3月31日水曜日 令和2年度修了~桜舞い散るⅡ~

 いよいよ令和2年度が終わります。

 このホームページには、学校の様子をお伝えする中で、自分の想いや考えも結構挟み込んできました。また、コロナ禍では、忙しい担任に代わって学年のページも自分が更新していました。それらがよかったのか悪かったのかわかりませんが。

 長く続いた休校、分散登校、土曜授業、お弁当給食、本当にいろいろあった令和2年度でした。保護者や地域の方の来校機会がほとんどなくなってしまったことへの危機感から、せっせとホームページを更新することで、少しでも開かれた学校になるようにと願っていました。

 伝えたいという想いは、受け止めてくれる相手がいてこそ。そして何より、伝えるに値する、笑顔輝く素晴らしい子どもたちと、情熱ある教職員たちがいるからこそでした。皆様、どうぞこれからも牧野原小学校をよろしくお願いいたします。今までどうもありがとうございました。

   校長  雨宮 紀美子

 

 

3月30日火曜日 年度末人事異動~桜舞い散る~

 27日に新聞発表があった通りです。お世話になった先生方が、また新しい場所でお力を発揮することを祈っています。毎年毎年こうして別れと出会いを繰り返します。今年度は、コロナ禍という荒波を一緒に乗り越えてきた乗組員たちです。せつない年度末です。

     

 

3月24日水曜日 令和2年度修了式・辞校式

 コロナウィルスに翻弄された令和2年度でしたが、修了式の今日は穏やかな晴天でした。

 全校児童が一堂に会しての式なり集会なりが、いったいいつになったらできるのかなと思いながら、今回もズームでの修了式でした。

 校長からのお話では、どうしてもコロナに触れないわけにはいきませんでした。大変なことも残念な思いもあったけれど、コロナの前に戻りたいとは思わない。なぜならば、コロナがあったからこそ、みんなでどうすればいいか、どんなことならできそうか、考えることができたから。考える力も、団結力も、コロナのおかげで育ったと思うから。牧小の先生たちも、子どもたちも、コロナの前よりも、強く優しくなったと思うから。そんなお話をしました。

 生徒指導の先生からは、パワーポイントで、「いかのおすし」など春休みの安全な生活のお話でした。「いかない」「のらない」「おおきなこえをだす」「すぐにげる」「しらせる」です。

 最後に、校歌を歌ったのです!司会の先生の「皆さん、窓は開いていますか?換気はオッケーですか?」から始まり、ずっと「斉唱」でなく「清聴」だった校歌を!ちょっと不安そうな、おそるおそる手探りの歌声だったことが、胸を打ちました。歌うことへの不安感が子どもたちに色濃くあるのだな、ずっと歌っていなかったから歌を忘れたカナリア状態なのかな、と。それでも、久しぶりに聴いた子どもたちの歌う声!私はうれしくて、各教室を飛び回っていました(笑)

 

 辞校式も、やはりズームです。転退職する職員を紹介し、お一人お一人から挨拶をしていただきました。これはやはり、対面で行いたかったなあ!でも、お話が終わると、大きな拍手が校舎中から聞こえてきて、ちゃんと聞いてくれていることが伝わりました。児童会役員が、餞別の言葉を送ってくれました。大変立派でした。

 その後は、以前のような見送りもなく、新年度の机椅子移動の仕事をする5年生以外は下校、5年生は感傷に浸る暇もなく作業をがんばってくれました。ありがとう。玄関の外には、別れを惜しんで帰ろうとしない子どもたちや、わざわざおいでいただいた保護者の方々、中学校の修了式・辞校式を終えた卒業生たち。どうもありがとうございました。牧小は、あたたかい人々に見守られ、育てられている幸せな学校です。ありがとうございました。

  

 

3月23日火曜日 修了式前日

  学期末の短縮日課。給食ってありがたいなーとしみじみ。今年度は、休校明けのお弁当給食に始まり、食器数や当番児童数の制限、箸・スプーンの持参、教師もエプロン三角巾、そして全員前向きの黙食……と、様々な課題をクリアしながらの喫食となりました。献立を考えてくれた栄養士さん、そして安心安全なおいしい給食を作ってくださった調理員の皆様、ありがとうございました。

 修了式を明日に控えた教室の様子です。自分の作品をとりまとめながら一年間の足跡を振り返る姿、教室や校庭でのお楽しみ会を楽しむ姿、大掃除で一年間お世話になった教室をきれいにする姿、学校中のストーブを格納する最高学年の姿。各教室で使っていた算数備品が教材室に集められていました。4月からは誰が使うのかな。

           

 

3月18日木曜日 第46回卒業証書授与式

 穏やかなお天気に恵まれ、卒業式を行うことができました。ご来賓をお招きできず、在校生も参加させられず、保護者は1名、祝辞なし、国家も校歌も歌唱なしの清聴のみ、門出の言葉(呼びかけ)も卒業の歌もなし、しかも2回に分けての実施という、新しい形の卒業式でした。

 前半後半とも、式に出ないクラスの卒業生は、教室でリモートで式の様子を観ていました。その保護者は、控室で、卒業生の一人一言や門出の言葉、「旅立ちの日に」の手話歌の動画を観ていただきました。最後は、全クラス校庭に出て、サプライズの「旅立ちの日に」の手話歌を披露しました。そして、全職員による見送りの花道を、おうちの方と手をつないで帰っていきました。

 118人の巣立ちを日本中のあちこちで祝ってくださっている皆様、この子たちの6年間を支えてくださった皆様、今日全員立派に巣立っていきました。今までありがとうございました。

      

 

3月17日水曜日 合唱部最後の活動

 緊急事態宣言が明けたらすぐにコンサートをしようと考えていましたが、とうとう6年生の卒業が迫ってきたので、在校生との引継ぎの会を行いました。卒業生からは、部活動に臨むべき心持や励ましの言葉がつまった「合唱部ノート」の引継ぎ。在校生からは、今年新たに作り直した看板をお披露目しました。互いの想いが伝わったでしょうか。来年度どのような活動になるかは未定ですが、できることを見つけ活動できるといいなと思っています。今年度のメンバー、少しの間でしたがありがとうございました!

 

   

 

3月17日水曜日 卒業式前日準備

 1~4年生と6年生の下校後、学校中の職員と5年生で明日の卒業式を迎える準備をしました。5年生は、とてもよく働いてくれました。1年前は、休校中で、預かりで来ていた子たちに手伝てもらって、ほぼ職員で準備をしたことを思うと、5年生の力は大きいと思いました。

        

 卒業生の皆さんと保護者様、今夜は早く寝て、明日はしっかり朝ごはんを食べてきてくださいね!全職員一丸となって、令和2年度松戸市立牧野原小学校第46回卒業証書授与式に臨みます。

  

 

3月15日月曜日 保健室前の掲示

 3月3日耳の日の掲示を紹介しようと思っているうちに、卒業バージョンになっていました。保健室からも、卒業を祝ってくださっています。

 

 

3月12日金曜日 年度末保護者会

 児童との接触を避け、感染拡大防止に配慮しての保護者学級懇談会を行いました。お天気も味方してくれて、よかったです。授業参観を行えなかった分、動画やスライドで子どもたちの学校での様子を伝えたり、コロナ禍の教育活動への保護者の方々のご理解ご協力に感謝を述べたり、保護者の方からお子さんの成長を一言ずつお話しいただいたり、有意義な時間になったと思っております。

 まだまだ市内で学年閉鎖もあります。6年生が閉鎖になったら、卒業式もできません。引き続き、感染予防を怠らないようにしたいものです。

 

3月11日木曜日 1・2・3年プチコンサート♪・震災から10年

 12月に4・5・6年で行ったピアノとバイオリン、フルートのコンサートを、低学年が「いいなー」とうらやましそうでした。今日は反対に、高学年が「いいなー」と言っていました。緊急事態宣言下なので、今回はフルートは涙を呑んで、バイオリンとピアノのお二人です。できるだけ近くで生の音を聴かせたくて、体育館ではなく音楽室で。密にならないよう、学年を半分に分け多人数で。20分×6回の公演という無茶なお願いにも、気持ちよく応えてくださいました。

 「愛の挨拶」「ホールニューワールド」「黒鍵」「花は咲く」「チャルダッシュ」そしてアンコールには「炎」。途中楽器クイズも入れながらのあっという間の20分間でした。終わって教室に戻る1年生が「天国のような時間だった」と言っていたそうです!(^^)!

 美しい音楽に癒され、本物に触れる貴重な機会となりました。

     

 今日で、東日本大震災から10年。「花は咲く」を聴きながら、この子たちはまだ生まれていなかったんだなあとしみじみしました。14時46分、短縮で子どもたちはいませんでしたが、職員一同黙とうしました。

 

3月5日金曜日 6年生ありがとう週間エンディングセレモニー&放課後の先生方による装飾

 4時間目、体育館で6年生と5年生が半分ずつ、感謝の気持ちを演奏や演技で伝え合う時間がありました。1年生は手紙で、2年生は似顔絵やおめでとうの飾りで、3年生は花や「祝」のちぎり文字で、4年生はインタビューしてまとめたプロフィールで、5年生は花もたくさん作ったのですが、それだけではなく今日、合奏と踊りを発表してくれました。とてもすばらしかったので、お礼の6年生による合奏「炎」と合わせて、録画したものを、1~4年生にも見てもらいます。

 例年の「6年生を送る会」とは違う形でしたが、一堂に会すことができない分、6年生への感謝の気持ちがどんな形でなら伝わるか、児童会役員を中心に、みんなが考えることができました。

   

 放課後は、卒業式に向けて各学年の子供たちが作った花や鳥を、先生方が飾りました。絵手紙は6年生です。

    

 

3月3日水曜日 牧小体力特級賞

 松戸市には「体力特級賞」という賞がありますが、牧小では「牧小特級賞」という独自の賞を作って例年取り組んでいます。達成条件は、以下のどれか1つでも申請可能で、1・2年のなわとびは全て条件の半分です。・前跳び1000回 ・後ろ跳び700回 ・二重跳び100回 ・後ろ二重跳び50回 ・前あや跳び150回 ・後ろあや跳び150回 ・前交差跳び150回 ・後ろ交差跳び150回 ・駆け足跳び500回 ・はやぶさ40回 ・鉄棒逆上がり10秒間で7回

 昨日までに、1年17名、2年59名、3年12名、4年48名、5年60名、6年49名、ひかり・ひまわり1名、合計246名が達成したそうです。すごい!パチパチ!!

 

3月2日火曜日 牧小ボタン~卒業対策委員さんから~

 以前ホームページでお伝えしましたが、卒業対策委員の皆さんが卒業記念に手作りのアルバムを作ってくださっていて、そこには手作りの牧小校章クルミボタンが使われているとのこと、今日制作を終了した方々から、ボタンをいただきました。ありがとうございます。先生方に1個ずつ配れるかな?

 

 

3月1日月曜日 6年生ありがとう週間オープニングセレモニー

 今日から3月。そして今週は「6年生ありがとう週間」です。体育館に一堂に会しての「6年生を送る会」ができないので、各学年で飾りや手紙やプレゼントで感謝の気持ちを表します。今朝登校してきた6年生は、おおっ!となったのではないかな。学校中がお祝いムードです。作った子どもたちも、指導した先生方も、すごいなあと思います。伝わりますように。卒業まであと13日。