11月13日(火)

 明日から、いよいよ第2回定期テストが始まります。今回のテストは、2学期の期末テストにあたります。「中間テストがない分、今回のテストの重みが増すな~」と、生徒たちもドキドキ…

 各学年、テストに向けて学習会を行っています。各教科の先生に質問したり、お互いに問題を出し合ったり、集中して問題を解いたり、一生懸命勉強している姿がみられました。明日・明後日の生徒たちの頑張りが楽しみです。

 

 

11月12日(月)

 10月から、学年合同の歌声活動を行っています。

 1学年では、8クラスを4クラスずつに分け、さらにソプラノ・アルト・男声パートに分かれて各教室で練習します。今は、学年合唱曲の音取りをしている段階ですが、日に日に声も大きく、自信を持って歌えるようになってきています。

 学年全体で歌ったらどんなハーモニーになるのか、今からとても楽しみです。先輩たちの学年合唱も楽しみに、残りの学年合同歌声活動を頑張っていってもらいたいと思います。

  

 

11月9日(金)

 本日1学年は校外学習事後新聞を制作しました。

 卒業生の過去の作品が手本として示され、それを見た生徒はタジタジ・・・クオリティーの高さに驚きを隠せないようでした。

 それぞれの班が思い思いの記事を作り、大きな一つの新聞を作り上げます。ただいま鋭意制作中です。続報を楽しみにお待ちください。

     

11月8日(木)

 いま、1中のあいさつが盛り上がっています。それというのも、生活安全委員会が行っている「朝のあいさつ運動キャンペーン」がというものが、日々1中生の心に広がっているからです。

初めは委員のみで行われていたこの活動ですが、生徒の中で「自分もあいさつで迎える側になりたい。」という思いから、自主的に参加する流れができました。それが、他の生徒、教員も巻き込んで、写真にあるような圧巻の人数にまで広がりました。生徒の表情も明るく、まるで一つのイベントのような雰囲気さえあります。一日の始まりを明るいあいさつで迎えたいという気持ちを、これからも大切にしてほしいと思います。

      

11月7日(水)

 昨日、あいにくの空模様の中、1年生は上野方面へ校外学習に行きました。松戸駅から目的の場所までのすべてを、班で行動しました。

 歴史に触れることを目的とした班、芸術に親しむことを目的とした班、食事に重きをおいた班など・・・学問、芸術、食欲、さまざまな秋を堪能したことでしょう。

 大雨に見舞われ、事前の計画を変更し、臨機応変に対応するなどの機転を発揮してくれました。

 一方で、チェック時間に遅れてしまったり、班員と一時はぐれてしまったりなどの課題も見えました。しかし、困難のあった班も最終的には全て無事に松戸に戻ることができました。

 生徒一人一人が、責任感と協調性を持って活動できた大きな成果だと思います。今後の学校生活にも活かしていきましょう。

      

      

11月5日(月)

 10月30日から行われていた教育相談期間が終了しました。

 たくさんの生徒を抱える第一中学校。学年や学級、委員会や係など、集団組織として活動することも多い学校の生活の中で、個人の持つ悩みや困難の状況は様々です。その悩みや困難の解決を援助することによって、生活に適応させ、心の成長を図ることが教育相談の意義です。

 担任と話をし、自分と向き合うことによって、より良い学校生活を送るきっかけにしましょう。

  

11月2日(金)

 本日4時間目、2年生は来週11月6日(火)に予定されている職場体験に向けた事前集会を行いました。

 先生方から当日に向けた心構えや全体の動きの確認を聞き、その後各事業所ごとに分かれて最終確認を行いました。集合時間や持ち物など事業所ごとに異なるので、自分たちでしっかりと確認をしなければいけません。

 事業所の方々の仕事の時間をいただいての体験です。たくさんのことを経験し、有意義な体験にしましょう。

   

 11月1日(木)

  本日1時間目に朝礼が行われ、多くの部活動の活動が紹介・表彰されました。校長先生からは、「辛抱すること」の大切さについてお話をいただきました。

 5時間目には、1年生が来週11月6日に行われる校外学習に向けた集会を行いました。当日に向けて注意事項を確認し、「もしもはぐれてしまったら・・・」など、万が一のトラブルへの対応を考えました。当日までもう少し。班の人たちと協力して、学びの多い校外学習にしましょう。