市内新人大会     9月17日~10月6日

○ 決勝    対 小金中   4対1 エース完投

  …夏の市内大会では決勝で涙を飲みました。

   走攻守にバランスの取れたチームを目指し、スタートした新チーム。

   一戦ごとに力をつけ、決勝戦ではエースを中心として、

   堅い守りと隙のない攻めで、見事、4対1で勝利、

   ついに優勝旗を勝ち取りました。

   毎試合、応援の保護者のみなさんからも熱い声援を送っていただきました。

   ありがとうございました。そして、おめでとうございます。

   県大会も一戦必勝で大暴れすることを期待しています。がんばれ~!

○ 準決勝   対 第四中   4対0 完封リレー

  …絶体絶命のピンチを守り抜き、延長戦を制した準々決勝の経験が生きました。

   序盤から有利に進めるも、中盤まで両校無得点で、投手戦となりましたが、

   5回表に、打者一巡の猛攻で一気に4点をあげました。

   このリードを守り、完封リレーで勝利を収めました。

   打線好調で、ヒットは二桁をこえました。

   さあ、10月6日に、いよいよ決勝戦です。

   気合いだ、気合いだ、気合いだ~! がんばれ~!

○ 2回戦   対 小金北中  延長戦、5対4で勝利

  …雨で延び延びとなり、ようやく3連休最終日に2回戦です。

   初回に先制されますが、3回に一挙4点を挙げ、逆転します。

   その後は4人の継投で、相手チームの強打を封じます。

   なかなかダメ押し点がとれず、2点リードで最終回を迎えました。ところが、

   3連打で、同点に追いつかれました。なおも、無死3塁の大ピンチを迎えます。

   ここで、申告四球で満塁策をとります。最終回、ノーアウト満塁…

   堅守を誇る本校の底力を信じた策でしょう。

   エースが渾身の力を込め、そしてバックもしっかりと守る。

   このピンチを脱し、同点で、特別延長となりました。

   ノーアウト満塁の設定で、始まります。

   二人が倒れ、ツーアウト満塁となりました。

   先攻のチームに点が入らないと、大変苦しくなります。

   期待を込めて大応援団が見守る中、

   4番打者が粘って四球を選び、待望の1点が入りました。

   1点差で、同じ条件で相手の攻撃です。

   ノーアウト満塁の大ピンチをセンターライナーのダブルプレー、

   そして、最後の打者も内野ゴロでゲームセット。

   5対4で辛勝、本当によく粘りました。準決勝進出です。おめでとう。

   しかし、相手チームの強打も素晴らしかったです。ナイスゲームでした。

   次戦は準決勝。29日(土)8:00 プレーボールです。

○ 1回戦   対 小金南中  7対0で勝利

  …珍しく、後攻となった初戦。

   初回に2点を先制し、2回も2点を追加し、序盤を優勢に進めました。

   5回表にピンチを迎えましたが、外野~内野~捕手と好返球で

   ホームタッチアウト。流れをグッと引き寄せました。

   その裏、ヒットや好走塁で得点を重ね、勝利を決めました。

   新チーム、待望の初勝利です。目指すは……