大化の改新

 

 1年生の社会科では歴史分野「古代国家の歩みと東アジア世界」を学んでいます。その中でも今回は「大化の改新」を扱いました。古代東アジアでの緊張感、日本での独裁政治を改新していった中大兄皇子と中臣鎌足の活躍、亡国の危機を感じずにはいられなかった白村江の戦い、皇位継承をめぐりを争った壬申の乱。どのように古代日本が形作られていったのかを、因果関係を確かめながら学びました。自国の歴史を語れるようになることは、国際社会で活躍するためにも、アイデンティティの確立のためにも、大切なことです。この後の授業も頑張りましょう。