3月25日(水)1年生前のトイレ のドア

 学校評価で多く寄せられている施設の改善についてですが、学校からは要望を挙げております。松戸市の予算、小中65校での配分のため、なかなか進まず申し訳なく思っております。こちらはようやく春休みに工事が入り、完成しました。

 

  

 

 

3月24日(火)3年生トウモロコシの種植え

  来年、4年生になったらトウモロコシを育てます。今日は雨降りの後なので、絶好の種まき日和です。畑の小宮先生に会うのも久しぶりです。今日一日の登校なのを慮ってくださり、何時に行うか聞いてくださいました。今日は、予定がいっぱいあるので、畑のほうに帰る3年1組の3人が下校時に代表で種まきをしました。4月からおいしいトウモロコシができるよう育ててほしいと思います。古宮先生、本当に一年間ありがとうございました。

 

       

 

 

3月24日(火)机いす移動作業

 今日は、密度の濃い午前中の日程を終え、子ども達と一年間の最後の日を無事に送ることができ安堵しました。さて、午後からは職員会議です。今年度のまとめをしました。そのあとは、新年度の教室準備です。いつもなら5年生が手伝ってくれますが、教職員だけで新しい学級のための机といすを整えました。明日は筋肉痛になりそうです。新しい教科書も届きました。

 

      

    

 

 

3月24日(火)5年生発表

 5年生は、お別れする先生方へ感謝を込めて、卒業式で行う予定だった呼びかけと歌を披露しました。卒業式に向けて準備をしており「6年生からのバトンを今受け取ります。」と、卒業生の前で言いたかったと思います。代わりにはなりませんが、6年生の担任や私が見届けました。4月から最上級生として学校を引っ張っていくという5年生の意気込みが伝わる堂々とした発表でした。最後に教頭先生からお言葉をいただきました。

 

    

 

 

3月24日(火)2年3組「はやぶさ」チーム表彰

 2月に行われたなわとび大会での記録を千葉県が行っている「遊・友スポーツランキング ちば」に申請しました。長なわ連続8の字跳びで385回跳んだ2年3組「はやぶさ」チームが見事第1位を取りました。今日は、放送での修了式のため、2年3組には、校長室で表彰をしました。みんなとてもうれしそうでした。

 

     

 

3月2日(月)5年生 理科ジャガイモの種植え準備

 今日は5年生が6年生で学習するジャガイモの種植えの準備をしました。明日から休業になったので、本来なら子ども達が畑で植えますが、次に登校する24日では植える時期が遅すぎるため、準備だけ行いました。植えるのは古宮先生と河田先生が行ってくれます。

 始めに、畑の小宮先生のお話を聞きました。「じゃがいもはどこになるのか。」黒板で4人の子どもが予想の絵をかきます。正解は・・・お子さんに聞いてみてください。種植え用のジャガイモを二つに切ります。河田先生もついてくださり安全に切りました。最後に灰をつけて出来上がりです。灰も今はなくなっていますので、古宮さんが持ってきてくださいました。5年生に少しでも体験をさせてあげたいと急遽、畑の忙しい中、子ども達のために来てくださいました。ありがとうございました。

 

      

      

 

 

3月2日(月)学級の様子

 新型コロナウィルスの感染症の拡大防止のため、2日の午後から臨時休業となりました。今朝、松戸市の方針を子ども達に全校放送で伝えました。「何のために臨時休業にするのか。」その意味をよく考えて行動することです。自分が感染しないこと、相手に感染させないことが第一です。自分の健康は自分で守り、一人ひとりが自覚をもって下さい。自宅で過ごし、出された課題を行って、石鹸での手洗い・うがい・換気は続けてください。と話しました。その後、学級で担任が児童の実態に合わせて指導しました。今日は、たくさんの手紙が配布されました。「臨時休業時の生活について」のお手紙に配布文書の一覧がありますので確認していただき、お読みください。

 その後、各学級は通常の学習に戻りました。子ども達は、いつも通り元気に楽しく過ごしました。4年生では図画工作を行っていました。昇降口は、「卒業ボランティア」の保護者の方が作成した素敵な横看板が置かれ、1年生から6年生まで、きちんと靴が揃っています。この事態に浮足立つ子どもはいないと靴が教えてくれました。

 今後、松戸市より新しい通知など来ましたら、連絡メールやHPでお知らせしていきたいと思います。保護者の皆様には、ご心配をおかけして申し訳ありません。初めての経験ですから、私たち教職員も一生懸命やっていますが不備や不手際もあると思います。改善案をもってお気づきの点はお知らせいただければ幸いです。

 明日からの預かり体制も始めてみてわかることがあると思います。職員玄関での受付になりますので、忘れ物などないようにお願いいたします。健康観察カードは3日(火)の分を記入し、お弁当を持たせてください。体調が悪いお子さんはお預かりできませんのでご了承ください。

 

      

       

      

  

 

2月26日(木)6年生バイキング給食

  6年間で特別に1回参加できるバイキング給食の日です。6年生はとても楽しみにしていました。担任外の先生も呼ばれしてお相伴にあずかりました。主菜、副菜、汁物、デザートと、もう本当に盛りだくさんです。フルーツは、ホテルのブッフェみたいにりんごのスワンの飾り切りなどが作られていて本当に素敵です。栄養士の岩淵先生と調理員さんの愛情が込められています。子ども達は先生方と楽しく会食し、おかわりもして見事完食しました。

 

      

      

      

      

 

 

2月26日(水)2年2組 畑原先生初任者授業研

 今日は、畑原先生の初任者の授業研です。算数の学習です。クラスの子ども達は前回は緊張していましたが、今日は2回目なので落ち着いていつものペースで授業を行いました。畑原先生が作った教具のピザを出すと子ども達は興味津々です。「ピザが4枚あります。二人で半分ずつわけます。何枚もらえますか。」「えー、ピザもらえるの。」「2まーい。」と子どもを引き付ける導入になりました。「では、1枚のピザを二人で分けるのにはどうしたらよいか。」を考えるために、折り紙を使って1枚を二つに分ける活動を行いました。子ども達は意欲的に取り組みました。最後は、1を2つに分けた一つは、1/2(にぶんのいち)という新しい数の大きさを学びました。

 

      

        

 

 

2月21日(金)6年生との会食

 毎年恒例の6年生と校長先生との会食です。各クラス4から5人ずつ来て今日が最後の会食でした。初めは緊張していたようですが、どのグループも楽しく会食しました。職員室にいる先生からも「すごい楽しそうですね。」「笑い声がすごいですね。」と言われました。子ども達とは、学習の様子を見たり、校外学習の引率で行ったり、部活や掃除で関わったりしましたが、まだ全員の6年生とは話せていなかったので、良い機会となりました。子ども達の違う一面が見ることができました。

 

      

 

 

2月21日(金)1年生と幼稚園・保育園の子ども達との交流会

 今日は、矢切幼稚園とこひつじ保育園のかわいい子ども達が、矢切小学校の見学に来ました。1年1組、2組の教室にお邪魔して、カップけん玉やあやとりなどで遊びました。1年生が嬉しそうにやり方を教えていました。そのあとは、体育館に移動してじゃんけん列車で楽しみました。最後に、職員室や図書室などを見学して、校庭の遊具を見学してろくぼくで楽しく遊びました。今日は1年生が「お兄さん」「お姉さん」に見えました。幼稚園・保育園のみなさん、入学をお待ちしています。

 

      

        

 

 

2月17日(月)2年2組 畑原先生初任者授業研

 今日は、初任者の畑原先生が道徳の授業を行いました。初任者指導教諭の川西先生をはじめ、本校の教職員が参観し、授業についての研究協議会を後日行います。県の施策の一つで、初任者から3年目までの教員は、道徳と教科の授業研を行うことが課せられています。たくさんの先生が参観に来て、はじめは緊張気味の畑原先生と2年2組の子ども達でしたが、だんだん授業の集中し、登場人物になって演技をしてみるころには、「やりたい。」「はい、はい。」と多くの子が挙手して意慾的に参加しました。

 

      

      

 

 

2月13日(木)5年生調理実習

 今日は、5年生が家庭科で調理実習を行いました。「家族とほっとタイム」という単元です。栄養士の岩淵先生の話を聞いて、白玉のお団子を作っています。よくこねて、丸くしてゆでました。きなこにお砂糖と塩で味をつけるのもきちんと分量を量って行いました。できた白玉団子にきな粉をかけて出来上がりです。美味しくできたようでにっこり笑顔です。きっとおうちでも作ってくれると思います。

 

       

       

 

 

2月4日(火)「鬼は外。  福は内。」   

 一日遅くなりましたが、矢切小の節分です。節分は、(せつぶん、せちぶん)は、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことです。節分とは「季節を分ける」ことも意味しており、江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)を指す場合が多いそうです。季節の変わり目は邪気が入りやすいとされ、一般的には「鬼は外、福は内」と声を出しながら福豆(煎り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる厄除けを行うようになりました。邪気除けの柊鰯などを飾ります。 3日、矢切小でも栄養士の岩淵先生が鬼から守る「柊鰯」を作って下さいました。各クラス、扉の入り口に貼って鬼除けのおまじないです。柊鰯(ひいらぎいわし)は、節分に魔除けとして使われ、柊の小枝と焼いた鰯の頭、あるいはそれを門口に挿したものです。 柊の葉の棘が鬼の目を刺すので門口から鬼が入れず、また塩鰯を焼く臭気と煙で鬼が近寄らないと言われています(逆に、鰯の臭いで鬼を誘い、柊の葉の棘が鬼の目をさすという説もあります)。1年生から3年生までのクラスに鬼の二人組が来て、子ども達は新聞紙で作った豆を「鬼は外。福は内。」とまいて退治しました。楽しそうな声が聞こえました。事務室前の鬼の掲示物は2年生の有志が作りました。

 

       

 

 

1月24日(金)4年生 社会科見学 プラネタリウム 戸定邸

 4年生が社会科の学習で松戸市民会館のプラネタリウムと戸定邸の見学に行きました。矢切小学校からは近いので京成バスの路線バスに2組に分かれて乗りました。春雨橋で降りて地下通路を通るともう着きました。プラネタリウムを初めてみる子がいました。星が好きで見に来たことがある子もいました。どの子も係の方の話をよく聞いて興味深く見学しました。みんなが熱心に聞いたので、いつもよりお話も多くしてくれたそうです。お礼を言ってプラネタリウムを後にし、戸定邸に行きました。戸定邸は国の重要文化財に指定されている建物です。明治17年に幕府最後の将軍徳川慶喜の弟、徳川昭武が建設し、後半生を過ごしました。ここ戸定邸には慶喜公もたびたび訪れ、趣味の狩猟や写真を楽しまれました。徳川家の住まいが公開されているのは全国でもここだけです。昭和61年、芝生を使い、洋風を取り入れた戸定邸の庭園は県の名勝に指定され(平成27年3月10日に国の名勝に指定されました)、平成18年7月には、明治前期の上流住宅の姿を伝えていることから国の重要文化財に指定されました。平成30年(2018)年6月から公開が始まった東屋庭園からは、空気の澄んだ日に富士山が見えます。今日はあいにく曇りで富士山は見えませんでした。しかし、1年に1回の避難訓練が行われており、国の重要文化財のため、放水訓練もされており特別に見学しました。その後、子ども達は館長さんに庭の説明をしていただきました。いよいよ建物の中の見学です。係の方の説明を聞いた後は、ワークシートをグループで解きながら見学しました。どちらも家庭でも行ける場所ですので、ぜひ見学に行ってみてください。

 

      

      

      

 

 

1月21日(火)3年生消防署見学

 3年生が社会科の学習で消防署の見学に行きました。今日はお天気が良かったので、校外学習日和でした。消防署では、救急車、消防車の見学、建物の中も見せていただきました。最後に消防士さんが着る耐火服を着させていただきました。とても重いそうです。見て、聞いて、質問してたくさん勉強しました。最後にお礼を言って帰りました。

 

      

      

 

 

1月21日(火)学級の様子

 2年2組では、図画工作の「カッターナイフタワー」を作っています。カッターナイフを上手に使っていろいろな形の窓を作りました。建物の形もまっすぐやななめ、ジグザグなど自分で工夫しています。班の友達と楽しく作っています。2年3組は、算数の九九の練習をしています。順番に1段ずつ九九を言って次の友達へとバトンタッチして全員終わったタイムを縮めるために「素早く・スムーズに」言える様に頑張っています。5年2組は音楽の学習でした。難しい音楽の記号の意味を学び、楽譜に書き込み、いよいよ歌います。「変わらないもの」は高音が多いのですが、男の子が良い表情で高音をきれいに歌っています。

 

       

  

 

 

1月21日(火)3年生 体育の学習

 なわとび集会の後の1時間目に引き続き3年生が体育でなわとびをしました。友達同士で回数を数えたり、先生に数えてもらったりしました。グループになって練習しています。3・4年生ぐらいが、体が軽く巧緻性も高まってくるので、二重とびなど今までできなかった種目が練習によってできるようになります。業間なわとびも始まりますので熱心に取り組んでできる技を増やしてほしいです。矢切体力章の記録に達成した子ども達の記録を掲示しています。それも励みになっていることでしょう。先日の教育ミニ集会で、地域の方から「公園でなわとびを練習している子がいます。」とお話をいただいています。寒さに負けず、学校でも家でも外で元気に遊んでほしいものです。

 

      

 

 

1月16日(木)1年生生活科「いねっていいね。」

 1年生はお借りしている田んぼに行ってもみがらをまいてきました。生活科の「いねっていいね。」では、もみがらのプールで遊んだり、ぬかでお団子を作ったり、わらで遊んだりたくさん楽しみました。最後に来年の田んぼの肥料になるもみがらをまきに行きました。1年生が「ありがとう。」とお礼を言いながら田んぼにまきました。

 

      

 

 

1月15日(水)3年生 クラブ見学会

 今日は3年生が来年から始まるクラブ活動の見学会です。どんなクラブがあってどんな活動をしているのか、楽しみな様子です。担任の先導で各クラブを回りました。11のクラブがあり、移動時間もあるので各クラブ3分位見学します。3年生は、「卓球クラブがおもしろそう。」「私は折り紙が良かった。」と今から来年のクラブを楽しみにしています。

 

      

        

 

  

1月14日(火)生活科 1・2年生「昔遊び」交流会

 3連休明けで先週末からの欠席状況が心配でしたが、欠席者が大きく増えることもなく一安心です。引き続き学校でも「手洗い・うがい・換気」に気を付けてまいります。

 今日の5時間目は、生活科の学習で1,2年生の昔遊びの交流会がありました。様々な昔遊びを2年生が1年生に教えます。竹馬のところでは、2年生が支えてあげて1年生が歩く練習をしています。「そう、足をあげて動かして。」と2年生がアドバイスをします。また、折り紙のコーナーでは、「はい、紙を裏返して。」と寄り添って一緒に折りながら説明します。決まった時間になると1年生は次のコーナーに進みます。けん玉コーナーでは1年生が「ありがとうございました。」とあいさつをしました。最後に畑原先生が竹馬の乗り方を披露しました。とても上手です。1,2年生から歓声と拍手が起こりました。畑原先生がみんなに竹馬の乗り方のこつを教えました。是非、お子さんに聞いてみてください。1年生が終わりの会でお礼を言って帰った後、2年生が生き生きと片づけをしている様子から、2年生にとって「教える」というやりがいのある活動だったことがうかがえました。

 

      

      

    

 

 

1月8日(水)学級の様子

 今日から通常日課で給食が始まります。1月7日に一年間の無病息災を祈って七草粥を食します。それにちなんで、今日の給食に行事食として「ななくさごはん」が出ました。2階会議室前の廊下に栄養士の岩淵先生が「七草」を掲示しました。通る子ども達が興味深げにのぞき込んでいます。

 5年生は、体育で長なわとびをしました。なわを回すスピードが速いので、前の人に続いて入るのが難しそうでしたが、子ども達は掛け声をかけ合い、笑い合いながら楽しく取り組みました。続けて跳べると盛り上がってきます。

 6年生は音楽です。「風を切って」のリコーダーと大太鼓、木琴の合奏を練習しました。リコーダーの指遣いが難しいのですが、さすが、6年生は上手です。