10月15日(木)外部講師をお招きし,1年1組,4年1組で算数科の授業研究会を行いました。

 1年1組「たしざん」は,『10といくつ』という数の見方をもとにした9+4の仕方を学習しました。たす数を分解して10のまとまりをつくりたし算する内容です。4年1組「計算のきまり」は,かけ算とたし算を一つの式に表して答を求める内容です。1年生は初めての体験でしたが,落ち着いて発表したりノートにまとめたりできました。4年生は多様な意見が出され,その考え方を友だちに伝えることができました。密を避けるためグループでの話し合いは行えませんが,これからも"算数は楽しい"と思える授業づくりに励んでまいります。