7月10日(水)5・6年生が着衣泳法の指導を受けました。

 松戸西口消防署の水難救助隊から3名の隊員を講師にお招きし,着衣のまま水につかった際の対処方法を学習しました。水着の場合とまったく違った感覚を実感し,無駄な体力を使わず救助を待つことの大切さを経験を通して学びました。合言葉は,「浮いて待て」です。いざという時の備えとして意識を持ってくれたらと考えます。隊員の方々には,熱心なご指導をいただき,子供たちも真剣に取り組みました。どうもありがとうございました。保護者の皆様には,衣類,靴等の準備及び洗濯のお手間をおかけしました。ご協力,ありがとうございました。