12月6日(金) 一肌脱ぐ①

 全児童がよりよい学校生活ができるように、5、6年生が一肌脱いでいるのが委員会活動です。その一つの放送委員会は時間が正確で、毎日決められた時刻に朝の放送、お昼の放送、下校放送などをわかりやすく行うなど質の高い活動をしています。その秘密は毎月「振り返り反省シート」を使って自己評価しているからです。驚いたことにこれは6年生委員長のアイディアだそうです。

   

 

12月4日(水) 初任者研修

 本校には初任者教員が2名います。研修制度にもとづいて研鑽する日々です。今日は3年生の初任者が授業研修をしました。理科の学習で形が変わっても重さはかわらないことを、粘土とはかりを使って理解させる学習です。これは質量保存の法則につながります。

    

 

        10:38地震発生 そのとき子どもたちは

 20分休み中の10:38頃に茨城県北部を震源とする地震が発生し、東部小でも揺れを感じました。教頭先生の放送で子どもたちは地震を知り、積み重ねているワンポイント避難訓練どおり「落ちてこない 倒れてこない 動いてこない」場所へ避難できました。校庭では遊んでいた子どもたちが身を小さくして中央付近に避難できました。しかし、判断に迷ってしまう場面もありましたので課題として改善していきます。目標は「自分の命は自分で守れる子の育成」です。

 

 

12月3日(火) 道徳授業

 道徳の授業研修を1年生で行いました。テーマは「わがままな行い」です。自分を律することは社会性を身につけることにつながります。東部小の課題の一つです。このクラスでは1年生なりのディスカッションが成立していました。

   

          黄金色

 昨日は大雨でしたが、今日は快晴です。正門横のイチョウが黄葉し見事な姿をみせています。