12月22日(金)は2学期終業式でした。

2学期の始業式は暑くて大変だったのに、この日は一段と寒く子どもたちはしっかり防寒着を着込んでいます。

まず、終業式の前に表彰を行いました。

 読書感想文や文集「あしなみ」、松戸市科学作品展、明るい社会づくりポスターコンクールで優秀な作品を出展し、すばらしい成績をおさめたので檀上にあがり表彰されました。

そのあと、終業式です。

校長先生の話では、

・通知表には担任の先生からの言葉があり、そこには2学期がんばったことが書いてあること

・そこには文字数の制限があり書ききれなかったこともある。今から通知表が配られるが、その書ききれなかったことを担任 

 の先生がお話してくれる

ということをおっしゃっていました。

そして、林先生から「冬休みの過ごし方」についてお話があり、最後に校歌合唱をしました。指揮は大畠先生です。

 校長先生がおっしゃっていたように通知表の学習や行動の所見には各担任の思いが込められています。色々書きたいのですが書ききれず「残念だな。もう少し書ければな。」と思うこともあります。きっとどの子も担任の先生から通知表を受け取るとき、そういった担任の思いを聞いていることでしょう。

 短いですが冬休みが始まります。

 どの子もよい冬休みを過ごしてほしいです。そして1月9日(火)の始業式には、また元気な牧小の子どもたちと会いたいです。