今日の全校朝会は,はじめに「こども県展」,「家庭科作品展」,「書き初めの書星会賞」,「運動能力証」の表彰をしました。その後,これからの子どもたちが生きる社会について,予測されていることを話しました。人工知能の発達によって,車が自動化される,ロボットがなんでもやってくれる等,ますます便利な社会になってくると考えられます。一方では半数以上の子どもたちが,今は存在しない職業に就く、多くの仕事が自動化され,ヒトが必要なくなってくるのではといった不安な要素もあります。このような社会で生き抜いていくためには,考える力をつけることと,友だちと仲よくしていくことが大切なのではないか,今から実践していこうと話しました。