生徒会執行部の任命式がおこなわれ、新旧の執行部が交代しました。

 


これまで常中生徒会を牽引してきた”旧執行部”から、1年間の感想を聞きました。 

1 最初は心配でしたが、9人で助け合い、様々なことを学びました。次の生徒会にも「大きな仕事には大きな達成感がある! 仕事に手を抜かず、より高いやりがいを手にしよう!」と言いたいです。
2 部活壮行会で激励の言葉を務めたとき、大きな達成感を感じました。高校でも自由自治を成し遂げたいです。
3 難しいことも大変なことも執行部の皆や周囲のサポートで乗り越えることができました。温かく見守り支えてくれた先生方、生徒の皆さん、家族に本当に感謝しています。
4 ただ指示されて動くのではなく、一つ一つの行事について考え、意見し、納得する、そんな経験ができて楽しかったです。
5 先生や友達の{頑張れ」という一言が支えとなり、自信を持つことができました。様々な仕事を通して「自由自治」の大変さと大切さを感じ、成長できたと思います。
6 生徒会行事にたずさわるなかで、先のことを考えて行動できる力がついたと思います。生徒会執行部の経験は私の自信につながっています。
7 学校の様々な行事に関われたことがうれしかったです。初めてのことばかりで良い経験になりました。


次に、バトンを引き継いだ”新執行部”に、これからの抱負を聞きました。 

1 初めてのことで緊張していますが、早く仕事に慣れて、生徒の皆さんの役に立てるようになりたいです。  
2 昨年度は先輩方に支えられる仕事が多かったので、新執行部では先輩方のように生徒会の土台を作りたいです。
3 透明感の生徒会執行部にしたいです!!
4 仕事に責任を持って丁寧に励むことが抱負です。そして、「常中を常中生全員で創る」という目標を忘れずに、生徒会役員として働かせていただきます。
5 生徒のみんなの要望を踏まえて、いい常中づくりにつとめます。
6 前年のような楽しく活気のある生徒会にしたいです。生徒の代表という意識を持って頑張ります。
7 立会演説で言ったように、「個性あふれる常中!」にしていきたいです。
8 みんなが一致団結して盛り上がる学校にしたいです。
9 学校行事をより楽しく思い出に残るように企画運営をしたいです。どんどん意見を聞いていきます。