4年生は、総合学習の一環で学区の危険箇所を調べに学区探検に出かけました。子どもたちは地図上に「こども110番の家」の標示のあった場所などを書き込み、学校に戻って作業の続きを行いました。