今年度、はじめての避難訓練を行いました。

 本日、6時間目に大地震発生を想定した避難訓練を実施しました。

今回は担任の先生の指示のもと、第一次避難で自分の身を守り、第二次避難で校庭へ素早く移動するための避難経路を確認しました。その後、安全主任の唐須先生から地震に備えるためのお話をいただきました。「備えあれば憂いなし」という言葉がありますが、自然災害はいつ起こるかわかりません。学校生活での避難はもちろんのこと、登下校中や部活動中、家にいる時など、様々な場面を想定することは大事なことです。