松戸市小中学校理科作品展

・夏休みの自由研究を中心に、今年も小中学生の理科作品展が開催されました。

 「論文の部」「工作の部」共に小中65校から出品され、どれも力作揃いでした。

 本校からも、たくさんの作品が展示されていました。そして、

 科学論文の部で金賞(2年 伊藤さん)

 工夫工作の部で銀賞(1年 林君)

        銅賞(2年 小西さん)

        佳作(2年 竺原さん 2年 小山さん)

 5作品が、見事入選しました。おめでとうございます。

 中でも、金賞の伊藤さんは60ページ以上の大作で2年連続の金賞です。

 伊藤さんと林君の2作品は千葉県展にも出品されることとなりました。

会場は松戸市文化ホール 最終日は日曜日となり、 終日賑わっていました
家族連れも多く訪れ、 熱心に見学していました 本校の力作を以下紹介します
発想がユニークだと思いました 自由研究=「昆虫の標本」 と思う世代とはだいぶ違います…

※入賞者の作品は以下の通りです

論文「卵パックの秘密PartⅡ~卵の特性を確かめる」伊藤瑠南さん(2年)

作品「卓球上達マシン」林匠馬君(1年)

作品「シャチのジャンプ」小西かなめさん(2年)

作品「自動流しそうめんスライダー」竺原さくらさん(2年)

作品「ヨクトケール」常温解凍高速機 小山陽菜乃さん(2年)