習に対する姿勢が伝わってきました。教務主任の森田先生から礼法指導、髪型や服装について、卒業式全体の流れなどの説明がありました。その後、戸部先生や宮城先生がお手本を示しながら、実際に起立や礼、着席等を練習しました。

 

      

  

 

3月5日(金)部活動

 緊急事態宣言の延長がほぼ確定となり、3月の教育活動について検討しました。今の教育活動の制限の中でもできることとして、部活動を卒業する6年生だけで再開しました。他学年との交流を避けます。また、短時間の活動として基本、朝練習で行っていきます。そして、保護者からの了解を得た児童が活動に参加しています。久しぶりの朝練習に6年生のうれしそうな顔が見られました。間隔をあけ、接触しないで練習をしています。

 

      

  

 

 

 3月5日(金)5・6年生田おこし

 今日は1・2校時に6年生、3・4校時に5年生が田おこしに行きました。 久しぶりに田んぼへ行くので子ども達も楽しそうです。協力農家の代表安川さんからのお話を聞きました。雨が降ったせいで水が結構たまっていてぬかるんでいましたが、頑張って水がたまる低いところへ高い所や周りのの土を掘って埋めました。時にはぬかるみにはまってしまう子どももいましたが、負けずに作業をしました。協力農家さんも子ども達に指示したり、田おこしを手伝ったりしてくださいました。来年度の収穫向けての大事な仕事です。5・6年生、ご苦労様でした。

 

6年生

      

      

 5年生

      

 

 

3月2日(火)委員会活動

 5・6年生は今年度最後の委員会活動です。一年間の委員会の反省を行いました。今まで委員会活動を引っ張って来た6年生、ご苦労様でした。そして、来年度新しい委員会が決まるまで5年生は、新6年生になっても今の委員会活動を続けることになります。しっかりと引き継いで責任をもって活動してほしいと思います。(3月3日更新)

 

      

      

  

 

3月2日(火)クリーン作戦

 今年最後のクリーンデーがロング昼休みに行われました。各学年自分たちの分担場所を責任をもってきれいにしました。1年生は、南校舎2階3階、2年生は南校舎1階、家庭科室、3・4年生は校庭の草むしりを場所を区切って行いました。5年生は卒業式に向けて体育館の大掃除です。最後に体育用具を南校舎へ運びました。6年生は男子が側溝掃除、女子は教室を大掃除しました。6年生は最後のクリーンデー、よく働きました。

 下校時に3年生が「僕たちが頑張って掃除したところを見て下さい。」と話しに来ました。3年生が草むしりしたところはすっきりときれいになっていました。他の学年のところもきれいになりました。

 

      

      

  

 

3月2日(火)避難訓練

 今日は3校時に避難訓練がありました。各学級で事前の指導をしています。雨天のため、1年生といなほ以外は一次避難までです。1年生といなほは体育館まで避難しました。1年生といなほの子ども達は、担任の先生の指導の下、素早く静かに体育館へ避難することができました。2年生以上は、机の下に避難し、その後、防災頭巾をかぶり、廊下で並ぶところまで行いました。先日、大きな地震がありました。ご家族で避難場所の確認や防災グッズの補充・点検などをお願いいたします。

 

      

      

 

 

3月1日(月)やきりっこタイム

 いよいよ3月になりました。今年度もあと1か月となりました。今日は「やきりっこタイム」の日です。先生と子ども達が1対1で話す時間です。子ども達の頑張ったことやよかったことを共有し、反省点を確認します。そして、年度末を控え、進級や進学などの悩み、友人関係の困っていることなどを話す時間としています。子ども達にとって有意義な時間になってほしいと思います。また、保護者の皆様もお子様のこと等でご心配なことがありましたら遠慮なく担任までお知らせください。担任以外に相談したい場合は月1回の教育相談日の活用をお願いいたします。教頭角田、教育相談担当養護教諭長濱までご連絡ください。

 

      

      

       

 

 

2月26日(金)6年生を送る会

 今日はみんなが楽しみにしている6年生を送る会がありました。緊急事態宣言下の教育活動のため、体育館に全校児童が集まることが出来ません。その中でどのようにできるのか、先生達が考えて矢切っ子が協力して6年生のために準備しました。昇降口の装飾は3年生が行いました。(学年の様子に掲載しました。)4年生が教室や廊下の装飾を担当しました。昨日、4年生が自分達で装飾を取り付けるまで頑張りました。プログラムの周りにある花束の花も一本一本作りました。1年生は6年生へ似顔絵のプレゼント、2年生は招待状を作りました。3年生は、昇降口のスローガンと「6年生ありがとう」、教室のプログラムを作成しました。5年生は6年生の紹介動画を作成しました。いなほは学年と同じ活動をしました。

 

      

      

  

 

 新児童会役員の放送による「はじめの言葉」で、いよいよ6年生を送る会が始まりました。各学級、大型テレビで動画を見ます。5年生が6年生一人ひとりの写真に合わせて録音した紹介文が流れます。「いつも明るく1年生に大人気の○○君」と短い文に6年生の良さが詰まっていました。次に全学年の発表です。曲の一部分を学年ごとに発表し、全校で1曲にまとまります。6年生が矢切小の校章をあらわし、印象に残りました。先生達の発表も動画になっています。その後、ZOOMに切り替わり応接室で一年生の代表が6年生へプレゼントを渡し、6年生から家庭科で作った雑巾がみんなにプレゼントされました。矢切っ子、教職員、みんなが6年生への思いを伝え、心温まる会になりました。下校時、6年生は4年生が作った花束の花を一本ずつ持ち帰り、本当にうれしそうな顔で、「今日は楽しかった。」と帰って行きました。家でも話を聴いてあげてください。

 

       

        

 

 

2月25日(木)令和3年度新入学生資料配布日

 今日は、来年1年生になる子ども達の入学に関わる資料をお渡しする日です。保護者の方々にはご多忙の中、お越しいただきありがとうございました。皆様のご協力で滞りなく進めることが出来感謝申し上げます。また、連絡メールの登録もありがとうございました。本来ならば説明会をするところですが、緊急事態宣言下のため、短時間で済むよう資料を例年より詳しく作成し、お渡ししました。お読みになってわからないことがありましたら遠慮なく問い合わせください。

 

      

 

 

2月24日(水)全校朝会 

 今日は全校朝会です。国土緑化ポスター原画コンクール、松戸市小中学校造形展、東葛飾地方家庭科作品展、小中高校書き初め展覧会、矢切小体力章の表彰を行いました。密を避け、廊下で待機しながら順番に表彰されました。子ども達は緊張しながらも、礼儀正しい態度で賞状をもらうことが出来ました。

 全校朝会では、3月はまとめの時期になるので、やり残しのないよう勉強や運動に励み、そして、6年生は残り少ない日々を大切に過ごすよう話しました。緊急事態宣言が続く中、子ども達の感染症に対する意識を高めたいと考え、朝の登校時間の話をしました。7時50分から8時15分に登校することになっていますが、昇降口は50分に開けますので「あまり早く来過ぎない事」を話しました。昇降口が1か所のため、学年ごとに離れて並んでいますが、早く来る子どもが多いと密になってしまうからです。そして、来年も続くであろうこの登校時の対策を自分達で気を付けてやってみようと呼びかけました。チャイムが鳴ったら先頭から10人が入り、前の人が2人ぐらいになったら次の10人が入るという方法です。明日から「出来そうな人は手を挙げてください。」と言うと、ZOOMの画面に映る各教室の子ども達がたくさん手を挙げていました。もちろん明日からも先生達が昇降口で子ども達の様子を見守っています。8時になると待機列はなくなりますので、出来ればその頃に登校するとよいと思います。明日の様子が楽しみです。

 「今月の目標」は矢橋先生が話しました。3月の今月の目標は「学校をきれいにしよう」です。一年間、お世話になった教室や机などを次に使う人のためにきれいにしようと話しました。そして、矢切っ子の掃除と言えば「黙働」です。感染の予防にもなりますし、集中して掃除をすることで効果も上がります。頑張って矢切小学校をピカピカにしてほしいです。

 最後に学習サポーターの菊地先生のお話です。菊地先生は水曜日は勤務日ではないので、森田先生が前もって動画に撮っておいたものを配信しました。2月26日までの任期となっています。明日、明後日、菊地先生に子ども達がお礼が言えると良いです。たくさんの子ども達が勉強でお世話になりました。

 また、明日は令和3年度新入学生の資料配布日となっております。ホームページトップ画面の資料をよくご覧の上、お越しください。

 

        

      

 

 

2月18日(木)1年生と5年生の交流

 昨日今日と朝の気温が低く、風が冷たかったです。登校してくる1年生が、「見て、すごいよ。」といって見せたものは、今年一番の厚い氷でした。持つ手が冷たそうですが「みんなに見せるんだ。」と頑張って持って来ました。霜柱を拾ってくる子もいます。生活科の「冬とあそぼう」が地域の自然の中で体験できました。空気も澄んでいるので矢切小の5階からは雪をかぶった富士山がよく見えました。

 

       

 

 今日は1年生と5年生が総合的な学習の時間の学習で交流しました。5年生が稲作畑作についてよく知ってもらおうとクイズを作りました。クイズは5年生がパソコンを使ってプログラミングを活用し作成しました。事前に学級の友達と見合って改善してより分かりやすくしました。1年生はクイズを楽しみました。PC室が密になるので、5年生は教室から大橋先生が撮影するZOOMの1年生の様子を嬉しそうに見ていました。ZOOMで5年生から1年生へ質問をし、1年生が答え、最後にお礼を言いました。1年生がPC室から教室へ戻る廊下に5年生が待っていて手を振って応えました。直接会って交流することが出来ない中、先生達の工夫で5年生と1年生は笑顔で交流を終えることが出来ました。コロナ禍の中、頑張ってできる活動を行っています。

 

      

      

 

 

2月17日(水)学校の様子

 少しずつ朝日が昇るのが早くなり、春の近づきを感じます。職員玄関前の紅梅のつぼみがふくらみ、花をつけ始めました。今日は、風が強く良い天気でしたが寒く感じました。暖かい日と寒い日が繰り返され春に近づいていく、昔の人は三寒四温とよく言ったものです。

 5時間目が終わったころに、「トントン、失礼します。」とかわいい声が校長室を訪ねてきました。「どうぞ。」と声をかけると、1年生がたった一人で来ました。国語「学校のことをつたえよう」という単元で、先生に子ども達がインタビューをしてまとめ、学級で発表会をする学習ですが、緊急事態宣言中の学習は個人学習が基本なので、一人で来ました。そして、礼儀正しく説明をし、「このお手紙の質問に答えてください。月曜日にとりに来ます。」と言って、「失礼しました。」と帰っていきました。教頭先生や森田先生の所にも一人で来たそうです。きちんと話せる1年生に成長を感じました。

 下校時に大江先生と4年生が昇降口でお別れを惜しんでいました。今日で矢切小を転校する子がいます。お別れ会をして、手紙をもらって、忘れ物がないように荷物を持って帰ります。新しい学校でも元気に頑張ってほしいと思います。

 

      

      

 

 

2月10日(水)児童会役員任命式

 新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、事前に録画して各教室で見ることになりました。現在は緊急事態宣言下の教育活動のため、学年間の交流を控え、旧児童会役員の言葉と新児童会役員の決意表明は学年ごとに撮って先生が編集しました。昨日、任命状授与を体育館で撮影しました。新児童会役員はマスクを着用して集まり、授与の時だけ外し、短時間で解散しました。子ども達の顔を見て、直接任命状を渡すことが出来、うれしく思いました。教頭先生の言葉や校長の話、森田先生の司会の言葉なども収録しました。 

 今日はその編集した動画を各教室で見ました。各教室をのぞいてみると姿勢を正して大型テレビを見つめる子ども達の様子を見ることが出来ました。役員の子ども達自身も教室で動画を見ることになり、恥ずかしそうにしていました。新児童会役員の下、矢切っ子みんなの協力でより良い矢切小学校にしてほしいと思います。旧役員のみんな、ご苦労様でした。

 

      

       

 

 

2月5日(金)学校の様子

 アップするのが遅くなりました。今日は職員玄関前の白梅がつぼみをつけました。春の足音が聞こえてきます。お天気も良く、子ども達が元気に過ごしていました。森田先生の書写の授業がまとめとなりました。4年生が清書をしています。「どれを提出しようかな。」と思案中です。3年生は担任の先生と英語インストラクターの今井先生との英語の授業です。英単語のカードを切り取って並べてビンゴをしました。自分の並べたカードの英単語が読まれると「でたー。」「リーチ。」と、ゲームを楽しみながら英単語を覚えました。5年生は音楽と体育の授業です。音楽室では、威風堂々のオーケストラ演奏を大型テレビで鑑賞しました。校庭では、ハードル走の練習です。「1・2・3」とリズムよく跳び越します。青空がきれいです。6年生は体育館で跳び箱の練習です。上手に跳ぶためのドリルの模範を宮城先生がしています。

 

        

      

 

2月3日(水)サケの放流

 放課後、会議が終わってから畑原先生他担当の先生がサケの放流に江戸川へ行きました。例年ですと、理科飼育委員会の児童と一緒に行きますが、緊急事態宣言下の教育活動では、校外での学習は行わないため教員だけで行きました。子ども達が大事に育てたサケが江戸川に帰りました。大きく育ってほしいものです。

 

      

 

 

2月3日(水)2月の全校朝会

 全校朝会の前にZOOMで表彰を行いました。夏休みの自由課題で行った「国土緑化ポスター原画コンクール」で佳作に入選した2名と校内書き初め展で金賞の児童代表で6年生が表彰されました。各学級の担任から他の金賞の子ども達には賞状が授与されました。みんな、頑張りました。

 全校朝会では二つ話しました。一つ目は、緊急事態宣言について話しました。日本の中でも感染が拡大している地域で行われており、1月8日から始まり、2月7日まででしたが、1か月伸びました。感染の状況は少し減っていますが、重症の人は多いので、病院がとても大変なのは変わっておらず、松戸市の学校は、感染症の対策をしながら行っていることを確認しました。音楽では歌やリコーダーや鍵盤ハーモニカを演奏することが出来なくなっています。授業中は、友達とのグループでの話し合いや活動が出来ず個人学習が中心となっています。体育でも同じです。そして、マスクを外している給食の時は無言を守って食事をして欲しいこと、寒いですが、廊下や教室の窓は開けて換気をすること、マスクを正しくつけ、手洗いも冷たい水に負けずに行うよう話しました。学校生活だけでなく、家に帰ってから、土日も「うつらない・うつさない」行動を心がけるよう話しました。

 二つ目です。登校時の様子について話しました。校門でみんなが登校してくるときに、きちんと「おはようございます。」と挨拶ができる子がいると嬉しくなります。ポケットに手を入れていたり、フードをかぶっていたりする子がいると注意します。なぜ、ポケットに手を入れて歩いてはいけないのでしょうか。転んだ時に手が付けません。手が付けないと、顔にけがをしたり、歯を折ったりします。不審者が来た時に何もできません。「私は大丈夫転ばない。」と思っているかもしれませんが、急に後ろからぶつかってくることがあり、絶対はありません。やめるよう話しました。そして、なぜ、フードをかぶってはいけないのでしょうか。実際にフードをかぶった横顔の様子を写しました。フードで顔が見えないということは右や左の様子が見にくいということで、車が来ても気が付きにくいです。それからフードをかぶると耳も隠れ、音が聞き取りにくくなります。後ろから来る車や自転車に気が付きにくくなります。不審者が近づいても気づきにくいです。「自分の身は自分で守る」のが基本です。自分の身が守りやすいかを問いました。明日からポケットに手を入れたり、フードをかぶったりしている矢切っ子がいなくなると良いです。

 生徒指導の伊藤先生から3月の生活目標「感謝の気持ちをあらわそう」についてお話がありました。伊藤先生が「目と口と鼻のけんか」というお話を読み聞かせしました。各学級の子ども達は伊藤先生のお話に 引き込まれていきました。どんなお話だったのか、お子さんに聞いてみてください。感謝の気持ちをもつだけでなく、どうあらわしていくのか、考えるきっかけになりました。

 

       

          

 

 

2月2日(火)学力テスト 水道のレバー 節分

 今日は校内一斉の学力テストです。2校時が国語、3校時が算数です。普段行うテストは、教科の単元ごとですので、一年間のまとめのテストとなる学力テストは、やりごたえがあります。冊子型になっていて問題数も多いです。1・2年生は問題用紙に解答を書く欄があり、3年生以上は解答用紙が別にあり、そちらに書き込んでいきます。どの学級の子ども達も真剣に取り組みました。1年生も初めての学力テストを一生懸命取り組みました。

 新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、松戸市の小学校の水道栓が蛇口からレバー式に順次変わり、矢切小学校も変わりました。新しいレバー式は「レバーを優しく動かして水を出すように。」と指導しました。学校の施設は、松戸市が税金を予算配分された中で計画を立てて順次改修をしています。校舎の壁の塗り替えやトイレの改修、体育館の改築など、莫大な費用がかかるため、年に数校ずつ行われている状況です。南校舎のトイレがきれいなのは、トイレの改修ではなく、数年前に行われた校舎の耐震工事のためです。構造上補教部分がトイレだったのできれいになったのです。

 今日は節分です。1年生の教室の入り口には「魔除け」がつるしてあります。1年生は自分の中の鬼を退治するためにワークシートに書きました。「礼を正せない鬼を退治したい。」「いじわるな鬼を退治したい。」などいろいろな鬼が書かれていました。鬼のお面も作りました。3年生の掲示板には、色々な鬼がいます。そして、給食には、行事食として鰯のカレー揚げと節分のお豆が出ました。今年の方位は南南東だそうです。今日は、南南東を向いて「コロナの鬼がいなくなるように。」と恵方巻をほおばりたいと思います。

 

      

        

        

      

 

 

1月28日(木)学校の様子

 今日は天気予報を見て傘を持って登校する子が多かったです。冷たい雨が降り出しました。急な雨などに備えて折りたたみ傘を学校に置いておくと良いと思います。学校では、「お助け傘」を用意していて置き傘がない子には貸し出しています。「矢切小」とビニールテープが持ち手に巻いてあります。数に限りがありますので、ご家庭に持ち帰りましたら速やかに持たせていただけると助かります。上履きも同様に忘れた子に貸し出しています。洗ってから返すことになっていますが、戻ってくる上履きが遅くなると貸し出し用が足りなくなります。どちらも速やかに返却をお願いいたします。

 5年生が朝から委員会の仕事をしています。給食の献立を直したり、金魚の餌やりをしたりしました。写真はありませんが、体育館の開錠、換気のための窓開けもしています。進んで仕事ができる姿勢を続けてほしいものです。

 教室をのぞいてみると、3年生は理科の磁石を使ったおもちゃ作り、図画工作の紙版画の色付けをローラーを使って行いました。5年生は理科でおなかの中の赤ちゃんの様子を予想してノートに描いています。6年生は道徳の授業で、自分の考えを黒板に書きました。どの学級も意欲的に学習しています。

 高学年の下校時には雨がみぞれに変わり、子ども達は嬉しそうに「わー、みぞれだ。」「雪積もるかな。」などと話しながら帰っていきました。残念ながら今はもう雨に変わってしまいました。

  

      

      

    

 

 

1月25日(月)学校の様子

 今日は雨降りの後のお天気で、気温も上がり、子ども達は元気に過ごしています。休み時間は校庭で短なわや鬼ごっこをして遊びました。掃除の時間は各自の分担場所を黙働を意識して清掃しました。1年生もほうきやちりとりの使い方がずいぶんうまくなりました。水拭きも頑張っています。ゴミは分別して捨てます。1年生、2年生下駄箱のくつも整っています。

 

      

      

 教室をのぞいてみると、5年生では理科・家庭科・道徳の授業をしていました。理科のモーターづくりが楽しそうです。3年生は総合的な学習の時間で栄養士の潮田先生が給食室について説明しているところでした。緊急事態宣言中なので、なんと廊下の窓から説明しています。3年生の子ども達はその状況に賢く対応して、通常と変わらない様子で熱心に質問したり、答えたりしました。6年生の廊下の掲示物には、家庭科で調理実習ができないため、家庭学習で調理実習した「じゃがいも料理」のレポートが掲示してあります。とてもおいしそうです。

 

      

       

 

 

1月18日(月)校内書き初め展

 授業参観が延期になったため、校内書き初め展を本日から1週間行います。申し訳ありませんが、保護者の方には参観いただけません。1・2年生は硬筆、3年生以上は毛筆です。一年の初めに心を込めて書きました。一人ひとりの作品を廊下でじっくり見ました。優秀な作品には金の紙が付いています。子ども達も楽しげに眺めていました。(作品は、氏名の掲載許可がある児童中心に撮影しました。)

 

いなほ        1年                     2年

      

           3年                     4年

       

           5年                     6年

      

  

 

1月15日(金)子ども達の様子をHPに掲載するにあたって

 今回緊急事態宣言のため、29日の授業参観で子ども達の書き初めをご覧いただく機会としていましたが延期になり、かなわず残念に思っております。

 お子様の活動の様子をもっと掲載してお伝えしたいと思っておりますが、松戸市教育委員会の指導で、本校では保護者の方に年度初めに個人情報の許可を取っております。お子様の写真やお名前が掲載されることを遠慮したい方がおりますことをご理解いただき、ご覧いただければと思います。このHPも学校独自で作っているのではなく、松戸市が契約しているHP会社の物を市内の小中学校が使用しております。個人のスマートフォンのように簡単に短時間でアップすることが出来ず、写真を数枚あげるのにかなりの時間を要しております。お子様の活動や様子を世界中の誰もが見ることが出来るため、なるべく活動の様子がわかって顔が見えないものを数多くの写真から慎重に選んでおり、HP上の画像も小さいものを掲載しています。文章についても学校のHPに載るという責任があるため、内容を推敲して時間をかけております。今回の書き初めの作品も氏名がわかるような大きく写したものを掲載することは致しませんのでご了承ください。コロナ禍の中、教職員は教育活動を行い、その上、コロナによるいつもと異なる仕事をたくさんしています。子ども達のために頑張っています。保護者の方が来校できないため、これからもできる限り子ども達の様子を掲載してまいります。ご理解のほどをお願いいたします。

 

 

1月13日(水)学級委員任命式

 今日は学級委員任命式です。ZOOMで各教室をつなぎました。学級委員のみんなは、教室の前に出て、教頭先生が任命状を読み上げた後、担任から受け取る方法で行いました。各学級で受け取った子ども達への拍手が聞こえてきました。そして、学級委員だけが頑張るのではなく、教室にいるみんなが協力して、3学期、学年のまとめの時期として良いクラスを作っていくよう話しました。次に、緊急事態宣言を受けて、松戸市教育委員会から出ているお手紙をご覧いただいたかと思いますが、子ども達に向けて話しました。引き続き、手洗い・換気・ソーシャルディスタンス・マスクの着用をしっかり行うこと、先生から言われたことをするだけでなく、自分たちでも「近いよ。はなれて。」や、「窓は寒いけど閉めないよ。」等と声をかけ合って感染の予防をするようにしていくよう話しました。気のゆるみが感染を拡大させるので、今一度みんなが自分の生活を振り返りました。

 

        

    

 

 

1月7日(木)~12日(火)発育測定

 3学期が始まり、発育測定が行われました。どの学年も間隔をあけて静かに座り、自分の番を待って身長と体重を測りました。教室に戻る子どもに「どうだった。」と聞くと、「身長がね、伸びてたよ。」「130㎝こえたよ。」と嬉しそうに話しました。すくすくと成長する子ども達を見るのは本当にうれしいです。

 

       

 

 

1月6日(水)冬休み明け授業開始式

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。今朝は、曇り空で気温が上がらず寒かったです。正門で子ども達を待っていると、「おはようございます。」と自ら元気よく挨拶をする子がいます。こちらが挨拶をすると返してくる子もいます。中には、恥ずかしくて下を向いて通り過ぎていく子もいますが、これからも挨拶ができるように声をかけていきたいと思います。

 冬休み中は怪我や事故の連絡がなくほっとしている反面、東京都や千葉県の新型コロナウィルス感染の状況が良くならず心配な面があります。まずは、学校でできる予防を行って学校生活を安心して送れるよう、保護者の方にもご協力頂きながら教育活動を行っていきます。

 授業開始式では、「さいとう文庫」の斎藤様に来ていただき、「さいとう文庫」の目録を作っていただいたので、子ども達へ贈呈を行いました。児童会役員の代表の二人が受け取りました。各教室に置いて活用したいと思います。斎藤様から本を読むことの素晴らしさについてお話をいただきました。

 校長先生の話では、12月の学年閉鎖に関わるいじめがないように話しました。嫌なことをしたり、言ったりしてはいけないこと。新型コロナウィルス感染症の拡大防止の生活をしていてもうつってしまうことがあり、誰もがうつりたくてなっているのではないことを話しました。二つ目は、学校生活での新型コロナウィルス感染症の拡大防止のためのルールの確認です。まずは、「換気・手洗い・身体的距離をとる事、マスクを外したら無言」の4つをしっかり守る事を話しました。寒くなって、換気と手洗いがつらい時期となりますが、実施していきます。

 保健の長濱先生から「1月の生活目標 外で元気に遊ぼう」についてお話しがありました。外で遊ぶと①体の免疫力が高まる②友達と仲良くする力が身につく③体の使い方が上手になる④考える力が育つ⑤危険を予測して避けられるようになる⑥ストレス発散になり、すっきりする 等、良いことがたくさんあることがわかりました。特に今は、新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、屋内にいることが多いので、休み時間は校庭で遊んですっきりしてほしいと思います。