校長室の窓(9月)

9月22日(水)松戸市中学校駅伝競走大会 ~柏の葉総合公園陸上競技場~

 朝は降っていた小雨が大会直前に上がり、少し蒸し暑いコンディションの中、六実中駅伝チームは精一杯の力を出し切り、柏の葉公園を駆け抜けました。結果、女子駅伝チームは3位に入賞し、11月に行われる県大会出場権を見事手にしました。男子Aチームも13位と健闘しました。男女部長がそれぞれ優秀選手賞、区間賞を受賞する走りを見せ、チーム全体を力強く引っ張っていました。六実中選手はみんな、とても輝いていました。
     

9月21日(火)駅伝部壮行会

 明日、柏の葉総合公園陸上競技場で市内駅伝が行われます。生徒会のみなさんが企画してくださり、今日は全校生徒によるオンライン壮行会が開かれました。会の中では、部長の岡田さんと杉原くんが、明日にかける思いを堂々と語ってくれました。駅伝チームのみなさんは、夏休みから毎日毎日走り込み、数々の困難を乗り越えて今日まできたのだと思います。明日は、それぞれの思いを走りに込め、今日私から託した六実中伝統の「襷」を胸に、堂々と走りきってほしいと思います。
     

9月17日(金)校内高校説明会

 今日は、16校の高校をお招きし、3年生を対象に校内高校説明会を開きました。説明会は公立高校の部、私立高校の部各2回の、計4回行いました。3年生は予め4つの高校を選び、今日の説明会に臨みました。会場を見に行くと、いつもにも増して(5割増しくらい?)緊張した様子が見て取れました。高校の先生方から、このように近距離で直接に説明を聞く機会はそうはないと思います。いただいた学校案内を手に説明を受け、まだ漠然としていた高校のイメージが、がぜん現実味を帯びてきたようです。六実中生の聞く態度や進行役を務めた人の素晴らしさに対し、先生方からお褒めの言葉をたくさんいただきました。今日お聞きした話を大いに参考にして、よりよい進路選択に向かってほしいと願っています。

県立鎌ケ谷高校 県立松戸六実高校 県立薬園台高校 市立松戸高校
県立鎌ケ谷西高校 県立松戸国際高校 県立柏陵高校 県立沼南高柳高校
我孫子二階堂高校 中央学院高校 二松学舍大柏高校 流通経済大柏高校
日体大柏高校 秀明八千代高校 学館船橋高校 土浦日大高校
9月16日(木)勉強の秋、食欲の秋

 4階フロアには、1年生がこしらえたお月見団子(?)が貼られています。お団子ひとつひとつをよーく見ると,一人一人の2学期の目標が書かれていました。大雑把にカテゴリーに分けると、「勉強を頑張る!」という内容のものが多いようです。もうすぐ中間テストも控えていますし、1年生の秋は「勉強の秋!」ですね。1年生が通る場所には、かわいい絵が添えられた先生方からのメッセージもありました。

 

 7組の愛情がたっぷりつまった立派なさつまいもを、校長室に届けていただきました。おすすめの食べ方は、「スイートポテト」とアドバイスいただきました。六実中産さつまいもは、どんなお味かとっても楽しみです。

 

 生徒のみなさんが下校した夕刻、音楽室から、フルートの「剣の舞」の素敵な音色と怪しい?歌(のような)声が・・・。「一体、何が!?」と音楽室に行ってみると、1年生の先生方が、早田先生のフルートの音色にのせて、不思議な歌を録音していました。この歌は、ある教科で使うそうです。ちなみに音楽ではないようです。

 

9月15日(水)令和3年度第40回松戸市小中学校理科作品展

 松戸市小中学校理科作品展が、一昨年ぶりに9月9日~12日、松戸市文化ホールで開催されました。感染症対策のため、観覧は出品者と家族限定という制限下の開催でしたが、六実中からは、小論文の部で1年生3点・2年生1点、「黒サインペンのインクの分析」「カビの成長」「酸とカッテージチーズ」「ジュースからDNAの抽出」、工夫作品の部で、2年生1点「ふとったフラミンゴ」が出品されました。
 

9月14日(火)六実中駅伝部、今日も頑張っています

 9月22日の松戸市駅伝競走大会(市内駅伝)が、目前に迫ってきました。六実中駅伝チームは、駅伝・陸上部+野球部+バスケットボール部+サッカー部と、色々な部活から名乗りをあげてくれた人たちで結成されています。8月2日から練習が開始され、夏休み中は、なんと毎朝6時半から走り込んできました。駅伝練習にあっては、3年生は受験勉強との両立、1・2年生は、朝練で駅伝チームで走り込んだ後、さらに自分の部活動の練習との両立と、様々な困難を乗り越えてきました。熱い夏の間のトレーニングは、体力的にもとても大変だったと思います。それらを乗り越え、六実中駅伝部メンバーは着実に実力をつけています。これまでの練習の成果が大会で出せますように、私には祈ることしかできませんが、心から応援しています。
   

9月13日(月)そう言えば今日はたしか・・・。

 緊急事態宣言が延長され、9月末までとなりました。全国的に感染者数は減少傾向にはあるものの、反して若年層の感染割合は増えており、予断を許さない状況に変わりありません。引き続き、教育活動における感染予防対策に努めていきます。ご協力をよろしくお願いします。今日9月13日は、本来ならば3年生は修学旅行3日目を過ごしているはずでした。コロナがなければ・・、この言葉を何度繰り返してきたか。何度も何度も我慢を強いている子ども達には、申し訳なく思います。今日はそんな日だったのですが、3年生は、いつもの前向きな姿勢で、授業に取り組んでいました。子ども達の健気な姿を見るにつけ、この子達のために、コロナ禍でも学校ができることを、探し求めつづけなければと思います。

  
9月10日(金)卓球部の優勝報告

 卓球部を代表し、関東大会出場メンバーが、総体の報告に校長室を訪問してくれました。「市内大会優勝」、「県大会3位」、「関東大会出場」、と活字で表すといとも簡単ですが、実際の試合では、劣勢をはねのけ逆転勝利したり、1ポイント1ポイント競り合いながら勝利を引き寄せたり、上位大会へ勝ち上がるまでには緊張の連続だったことが、話から伝わってきました。六実中卓球部が勝ち取った大きな優勝カップとトロフィーと優勝旗は、早速校長室に飾らせていただきました。卓球部のみなさん、おめでとうございます。
 

 生徒のみなさんが下校した放課後、先生方は勉強会を行っています。本日の講師は、特別支援コーディネーターの茂手木先生です。六実中の先生方は、日々学び続けています。

  
9月9日(木)第5フェニックス

 今日は、「自宅で学活」をテーマに、第5フェニックス(六実中GIGAプロジェクト)を行いました。第5フェニックスでは、予め担任の先生とクラスの子ども達とで放課後の実施時間を決めて、Web学活を試みました。午前中に、「今日の放課後のフェニックスが、今からちょっと楽しみです。」と教えてくれる生徒もいて、私も興味津々で、放課後各教室で行われているWeb学活を見て回りました。クラス全員が画面上に集い、いつもとは違ってマスクなしの笑顔がとても新鮮でした。2年生では、黒板に書かれた明日までの宿題を担任の先生が提示していたのですが、ミュート(消音)を忘れた人の「え~っっ」という心の声(?)がこちらに届いてしまい、笑いを誘っていました。通信環境の関係で、不具合等も発生しているようですが、六実中フェニックスは、一つずつ課題に向き合いながら進んでいます。

   

9月8日(水)生徒会役員選挙告示

 生徒会役員選挙に向けて、1学期の終わり頃から選挙管理委員会が着々と準備を進めてくれています。生徒会役員選挙を境に、六実中のリーダーは、3年生から2年生へと引き継がれます。コロナ禍でも「六実中をみんなでもっとよりよい学校にしたい!」という前向きな3年生の姿は、後輩たちの良きお手本でした。選挙に向け、今日から立候補の受付が始まりました。さっそく、やる気にあふれた人たちが、立候補の届け出をしてくれたようです。立候補者のみなさんが、どのような抱負を語ってくれるか、選挙の日が今から楽しみです。

9月7日(火)正門前の花壇

 今日は、ずいぶんと久方ぶりの晴れとなりました。10月中旬並みの涼しい気温が続き、過ごしやすいのはありがたいですが、雨雲に覆われたどんよりした日が毎日のように続くと、お日様が恋しくなります。
 1学期、技術員の渋谷さんが、正門横の花壇を整備してくださいました。実は、その後害虫や雨続きのせいで、残念ながら花たちは枯れてしまったのでした。2学期が始まり、六実中のみんなが正門の花で癒やされるようにと、今度は花壇に「ム・ツ・ミ」の文字をかたどってお花を植えてくださいました。渋谷さんからの六実中生へのエールです!

9月6日(月)朝の健康観察

 生徒たちが、コロナ禍の学校生活を安心安全に過ごせるよう、先生方は日々腐心しています。ウイルスという見えない敵との戦いは、困難を極めています。学校は集団生活の場ですから、まずは学校にウイルスが入らないように、水際対策を徹底することが必要です。朝の登校時は、昇降口前に先生方が一人一人の健康観察カードをチェックし、さらに教室でもう一度健康観察を行っています。ご家庭におかれましては、登校前の検温・健康観察を、生徒本人はもちろん、同居される方についても徹底くださるようご協力をお願いします。
 

9月3日(金)PROJECT「フェニックス」始動!

 六実中の先生方によるGIGAプロジェクトが動き出しました。その名も「フェニックス」です。命名者の沼田先生に由来をお聞きしたら、特に意味はなく雰囲気がかっこいいという理由で決めたそうです。GIGAスクール構想で、一人一台タブレットが導入された今、六実中ではどのような活用ができるか、構想と実践を同時に進めていこう!というのがこのプロジェクトの目的です。まずは、来週火曜日までに3段階(第1フェニックス~第3フェニックス)進めます。第1フェニックスでは、全クラスが、まなびポケットの視聴方法の確認を終え、第2フェニックスでは、各クラスで、Teamsのグループを確認しました。コロナ禍でも学びを止めないように、六実中フェニックスは研究を進めています。
 

9月2日(木)1・2年生授業開始、3年生は確認テスト

 新学期の授業が今日から始まりました。校舎内を歩き回り、ときに教室内におじゃましながら様子を見ていると、どの教室でも、生徒たちは、キラッとした表情で授業に取り組んでいました。新学期始まってわずか2日ですが、3年生は、夏休みの勉強の成果を占う確認テストに臨みました。5教科の試験に臨む3年生と短縮4時間授業の1・2年生とでは、休み時間がずれてしまうので、今日は一日ノーチャイムです。下級生たちは3年生を思いやり、休み時間も意識して静かに過ごしました。3年生諸君、手応えはいかがですか。手応えのあった人もなかった人も、未来に向かって「今」の努力を、一枚一枚積み重ねていくことが肝心です。

 

9月1日(水)2学期スタート

 42日間の夏休みを終え、久しぶりに子ども達が登校してきました。休み中はしーんと静まりかえっていた教室や廊下には、一気に明るい笑顔と活気が戻りました。やはり学校は子どもがいてこそです。始業式では私から、「夏休み中に行われた大会やコンクール」「2学期の心構え」「3年生へ」の3つのお話をしました。緊急事態宣言下の新学期は、平時とはほど遠い状況です。しかし、これまで通り、たとえコロナ禍の視界不良の日々ではあっても、コロナを正しく怖がり、感染予防行動に努めながら、できることを先生方や子ども達と共に探していきます。2学期も本校の教育活動へ、ご理解ご協力をよろしくお願いします。
 

卓球部関東大会報告 陸上部県大会報告 英語発表会県大出場報告 3年生代表の話
校長式辞 生徒指導主任の話 避難訓練(教室)

(始業式の話)**********  

 おはようございます。42日間の長い休みでしたが、大きな事故や事件に巻き込まれることなく、全員で、元気に2学期を迎えられたことを、うれしく思います。 夏休み中に行われた東京オリンピックでは、六実中出身の須崎優衣選手が、圧倒的な強さで金メダルを手中にされ、我がことのように誇らしい気持ちになりましたね。 試合後のインタビューでは、これまで自分を支えてくれた周りの人への感謝の言葉が真っ先に語られ、本当に素晴らしいと思いました。

 2学期の始まりに、私から3つのお話をします。

 1つめです。 休み中に行われた総合体育大会やコンクールでは、六実中生の頑張る姿をたくさん見ることができました。特に男子卓球部は、念願の関東大会出場を果たし、初出場ながら緒戦を勝ち上がるという素晴らしい成績を収めました。他のすべての部活も精一杯の力を発揮し、最後まであきらめない立派な姿が印象に残っています。目標にあとほんのわずかに届かなかった部もありました。目標に届かなかったという悔しい思いは、みなさんの心に色々な形で刻まれたと思います。 勝負には当然勝敗がつきますが、負けには「良い負け方」があると思います。 一つの物事のために努力を重ね、時間を費やし、正々堂々と勝負すると、たとえ敗れてしまったとしても、大切な何かを手にしたはずです。それが良い負け方です。コロナ禍の普通でない状況の中、日々努力を積み重ねたことは尊いことであり、厳しい状況を乗り越えた自分を、うんと褒めてほしいと思います。私は、実際に会場でみなさんを応援しましたが、もっともうれしかったことは、六実中が、「最後まで諦めずに闘っている仲間を応援し続けていた」ことです。 友だち、先生方、家族、地域の方、色々な人が、みなさんを応援してくれました。そうした人たちに感謝の気持ちを表してください。1・2年生のみなさん、先輩方から受け継いだ伝統というバトンを大切に、新チームになっても多くの人に応援してもらえる六実中でいてほしいと思います。

 次に2学期の心構えです。2学期は、合唱コンクール、生徒会選挙、コロナで再度予定変更となってしまいましたが、3年生の修学旅行、2年生の林間学園、1年生の校外学習など、行事がたくさん計画されています。現在もコロナ禍の緊急事態宣言下で、視界不良は続いていますが、コロナを正しく怖がり、感染予防に努めながら、できることをみなさんと共に探していきたいと思います。みなさんには、「感謝・感動・常に全力」を合言葉に、一つ一つに精一杯取り組んでほしいと思います。 

 最後に3年生へ。3年生のみなさんは、進路選択の正念場を迎えます。 明日3年生は、夏休みの学習の成果を占う、「確認テスト」が控えています。2学期始まったばかりで、本当に大変だと思います。 夏休みもっと勉強すれば良かったなどと、後悔している人はいませんか。残念ながら過去は変えることはできません。しかし、未来とこれからの自分は変えられます。 未来をよりよく変えようと思ったら、「今」を頑張るしかありません。 毎日「今」の頑張りを積み重ねることが、みなさんの夢の実現への早道です。私はみなさんを、心から応援しています。頑張ってください!

 以上、3年生へのエールを込めて、2学期始業式の私からの話とします。