5月24日(水)、翌日の生徒総会に向けて、全学級で学級討議が行われました。これは昨年度からの取り組みで、生徒総会のメインとなる特別議題について、当日の議論をより活発なものにするために、あらかじめ各学級で1時間話し合い、論点を整理しながら考えを深めていくものです。

 今年度の特別議題は「清掃活動を向上させるためにはどうすれば良いか?」です。三中の生徒会活動の柱である「JAS活動(J:時間、A:あいさつ、S:清掃)」のうち、「S:清掃」について、全校で意見を出し合って現状を把握し、より向上させるための具体策を考える、という話し合いです。1年生から3年生まで、各学級で活発な議論が展開され、翌日の特別討議に向けて意欲が高まりました。

 また、放課後には、代表委員会が行われ、各学級で出た意見をもとに中央委員や委員長、生徒会役員が議論を交わし、全校のリーダーとして当日の議事進行に見通しを持ちました。