9月15日(水)

スパゲッティミートソース

みかんサラダ

キャロットマフィン

ぎゅうにゅう

  みかんサラダは野菜とみかんの缶詰をドレッシングで和えます。児童の反応が両極端に分かれる献立で、リクエストの上位に上がる一方、みかんサラダは苦手という声も聞こえてきます。「酢豚にパイナップル」と同じようなイメージなのでしょうか。

9月14日(火)
 

わかめごはん

きびなごカリカリフライ

にくどうふ

きゃべつのごまずあえ

りんご

  きびなごは、鹿児島県の郷土料理としてよく食べられている魚です。大きくても全長10cmほどの小さな魚で、体は銀色に鮮やかな青色の模様があるのが特徴です。他の青魚と同様に、EPAやDHAなどの不飽和脂肪酸を多く含んでいます。
9月13日(月)
 

かいせんちゅうかどん

スーミータン

シュガーアーモンド

ぎゅうにゅう

 スーミータンは、中華風のコーンスープのことです。漢字で「粟米湯」と書きます。クリームコーン缶、たまねぎ、卵が入っていて家庭でも簡単に作ることができます。
9月10日(金)
 

こくとうパン

とうふのラザニア

こんやさいのスープに

グレープフルーツ

ぎゅうにゅう

  根野菜のスープ煮はじっくりと弱火で煮込むことでうまみを引き出します。隠し味としてローリエを入れているのがポイントです。今日のさつまいもはとても甘くほくほくしていて児童にも人気でした。さつまいもにはビタミンCや食物繊維が多く含まれています。

9月9日(木)
 

スタミナチャーハン

じゃがいものちゅうかクリームスープ

フルーツあんにん

ぎゅうにゅう

 じゃがいもの中華クリームスープは、じゃがいもを千切りにしています。千切りにすることで、煮物とはまた違った食感を楽しめるほか、配膳の際に児童に均一に盛りつけやすくなります。白菜も入っていたので、肌寒い雨の日にぴったりでした。
9月8日(水)
 

ジャージャーめん

かみかみあえ

キャラメルポテト

ぎゅうにゅう

 キャラメルポテトと大学いもの違いに疑問を持った児童もいたようです。本校のキャラメルポテトは砂糖を溶かしたシロップにバターを入れています。バターを入れることで、冷めても砂糖が固くならず、嚙む力が弱い低学年の児童も食べやすくなります。
9月7日(火)
 

ごはん

たらのちゃんちゃんやき

くきわかめのきんぴら

ガタタン

オレンジ

ぎゅうにゅう

  ガタタンは北海道芦別市の郷土料理です。小麦粉と水を練って小さなかたまりにした中華料理の「ガーダ」がルーツという説があり、あっさり塩味のスープです。ほかにも野菜や肉、魚介や山菜など多くの具を入れ、片栗粉でとろみをつけて溶き卵をふんわり流し入れたら完成です。給食では白玉を入れました。
9月6日(月)

シーフードパエリア

フライドポテト

スペインふうたまごスープ

バナナ

ぎゅうにゅう

  スペイン風卵スープは、「ソパ・デ・アホ」というスペインの郷土料理をアレンジしてつくりました。本場のレシピは、固くなったフランスパンと生ハムを入れてつくりますが、給食では代わりに麩と豚肉を入れています。麩がスープのうまみを吸うので食べ応えがあります。
9月2日(金)

ごはん

なまあげのオイスター炒め

みそしる

れいとうみかん

ぎゅうにゅう

 生揚げには、カルシウムや鉄が多く含まれています。調理しても崩れにくい特徴があるので、炒め物などにも使いやすい食材です。使うときは、熱湯をかけたりゆでたりして油抜きをすることで、余分な油を取り除き、ヘルシーに使うことができます。
9月1日(木)

なつやさいカレーライス

サイダーポンチ

ぎゅうにゅう

  本日より2学期の給食が開始しました。夏野菜カレーライスは、ピーマン・赤パプリカ・ズッキーニ・にんじん・たまねぎを入れ、揚げたかぼちゃをトッピングしました。

 サイダーポンチは教室でサイダーを混ぜるので、炭酸が感じられます。炭酸が苦手な児童もいるので、その場合はサイダーを入れる前の状態で盛りつけてもらいました。