4年生の理科の授業では、体育館に設置されたエアドームに入って、プラネタリウム鑑賞を行いました。

【鑑賞の様子】

●鑑賞では、「12月の今頃、夜空に見える月や星の動き」について学びました。実際には2021年12月9日の15時30分に設定された夜空からの星の動きを鑑賞しました。太陽が16時30分頃に沈み、南の方角に月が現れました。そして、一番星の金星が…。木星や土星も現れ、3つの惑星が夜空に…。12月9日の21時00分になると、オリオン座や天の川も…。カシオペヤ座を知っていると北極星の位置もわかります。冬の夜空について、わかりやすく説明していただき、最後には、たくさんの質問も飛び交いました。子どもたちの夜空への興味関心が高まったプラネタリウム鑑賞でした。

エアドームの中へ 話に耳を傾ける児童 鑑賞後に個人的に質問する児童

◆エアドームの全景