11月13日(金)松戸県税事務所から2名の担当者の方々に来校いただき,6年生が「税の意義と役割」について学習しました。

 私たちが納める税金は,どのようなところで使われ,どのような役割を果たしているのか。なぜ「税」が必要なのかといった内容でした。国や都道府県,市区町村では,私たちが健康で文化的な生活を送るために,個人ではできない様々な仕事(公共サービス等)をしており,このような「公共サービス」や「公共施設」を提供するためには,〈多くの費用が必要であること〉,〈その費用をみんなで出し合って負担しているのが「税金」であること〉,〈もしも税金がなかったら,公共サービスを受けるのにお金がかかり,すべての費用を自分で負担しなければないこと〉,〈みんなが豊かで安心して暮らしていくのに,税金はとても大切なものであること〉,を学びました。

 丁寧で分かりやすい説明,ありがとうございました。将来,日本を支える立派な納税者になります。