1年生は新南タイムを使って「Q-U調査」を行いました。

 「Q-U調査」は松戸市教育委員会の施策の一つとして市内の小中学校で実施されています。

 実施は年2回(6月・11月)で、児童生徒が楽しい学校生活を送るためのアンケートになっています。

 アンケートは大きく2つに分かれ「やる気のあるクラスをつくるためのアンケート」と「いごこちのよいクラスにするためのアンケート」です。

 Q-U調査は「いじめ」や「不登校」の早期発見や予防にも役立ちます。

 調査後は結果を分析し、今後の教育活動、主に学級づくりに活かしていきたいと考えます。

 ※2・3年生も今月の16日までに実施する予定です。