5月11日(木)6校時、三中教職員による校内授業研究会を行いました。本校では、各教科の授業において、生徒目標スローガンである「支えあう 学びあう 鍛えあう」を意識した授業づくりを心がけています。今年度は、毎日の授業が生徒にとって「よりわかりやすく」「より意欲的に学習に取り組め」「より仲間と学びあえる」ものになるよう、教職員が一丸となって研修を進めていきます。その一環として、今回は、1年1組での数学の授業(近藤先生)をすべての教員が参観し、教科の枠を超えて授業づくりの工夫を考える機会としました。

 授業後には、授業中に気がついた点を協議し、今後の研修の方向性を考える、授業研究会を行いました。今回の協議を踏まえて、今後各教科で授業のあり方を工夫していきます。学力向上に向けて、生徒にもよりいっそうの頑張りを期待します。