2月3日(月)保健給食委員会が節分の由来を説明しました。

 節分は春を迎える立春の前日であり,「季節の分かれ目」の意味を持ちます。季節の変わり目には邪気が入りやすいとされ, その邪気を払うために色々な行事が昔から行われており,その一つが豆まきだそうです。今日は献立に煎り大豆がありました。保健給食委員会のメンバーが各教室を回り,節分の由来を説明しました。