12月3日(火)、修学旅行明けの6年生が5校時に租税教室を行いました。「主な税金の種類としくみ」「なぜ税金が必要なのか」について、お話やビデオをみて学びました。小学生一人に年間87万円の税金が使われていたり、校舎が10億円・体育館が2億円・プールが1億円の税金で作られていることなどに、子どもたちは驚いていました。また、今日は天気が良く、外遊びをする子どもたちが多かったです。