11月8日(金)、3年生が総合学習の一つとして体育館で福祉体験を行いました。高齢者の疑似体験・車いす体験・白杖体験をすることを通して、不自由さを知りました。「福祉」は、「だん」の「らし」を「あわせ」にすることであり、そのためには「相手の立場にたつ」ことが大切だということがわかりました。これからも学校や普段の生活の中で「豊かな心」を育み、「思いやり」をもって、過ごしてほしいと思います。