12月の献立

12月14日(木)

 

【献立】

ごはん たまごふりかけ マーボー大根 豆っこ汁

オレンジ ぎゅうにゅう

栄養士からのコメント 

「マーボー大根」

今日のマーボーは、豆腐の代わりに大根を使用しました。

大根は、食物せんいやビタミンAやビタミンCがとても多い野菜です。これからの寒い季節には風邪の予防になります。よくかんで、食べましょう!

 

12月14日(木)

 
 

【献立】

ほうとう こくとうむしパン ザーサイ和え ひとくちゼリー

ぎゅうにゅう

栄養士からのコメント 

「ほうとう」

「ほうとう」は、かぼちゃをはじめたくさんの野菜やお肉がはいった山梨県の郷土料理です。

かぼちゃには、のどや鼻の粘膜をじょうぶにする働きがあります。つまり、風邪などのウィルスを体の中へ入るのをふせいでくれます。残さず食べましょう!

 

12月13日(水)

 
 

【献立】

こんぶの混ぜごはん いわしの唐揚げ 野菜のカレー和え

さつま汁 ぎゅうにゅう

栄養士からのコメント 

「いわしの唐揚げ」

いわしには、カルシウムが多くカルシウムの吸収を助けるビタミンDもたくさん含まれます。また記憶力を高めるDHAと言う栄養素もふくまれています。今日は醤油で味をつけて唐揚げにしました。よくかんで食べましょう。

 

12月12日(火)

 

【献立】

セサミトースト かぼちゃのシチュー コーンサラダ

きくかみかん ぎゅうにゅう

栄養士からのコメント 

「かぼちゃのシチュー」

12月21日は、冬至(とうじ)です。

この日に、ゆずの入ったお風呂に入り、かぼちゃ料理を食べるとかぜをひかないと言われています。今日は、一足早く、かぼちゃのシチューを作りました。かぼちゃは、ビタミンAが多くかぜの予防になります。

 

12月11日(月)

 
 

【献立】

ごはん じゃこアーモンドふりかけ ジャージャーどうふ

はくさいのスープ ぎゅうにゅう

栄養士からのコメント 

「ジャージャー豆腐」

生揚げ・豚肉・野菜をいためてみそで味をつけた料理です。

生揚げは、豆腐を油で揚げてつくっています。豆腐には、たんぱく質・カルシウム・鉄分が豊富で骨をじょうぶにし、貧血を予防する働きがあります。また、疲れをとる働きもあります。しっかりとかんで食べましょう!

 

12月8日(金)

 

【献立】

ごはん さんまのうめに アーモンド和え みそしる

オレンジ ぎゅうにゅう

栄養士からのコメント 

「秋刀魚の梅煮」

きょうは、「秋刀魚」の話です。秋刀魚のおいしい秋です。

さんまには、血液をさらさらにするEPAやDHAを含みます。

また、魚の中でも、鉄分が多く含まれ貧血の予防にもなります。焼き魚や煮魚にして、栄養満点の秋刀魚をしっかりと味わってください! 

 

12月7日(木)

 

【献立】

スパゲティボロネーゼ ポテトスープ チョコカップケーキ

ぎゅうにゅう

栄養士からのコメント 

「チョコカップケーキ」

今日は給食室で小麦粉・ココア・砂糖・たまご・牛乳・バター・チョコレート・生クリームなどを使って愛情がたっぷりとつまった特製カップケーキを焼きました。味わって食べてください。

 

12月6日(水)

 

【献立】

こぎつねごはん ししゃものごまあげ ピリからあえ

とんじる ぎゅうにゅう

栄養士からのコメント   

「ししゃものごま揚げ」

きょうは、ししゃもにたっぷりのごまをつけて、油であげました。ししゃもは、頭からしっぽまで食べられる魚です。とても、カルシウムを多くふくみます。

カルシウムは、骨や歯を丈夫にします。そのうえ、しっかりと噛むことで、歯やあごも丈夫にします。残さないで食べましょう!

 

12月5日(火)

 

【献立】

ツナサンド 桜えびのスープ ひたしあおまめ りんご

ぎゅうにゅう

栄養士からのコメント     

「ツナサンド」

今日は、自分で作るツナサンドパンです。

まず、じゃが芋の炒めたものをじょうずにパンにはさみましょう。次に、じゃが芋の上にマヨネーズをかけましょう!さあ、ツナサンドの出来上がり。よくかんで、残さずに食べてください!!

 

12月4日(月)

 
 

【献立】

カレーライス ごぼうとじゃこのサラダ オレンジ

ぎゅうにゅう

栄養士からのコメント    

「ごぼうとジャコのサラダ」

ごぼうには、おなかのなかをきれいにするはたらきがあります。じゃこは丈夫な歯やほねをつくります。よくかんで食べて元気な体をつくりましょう。

 

12月1日(金)

 
 

【献立】

プルコギ丼 アーモンドサラダ おしるこ きくかみかん

ぎゅうにゅう

栄養士からのコメント    

「おしるこ」

給食室の大きな釜で小豆を煮ておしるこを作りました。小豆には血液をつくる働きがあり、成長期のみなさんにはたくさん食べてもらいたい食べ物です。おなかのなかをきれいにする栄養も多く含まれています。残さずに食べましょう。