常中の1・2年生へ

卒業式の「答辞」の中に、卒業生から在校生へのメッセージがあったので紹介します。

答辞

穏やかな春が思い出の詰まったこの学び舎に訪れる季節となりました。そんなよき季節に、私たちはかけがえのない思い出とともにそれぞれの道へと歩んでいきます。

本日はこのように立派な卒業式を盛大に開催していただきましたこと、卒業生を代表し心より御礼申し上げます。また、先ほどより皆様から温かい励ましの言葉をいただきました。私たちの3年間の一瞬一瞬の大切な思い出は、皆様の支えがあったからだと改めて実感いたしました。友達や先生方と笑いあった何気ない日々を、今日は大切に振り返りながら、皆様への感謝の気持ちを持って、歩んでいきたいと思います。

三年前、私たちの入学式の日はあいにくの雨でした。真新しい制服に身を包み、傘をさしながら登校した日のことを昨日のことのように思い出します。これからどんな友達とどんな学校生活を送るのだろうかと、不安でいっぱいだったあの日。新しい友達との出会いに胸が高鳴り、仲間となった私たちは共に様々な経験を重ねていきました。

毎年初めにやってくる、数々のドラマが生まれる体育祭。私たちは、団結することの大切さを学び、大きく成長することができました。特に最後の体育祭は忘れられない思い出です。クラス、学年を超えて全校が一つになったあの瞬間。嬉しくて悔しくてみんなで涙を流したあの瞬間のすべてが、鮮烈に脳裏に焼きついています。本気で取り組んだからこそ、そこには数多くの感動がありました。

毎年秋にやってくる合唱コンクール。上手い下手ではなくクラス全員で磨き上げた歌声には個性が生まれていきました。個性あふれるそれぞれの合唱には、人を感動させる特別な力があり、ホール中に響き渡ったあの日の合唱は、私たちの大切な思い出となりました。

ホスピタリティーをテーマに、三年間学習してきた旅行行事。様々な文化財や、そこで働く人々との出会いがありました。文化と科学に触れた上野公園校外学習。農家方々の優しさに触れた林間学園。そして修学旅行で訪れた京都と奈良。日本の伝統文化を五感で感じられた貴重な三日間でした。楽しい時間はあっという間に過ぎ、撮影した記念写真には私たちの笑顔が収められています。

こうした数々の思い出を振り返ってみますと、そこにはいつも優しく手を差し伸べてくれる仲間がいました。そんな仲間たちと、目標に向かって努力を重ねた部活動。すごく忙しくて大変な日々が思い出されます。何も分からない私たちに、一から教えてくれた先輩方が引退し、チームを引っ張っていく役割を背負うことになった私たち。ときには仲間と対立したり、練習が辛くてすべてを投げ出したくなるような日もありました。しかし、仲間と共に乗り越えることができたからこそ、今の私たちがあると思います。喜びや悔しさも分かち合えたこと、これは私たちにとって最高に幸せな日々でした。

お世話になった先生方。私たちの三年間の思い出にはいつも先生方の姿がありました。先生方の何気ない一言で安心し、そして自分に自信を持つことができました。先生方は今でもこれからも私たちの心の支えです。先生方から学んだこと、友達のように笑いあった楽しい時間は決して忘れません。本当にありがとうございました。

そして今日はこの場にいない在校生の皆さん。私たちは最高学年として、皆さんの良きお手本にならなければいけなかったのに、十分に貢献できなかったかもしれません。ときには皆さんに理不尽な言葉を浴びせてしまったこともあったと思います。それでも、私たちを支えてくれて、力を与えてくれて、ありがとう。桜の花が咲く頃、今度は皆さんが常中の伝統を次へとつないでいく番となります。楽しいことや辛いことも待ち受けているでしょうが、一致団結して頑張ってほしいと、先生方からお伝えください。

そして私たちはいつも一番近くで支えてくれた家族の方々。ときにはわがままを言ったり、強く当たってしまい、迷惑をかけてしまった日もあったと思います。それでも陰となり日向となり、いつもすぐそばで見守って下さったからこそ私たちは中学校生活を全うすることができました。義務教育を終える今日この日まで、私たちを大切に育てていただき本当にありがとうございました。家族の皆さんはこれからも私たちの心のよりどころです。これからは少しずつ恩返しが出来るように、私たちも努力していきます。

振り返れば様々な記憶がよみがえる、最高の三年間。思い出は尽きませんが、そんな日々を過ごしたこの学び舎、最高の仲間たち、先生方とも、お別れの時がやってきました。明日からは、この場所にやってくることができなくなります。それを考えると寂しくてたまりません。それでも私たちは、目の前の扉を開き、前進んでいかなければなりません。「夢を叶えるために、信念を持ち、自らの道を開拓していく」そんな常中伝統の開拓精神を力に変えて、私たちはどんな高い壁も乗り越えていこうと思います。

私たちを見守り育んでくれた常盤平中学校。本当にありがとう。そしてさようなら。

最後になりましたが本日私たち232名の卒業式にご列席くださいました全ての皆様方のご健康とご多幸をお祈りいたしまして答辞とさせていただきます。

令和2年3月12日

卒業生代表 S・T  W・E


在校生「送辞」はVTRでの紹介でした。

卒業生への感謝の言葉とともに、伝統を引き継ぐ決意を感じさせる立派な送辞でした。

 

送辞

草木も冬の眠りから覚め、生命の息吹が感じられるこのよき日に、常盤平中学校を卒業される三年生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

二年前、不安と期待でいっぱいだった入学式で私たちは初めて先輩方と出会いました。伝統ある常中の校歌を堂々と歌う先輩方はとても輝いて見え、常中での新生活がとても楽しみになりました。

それからの二年間、お世話になった部活動ではときには厳しく、ときには優しく、私たちをリードしてくださいました。私たちが困っているときは親身になって話を聞き、寄り添ってくださいました。また、部活動の事だけではなく、勉強では学ぶことができないたくさんのことを教えていただきました。先輩方と過ごした日々は私たちにとってかけがえのない時間です。

体育祭では、私たちの先頭に立ち、各色の士気を高めてくださいました。全力で競技する姿、全力で応援する姿、また、勝ち負けを競う相手であるにもかかわらず声援をおくり合うフェアプレー精神に圧倒されました。そんな先輩方を見て私たちも頑張ろうと感じました。

合唱コンクールでは、小学生の時とは大きく違い、クラスごとの色があり、心を一つに歌う先輩方の熱意が伝わってきました。学年合唱の「大地参照」が森のホールに響き渡った時、その迫力に全身に鳥肌が立ちました。そんな先輩方と「COSMOS」を共に歌えたことを誇りに思います。

常盤平の「常盤」は永久不変の意味を指し、転じて「永久に変わらないこと」と言う意味を持つそうです。先輩方が三年間で培ってきた絆は、まさに「常盤」と言えるものではないでしょうか。これから先輩方はそれぞれの道へ進んでいきます。その中で辛いことや苦しいことにぶつかり、くじけそうなことがあるかもしれません。そんな時は常中で過ごした毎日を思い出してください。先輩方が築いてきた自信や誇り、そして強い絆は先輩方を支える太い柱となるはずです。

先輩方が卒業した後の学校を想像するととても寂しく思います。ですが、私たちには皆さんがこれまで伝えてきた伝統を受け継ぐという使命があります。そして、常中がより良い学校になるように導いていく責任があります。先輩方が守り伝えてきてくださった常中五十宇三年の歴史を途絶えさせないことをここに誓います。

最後に皆様のご健康とご活躍をお祈りしてお別れの言葉といたします。

令和2年3月12日

在校生代表 Y・Y