日本サッカー協会主催のプロジェクト「ユメセン(夢先生)」

夢や目標を持つことの素晴らしさ、それに向かって努力することの大切さ、フェアプレーや助け合いの精神を子どもたちと語り合い、触れ合いながら伝えていく「夢先生」の授業を5年生で行いました。

前半「ゲームの時間」体育館で、夢先生と子どもたちとで体を動かすことにより緊張をほぐしながら、仲間と協力することの大切さ、相手を思いやる心などを伝え、後半「トークの時間」教室で、夢先生が「夢曲線」を黒板に描きながら自身の体験を話し、夢を持つことの素晴らしさ、それに向かって努力することの大切さなどを子どもたちに伝えてくれました。子どもたちは目を輝かせながら参加しました。

 加藤 大志先生、西山 淳哉先生 ありがとうございました。