1年生が総合的な学習の時間に松戸市独自の「言語活用科」の授業を行いました。

 言語活用科の主な目標は、「自分の意見をわかりやすく伝えることができる」「相手が伝えようとしていることを理解することができる」です。

 今日の授業は新聞記事から「事実と意見を区別する」内容でした。

 自分の考えを書いたり、班の人に伝えたり、また、他の人の考えを聞いたりして考えを深めました。

 言語活用科(日本語分野)の授業を通して、論理的・批判的思考力を身につけて欲しいと思います。