林間学園3日目 7月13日(金)

 ついに最終日。最後の思い出作りです。

【スカイブリッジ】

 3日目の朝。荷物整理と部屋の掃除を終えたら、スカイブリッジへと出発です。

 スカイブリッジに到着するとあまりの高さに怯える子も…しかし、吊り橋から眺める壮大な景色、それを背景に漂うシャボン玉を目にすると、笑顔が広がります。

  

【不二洞】

 とても楽しみにしていた「不二洞」です。まず、洞窟の入口に足を踏み入れると、空気がひんやりとしていて、子どもたちはとても驚いていました。また、真っ直ぐに続く洞窟を利用して、音の速さを体験することもできました。

 中に進むと、長い年月をかけてつくられた鍾乳石が…それぞれに仏教に基づいた名前が付けられてあり、なんだか物々しい雰囲気です。願いごとを叶えてくれると言わている石もあり、一人ひとりがその石をなでながら、願いごとを心の中でつぶやきました。

 途中でコウモリを見かけた子もいたそうです。ラッキーでしたね。

  

 【お別れ】

 3日間あった林間学園も、あっという間に終わってしまいしました。帰るときに「なんか寂しい…」「まだここにいたい!」と言っている子がいて、充実した日々を過ごせたことがうかがえました。今度はぜひ、家族と一緒に来て下さいね。

 上野村の方々、3日間大変お世話になりました。

  

【到着の会】

 楽しかった林間学園も、いよいよフィナーレです。疲れと暑さでぐったりしてしまいそうですが、最後までよく頑張って話を聞いていました。実行委員や感想係の子も最後に仕事をしっかりこなし、良い締めくくりをしました。

   

 3日間みんなで力を合わせて生活したことで、今まで以上に友だちのことを知れたり、仲良くなったりできたと思います。また、自分自身や集団としての課題点も見つかったと思います。今回得た良い点・課題点を、2学期からの目標を立てるときに生かしてほしいです。

林間学園2日目 7月12日(木)

 林間学園2日目も、やることが目白押しです。

【朝の散歩】

 朝6時に起床し、みんなで体操をした後、「蛇木の滝」まで散歩しました。初めは、眠そうな顔でしたが、迫力のある滝を見て、やっと目覚めたようです。

  

 【藍染め体験】

 「森の体験館」にて、藍染め体験を行いました。子どもたちは、出来上がりの模様を想像しながら、いろいろな道具(割り箸、輪ゴム、ラップ、ビー玉、洗濯ばさみなど)を使ってデザインしていきます。

 藍の染め液が独特なにおいがすること、それが空気に触れると緑色から藍色に変わることなど、初めて体験することに驚いていました。みんな、上手にできていました。

  

【勝山ハイキング】

 午後から雨が降るということで、ハイキングを前倒しですることになりました。

 勝山では、昨晩降った大雨の影響で、遊歩道が倒木で寸断されている場所もありました。そのため、コースを変更して頂上へ向かいました。途中で見かけるアリの行列や見たことのないキノコに心を弾ませながら、楽しくハイキングをすることができました。

 頂上に到着すると、「やっほ!」とやまびこを体験。

  

  

【飯盒炊さん】

 各班でカレー担当、飯盒担当、火起こし担当に分かれて、カレーライスを作りました。どの班も手際よく進めていて、出来映えもバッチリでした。みんなで力を合わせて作ったカレーライスは、忘れられない味となりました。

  

   

【龍神の滝】

 お腹がいっぱいになったところで、次はマイナスイオンたっぷりの「龍神の滝」に行きました。昨晩の雨の影響でかなり水かさが増していたため、水際までは行くことはできませんでしたが、滝の力強さを体全体で感じることができました。

 そして、食後のデザート(アイスクリーム)を、滝を見ながらいただきました。とても贅沢なひとときを過ごすことができました。

  

【室内キャンプファイヤー】

 残念ながら本日も夕食中に大雨が降ってしまったので、キャンプファイヤーは室内で行うことになりました。

 子どもたちは残念そうにしていましたが、いざ始まるとノリノリで歌を歌ったり踊ったりと、大盛り上がりでした。どんな状況でも楽しめるのは、いいことです。

   

 室内キャンプファイヤーが終わった後は、部屋会議、合同会議をしてから、就寝しました。またまた密度の濃い2日目でした。

林間学園1日目 7月11日(水)

 5年生全員が楽しみにしていた林間学園。この日までに子どもたちは、授業時間だけでなく、休み時間も集まって準備を進めてきました。

 日に日に高まる期待感と、少しの不安・・・様々な気持ちを抱えてスタートです。

 

【出発の会】

 早い時間でしたが、みんなしっかり集合しました。日差しの強い中でしたが、実行委員が堂々と「出発の会」を行い、いざ出発。

  

【バスの中】

 運転手さんにあいさつをして、朝の会から始まりました。バスレク係が一生懸命準備してくれたので、車内は大盛り上がり。酔う暇もありませんでした。

【富岡製糸場】

 バスから降りると、ものすごい熱気が…日陰で37℃もありました。そんな中、子どもたちは一つでも多くのことを学ぼうと一生懸命メモをとっていました。

  

   

【昼食】

 川の音を聞きながら活動班ごとに「いただきます。」大自然の中で食べるからあげ弁当の味は格別です。おかわりはありませんよ~ 

【鮎のつかみどり】

 1組から順番にスタート。5分間という時間制限内で鮎をつかまえます。夢中になって追いかける子、浅瀬に追いやってからつかまえる子、何人かで一丸となって四隅に追いやってからつかまえる子など、作戦は様々です。

  

  

【川遊び】

 冷たい川の水が、火照った体を冷やしてくれます。みんな満面の笑みではしゃいでいました。

    

 【お買い物】

 楽しみの一つだった、お土産タイム。お金の計算をしながら計画的に買い物をしていました。

「弟にあげるんだぁ♪」とウキウキな男の子も。

 【鮎を食べる】

 鮎を頭から丸かじり。初めは抵抗があったようですが、一口食べるごとに「おいしい!」「うまっ!」の声が聞こえてきました。

  

 【夕食】

 まずは、一人一人に用意されたサラダなどを食べてから、バイキング開始。みんなよく食べていました。特に人気だったのは、デザートの杏仁豆腐です。長い行列をつくるほどでした。

 【肝だめし】

 食事をしている間に、雷雨になってしまったので、予定を変更して肝だめしを行うことになりました。心の準備ができていなかった子がそわそわし出します。

 まずは、広間で怖い映像を見て、1組からスタートしました。「キャー!」という叫び声が、また恐怖感を高めます。3箇所のチェックポイントを経て、ラウンジがゴールです。ぐいぐい女子をリードする男子や、ぐいぐい男子をリードする女子…それぞれでおもしろかったです。

 肝だめし係の活躍で、ドキドキするけど楽しい肝だめしになりました。

  

 【花火】

 さっきまでの雷雨が嘘だったかのように止んだので、肝だめし終了後、河原にて花火をみました。花火に火がつくたびに「おー!」と歓声が響きます。打ち上げ花火では、「本物みたーい!」と興奮気味で話していました。

   

  花火が終わった後は、部屋会議、合同会議をしてから、就寝しました。密度の濃い1日目でした。

出会いの会 6月14日(木)

 3年生と5年生は兄弟学年です。この日は、兄弟学年の初めての顔合わせとなる「出会いの会」がありました。前々から、5年生のリーダーたちが中心となって、企画と準備を進めてきました。

 当日は、同じ班の人の名前もすぐに覚え、どの子も楽しそうな笑顔を見せていました。これから1年間仲良く過ごしていきたいです。

【5年1組&3年A】ばくだんゲーム、リーダーさがし

 

【5年2組&3年B】進化じゃんけん、新聞紙くぐり

 

【5年3組&3年C】ジェスチャーゲーム、新聞じゃんけん

 

運動会がんばりました! 6月1日(金)

 運動会当日は、雨雲も吹き飛ぶようなみんなの熱気で、大いに盛り上がりました。5年生は、自分たちの競技や演技だけでなく、係の仕事も一生懸命に頑張っていました。

 運動会終了後は、うれし泣きする子や、悔し泣きする子など、それぞれの子がいろいろな思いを持って余韻に浸っていました。

 次は林間に向けて、さらに団結力を高めていきます!

 

【各クラスの大漁旗を紹介】

 

どのクラスも力作ですね。

運動会練習開始 5月1日(火)

3連休が明けると同時に、運動会練習もスタートしました。

5年生の運動会の種目は以下の3つです。

①80m走

②騎馬戦

③よさこいソーラン

今日は、「よさこいソーラン」の前奏部分と1番を練習しました。曲のテンポが速いために、なかなか付いてこれない子も多くいましたが、どの子も暑さに負けず、根気強く取り組みました。休み時間に早速、練習しているクラスもあり、運動会に向けての強い意気込みを感じました。