全国中学校陸上競技選手権大会   8月20日~22日

○ 共通男子1500m

  小林 爽君 予選第4組 7着

・ハイペースでレースが始まる。

 想定以上のペースだったかもしれない。

 つくか、自重するか、…

 迷いを断ち切るように、とにかく集団につく。

 苦しいだろうな。必死についていこうとする呼吸が伝わってくる。

 昨年の小林君だったら、もしかしたら、あきらめていたかもしれない。 

 しかし、踏ん張った。途中で投げ出す気持ちは微塵もないようだ。

 すごい。闘志が伝わってくる。

 「がんばれ」

 拳に力が入る。

 この組には同県の選手が何人もいる。これから秋の駅伝でも戦うだろう…

 そんなことはどうでもいい。とにかく最後まで、がんばれ。

 最後の1周に入った。ひとり抜く。そして、またひとり。

 ラストの直線に入った。まだ抜きにかかる。順位はなんだ。関係ない。

 目の前の選手を抜く。ランナーの本能だ。

 ゴール。

 決勝は逃した。しかし、伝わってきた。

 意地… 根性… 勇気…  

 誇っていい。素晴らしい見事な粘りだ。

 胸を張って、堂々と帰ろう。小林君!