BBC(Big Bridge Challenge)

挑戦しよう! 大橋小の子どもたち

 大橋小学校では、校長先生が暗唱の題材を毎月全校児童に配布し、その題材を覚えた児童が校長室で暗唱を披露するということを行っています。「覚えることはキライ!」と脳のスイッチを切っていた子どもたちが担任の先生や周りの子どもたちからの刺激を受けて次々とスイッチオンにしてきます。教室の中では、あまり目立たないような子どもが先陣を切って校長室へやってきます。ちなみに今月の題材は『1秒の言葉 小泉吉宏作』です。