すでに新聞等で報道発表されましたとおり、文部科学省は5月22日(金)に、「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル~「学校の新しい生活様式」~」を発表しました。
 そのマニュアルをよると、地域の感染状況によってレベルを3段階に分け、子ども同士が保つべき身体的距離や授業、部活動の実施方法などの行動基準を示していて、「新しい生活様式」の学校版となっています。
 現在、千葉県は、非常事態宣言下にあり、「特定警戒都道府県」に相当する感染状況である地域となりますので、地域の感染レベルは「レベル3」となります。
 ちなみに、レベル3は、学校での子ども同士の身体的距離をできれば2メートル程度、最低1メートルは確保し、難しければ、学年などで登校日を分ける「分散登校」などの検討を求めています。また、「感染リスクの高い教科活動」は行わないとなっています。具体的には、長時間、近い距離で向き合うグループ活動や子どもたちが近距離でする実験、観察、調理実習、合唱、リコーダーや鍵盤ハーモニカの演奏、密集する運動などを挙げられています。
 同じく昨日、松戸市教育委員会から示された「学校における新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン」も同様の内容が示されています。
 そこで、本校としましては、文部科学省の学校の新しい生活様式」と松戸市のガイドラインに基づいて、5月20日に発出した「学校再開に向けた本校の新型コロナウイルス感染拡大防止対策について(お願い)」の変更をすすめており、来週早々にはお示しできると思います。
 つきましては、保護者の皆様におかれましては、引き続き、感染拡大防止対策へのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
 なお、文部科学省の「学校の新しい生活様式」の詳細につきましては、以下を文部科学省へのリンク、または、以下のPDFデータをご覧ください。

文部科学省「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル~「学校の新しい生活様式」~」 (外部リンク)
 

学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル~「学校の新しい生活様式」~(2020.5.22 Ver.1) [2222KB pdfファイル] 

学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル~「学校の新しい生活様式」~(2020.5.22 Ver.1)別添資料 [4122KB pdfファイル]