今日は、たくさんの表彰がありました。それぞれいろいろなところで頑張って成果を上げられたのは大変すばらしいことです。その後、私が人に親切にされたお話をしました。
 大学生の頃、体育の授業で左足の骨を折り、松葉杖をついて学校に通わなければならなかったときのことです。家から駅までは、30分ほど片足で自転車をこぎ、電車に2つ乗り換えて学校まで通っていました。大学のある駅から大学までは、歩くと10分ほどかかります。ところが、駅に着くと毎日、後輩や同級生が迎えに来てくれました。そのおかげで、学校を休まずに勉強することができたと今でも感謝しています。30年以上前の出来事ですが、今でも忘れずに覚えています。
 みんなも人に親切にされてうれしかったことはないでしょうか?きっとあると思います。親切というのはされた人はもちろんうれしいし、親切にした人もうれしい気持ちになると思います。
 一日一善ということわざがありますが、一日に一つでも家族や友達にいいことをしてみてはいかがでしょうか。優しさ溢れる高木第二小であって欲しいと願っています。