新南中生は、読書に親しむ習慣が身についています。

 朝の10分間の読書の時間はもちろんのこと、他にも学校の図書室を利用したり、家に帰ってから読んだりして、読書に使う時間は、以前行った調査でも全国や県の平均を上回っています。

 また、学習委員会では図書室を充実させようと掲示物づくりも頑張っています。

 新南中の伝統のひとつとして「読書」を推進していきましょう!!