食事係さんが手伝っていました
「どれぐらい?」
「おいしそうだね」
なんて声が聞こえました