個人戦、シングルで石川さんがベスト8に入り、関東大会出場を決めました。

また相川翔馬君が14人に残り、関東大会を決めました。

ダブルスは関東大会はありませんが木村君と井口君が3位、さらに、相川仁君と清水君が決勝に進出しました。