学年活動 1月16日(火)

本日の5時間目に、学年活動がありました。

NPO法人「体験型安全教育支援機構」の方々を講師にお招きし、
「もしも不審者に遭遇したら」をテーマに、親子で実技研修を行いました。

お話によれば、実際に犯罪に巻き込まれた際に防犯ブザーを鳴らすことのできた子どもは、
なんとわずか1%だったそうです。
怖い思いをしたときに、固まってしまって動けなくなる子どもがとても多いということで、
今回は実際に防犯ブザーを鳴らしたり、大きな声で「助けて-!!」と叫んでみたり、
捕まってしまったときに相手から逃げたりする訓練を行いました。

和気あいあいとした雰囲気の中で、子どもたちは自分自身で身を守ることについて、
じっくりと学ぶことができたようでした。