スキルアップトレーニング

令和元年10月7日(月)より日課表を変更し、新たにスキルアップトレーニングの時間を設定しました。

児童が主体的に学習に取り組むための基盤作りを目的としています。

まずは集中力と計算力の向上を図るために、百ます計算に取り組ませることにしました。

今後、保護者全体会等でタイムと正答率の推移、児童・保護者・教師の感想や意見を公開していきます。

 


 

【今後の予定】

2020.01.17 保護者全体会・六三ミニ集会(データの推移と分析公表)

2019.12.06 全校児童データ集計日

 


 

【これまでの経過】

2019.11.05 問題変更

(1年生:36ます計算たし算)

(2年生:百ます計算たし算)

(中高学年:百ます計算かけ算)

※取り組み内容は継続となります。

 

2019.11.01 全校児童データ集計日

 

 

2019.10.11 全校児童データ集計日

 

2019.10.08 1年生計算プリント見直し

(1年生:36ます計算たし算に変更)

(答えが最大で10までの計算に変更)

 

 

 

2019.10.07 日課表変更、スキルアップトレーニング開始

(低学年:百ます計算たし算、中高学年:百ます計算かけ算)

 

 

2019.09.19 臨時保護者全体会(4,5,6年生授業参観懇談会後)

2019.09.18 臨時保護者全体会(1,2,3年生授業参観懇談会後)

(本校の学力データを公開し、スキルアップトレーニングのねらいを説明)

  

臨時保護者全体会、保護者より 

・子どもが落ち着きがないのが心配。

・この取り組みで集中力があがることに期待する。

・保育園では手厚く見てもらえていた。

・子どもたち一人一人の学習に対する意識が低い。

・勉強しないといけないことをわかっていない。

・毎日の繰り返しがいいと思う。

・1年生のうちは楽しければいいと思っていたが、危機を感じた。

・1年生からどんどん学習させて欲しい。

・先生たちは、子どもたちのできる・できないがわかっているのか。

・文章題への取り組みもお願いしたい。

・家では、特に子どもの学習を見ていなかった。

・もっと自己肯定できるようになるといい。

・時間を気にして行動することを、身につけてほしい。

・聞く力があってこその、読む力だと思う。

・新聞を活用した活動はどうか。

・わからないことを、先生に聞けているか。

・読書が大事。

・絵本を読み聞かせる時間を設定してはどうか。

・本人の意識が低い。

・我が子は、本をあまり読んでいない。

・わからないことが、質問できていない。

・この取り組みは「全校児童必ずやる」というところがいい。

・我が子は、かけ算が好きだが、図形が苦手。

・学力向上、考えたことがなかった。

・10分間の学習、基礎の繰り返し・・・力からになると思う。

・テスト直しを家庭でやらせたい

・テストがまとまって返ってくるのは困る。

・宿題を先にやるよう声をかけている。

・家では、集中力があまりない。

・問題集を目の前でやらせている。

・文章題がなかなかできない。問題の意味を理解できていない。

・生きていく上で必要な力をつけてほしい。

・漢字ドリルは繰り返しではないのか。繰り返し指導して欲しい。

・宿題の進め方(漢字ノート)の指定がなくて困った。

・今年購入したノート(漢字・計算)は、やり方が載っていていい。

・百ます計算・・・一昔前に流行った取り組み。いま行う意味とは。

・やっつけの宿題になっている。

・漢字は定着しているのか。

・なぜ勉強するのかの指導をして欲しい。

・結局、親がみていくことが重要。

・学年のやり方が統一されていない。進度が違う。

・取り組みはいいが、丸つけまでしてほしい。

・宿題をする意味は何か、子どもたちに考えさせたい。

・集団の中で学ぶことが大切。

たくさんのご意見ありがとうございます。

全教職員で議論し、今後の指導、学校運営へ反映させていきます。

 

2019.09.17 日課表変更のお知らせ配付

010917日課表変更のお知らせ.pdf [61KB pdfファイル]

 

2019.09.02 学校便りにて、日課表変更についてお知らせ