7月14日(金)に5,6年生は着衣泳を実施しました。水難事故や海難事故などの緊急時に備え、身近な道具で浮力を得て泳いだり、溺れている人の救助の仕方を学んだりしました。着衣泳の基本は「衣服や靴を脱がず、体温の維持に努める」「浮いて待つことで体力の消耗を抑える」ことです。これから夏のレジャーの季節。遭ってはならないことですが、自分の命を守る学習はとても意義のある時間でした。