5月29日金曜日 ビニールシート、LAT、職員会議

 昨日お伝えしたビニールシートが出来上がりました。用務員さん、ありがとうございました!

 

 LATのナバディン・キャンベル先生が着任しました。お国はジャマイカだそうです。ボルトポーズをやったら、やり返してくれました!ご紹介は、全職員が集まるので、3密を避け体育館にて。そのあとの職員会議も、体育館です。

 

 

5月28日木曜日 1・3・6年生分散登校

 1・3・6年生が午前と午後に分かれて登校しました。少し見ない間に、身体が大きく成長しているなあと感じました。きっと心もだと思います。

 昨日も今日も、全クラスで、新型コロナウィルスから自分と周りの人を守る学習をしました。人と交わらない3か月を過ごしてきた子どもたちに、コミュニケーション力を育てたいけれど、ソーシャルディスタンスを教えなければならない。「物理的には離れても、心の中ではつながっていたいね」そんな先生の話を、子どもたちはしっかりと聞いていました。

 用務員さんが、職員室に透明ビニールの仕切りを作ってくださっています。授業をする先生方には、市教委からフェイスシールドが配付されることになりました。6月15日からはお弁当給食が始まります。預かりや学童の子どもたちには、この1か月、定期的にパンが配られました。行政も、地元企業も、学校と子どもと保護者を応援してくださっています。

        

5月27日水曜日 2・4・5年生分散登校

 2・4・5年生が午前と午後に分かれて登校しました。当面、健康観察は校舎に入る前に行います。昇降口で、学年職員による健康観察カードのチェックを受けてから、教室へ向かいます。忘れた人は、検温をしてからです。

 午前も午後も、地区委員の方が、通学路の見守りをしてくださっていました。シフトを作れていないはずなので、自主的にやってくださっているのだと思います。ありがとうございます。

 

 久しぶりの教室、座席は分散するよう市松模様です。水分補給は、自分の席で座って前を向いてします。トイレや手洗いうがいは、間隔を開けて。村住先生と三木先生が、床にビニールテープを貼ってくださいました。

 明日は、1・3・6年生です。

   

 

5月26日火曜日 1年生初登校!ようこそまきしょうへ

 午前にAグループとひかり学級、午後にBグループとひまわり学級が、黄色い帽子とピカピカのランドセルで登校しました。初日はおうちの方と一緒です。保護者の方には、下校まで体育館でお待ちいただく間、簡単な保護者会(と言っても一方的なこちらからのご説明でしたが)を行いました。午前の部修了後、先生方が手分けして、教室と体育館、トイレ、水飲み場の消毒をしてくれました。午後の終了後も。明日の2・4・5年生も、明後日の1・3・6・ひかり・ひまわりも、午前午後で分散登校のため、1日2回消毒します。

 初めての教室。1年生にはどんな風に映ったでしょうか。机と椅子がうれしそうでした。ランドセルの入ったロッカーも。保護者の皆様のご理解ご協力に感謝いたします。

  明日は、2・4・5年生が分散登校します。楽しみです!健康観察カードとマスクを忘れないでね。3密を避ける工夫、ソーシャルディスタンス(2メートル開ける)など、学校での新しい過ごし方を、最初にしっかり学びます。少し不自由に感じるかもしれないけれど、それが自分と友達や先生、そしてその家族も守ることになるのです。

     

 

5月25日月曜日 明日は1年生の初登校!

 6月1日からの学校再開に向けて、今週は事前指導日を設けました。初日の明日は、1年生が分散で保護者の方と登校します。入学式ではないけれど、牧野原小学生としてのはじめの一歩。わくわくして待っています。感染対策もしっかり!写真は、児童下校後の消毒グッズと、トイレのソーシャルディスタンスです。

 

5月20日水曜日~22日金曜日 休業期間中の連絡日

 久しぶりに学校へやってきた牧野原小学生のみなさん、保護者の方。そして、おうちの方と一緒に来てくれた新1年生のみなさん。久しぶりに(1年生は初めて)会えてうれしかったです。子どもたちも(もしかしたらお母さんたちも?)、久しぶりに友達に会えて、うれしさを隠し切れず声をあげて近寄ってしまう子、控えめに手を振る子、緊張した面持ちで静かに自分の番を待って並ぶ子、行き帰り一緒にいらして門の外で見守る保護者の方など、いろいろな姿がありました。2メートルあけて並ぶのも、ちゃんとできていました。素晴らしい!真新しい学校ジャージ(校内服)を着て、中学校の連絡日に向かう卒業生の姿もありました。 

 

2日目も無事終わりました。大きな手提げかばんの子、ランドセルを背負って来る子、リュックの子、いろいろでした。

  

3日目、途中雨がぱらついて肌寒かったですが、みんな来てくれました。先生ともですが、友だちと久々に会えて、本当にうれしそうでした。保護者の皆様の、ご協力に感謝いたします。

 

 次は、来週の指導日に向けた準備です。そして6月。分散登校からの学校再開です。給食、土曜授業、夏季休業期間等、松戸市教育委員会の方針が出ました。(「学校からのお知らせ」にあります。)少しずつ動いていることを実感します。感染予防に最大限配慮しつつ、牧野原小学校の令和2年度がやっと始まろうとしています。

 

5月18日 月曜日 休業期間中の連絡日に向けて

 このところ松戸市で新たな感染者が0の日が続いていて、気を緩めてはいけないと思いますが、これはまさに連休中の皆さんの自粛の成果ですね!ということは、今日のがんばりの成果は2週間後、つまり6月1日に表れます。休校開け!どうなっているかな。学校再開に向けての見通しは、20日(水)~22日(金)の連絡日にお知らせできる予定です。

 牧野原小学生のみなさん、久しぶりに通学路を歩くので、車に十分気をつけてください。でも気をつけるのは、車だけではありません。感染予防ももちろんです。たとえば、お友達と一緒に来たいでしょうけれど、3密を避けるためにはできるだけバラバラに来てほしいのです。寂しいですけど、ちょっと辛抱です。学校に着けば、先生たちが待っていますから。不安なこと、心配なこと、休校中のいろいろなお話、何でも先生に伝えてくださいね!

5月11日 月曜日 学校携帯電話&郵送第3弾

 夏のような日でした。

 今日、学校に携帯電話が4台来ました。休校中、1~2週に一度、児童の健康状況や学習状況の確認のお電話をしているのですが、学校の電話回線は2本しかないので、交代でかけていても回線がふさがってしまいます。そこで、松戸市教育委員会から、学校規模に応じた台数の携帯電話が貸与されたのです。各家庭には、知らない番号からかかってきても出ないというルールがあると思い、保護者メールで番号を周知しました。人と接しない毎日、電話で声が聴けるだけで、とてもうれしくなりますね。

 さて、輪番勤務のため貴重な出勤日、健康確認の電話以外にも先生方は大活躍です。

 今日は、郵送第3弾。A4封筒に500グラムの重量制限内で何を入れるか悩みながら1週間かけて袋詰め、学年ごとの重さと数を申請し、ダンボールに詰めて20箱を車3台に積み込み、6人の先生方で郵便局まで運んでくれました。さらに、午前中には1年生のアサガオのたねまき、午後は2年生のミニトマトの苗植え。(これらは「○年生の様子」のページに詳しくアップされています。)牧小の先生方はとてもパワフル!

 

 

 5月7日 木曜日 連休が明けて…

 おうちで過ごす連休が終わりました。感染拡大防止につながったとよいのですが。そろそろもういいだろう…と思うにはまだまだ先は長いようです。もう少し辛抱ですね。ピンチをチャンスととらえて、前向きに。巷では、おうちでパンやケーキづくりをする人が増えて小麦粉不足とか、片づけをする人が増えてごみ集積所が大変とか。これもピンチをチャンスと考えた人たちかな。コロナウィルスと見える形でも見えない形でも、戦っている人たちを思えば、辛抱できますね。「家にいる」ことで、感染拡大防止に協力できるのですから。

 でも、もし、「家にいる」ことがつらかったり、「自分は大丈夫だろうか?」と不安になったり、心配事が胸の中で膨らんで来たりしたら、学校に相談してくださいね。休校でも、順番に先生方は出勤しているので、電話をすれば誰かしら出ます。

 本日付で、定型84円封筒に入るお手紙を郵送しました。封をしてから届いた教育長メッセージは、来週発送予定のA4封筒に課題等の配付物と一緒に入れさせていただきますが、一日も早く、たくさんの方に読んでいただきたいので、このホームページの「学校からのお知らせ」にも掲載してあります。ぜひお読みください。

 預かりの子が学校で見つけた四葉のクローバー♡

5月1日 金曜日 休校延長…コロナに負けないでがんばろう! 

牧野原小学生のみなさんへ

 桜がちって、若葉の緑が目にまぶしい季節です。みなさんお元気ですか?

 5月いっぱいに休校がえんちょうになりました。昨年度の3月から考えると、もう3か月もみなさんに会えていないのですね。1年生にはまだ一度も会えていません。こんなことは、今までありませんでした。本当に大変な時代に、私たちは生きているのです。

 家にいて、テレビをつければ、新型コロナウィルスのことばかり。大変な状況だということはわかっているけれど、あまりコロナ一色だと気持ちがめいってしまいますね。そんなときは、気分転換をしましょう。ホームページにのせた、スクールカウンセラー栗村先生の「とまり木だより」にいいことが書いてありますから、ぜひ読んでください。

 だれだってコロナウィルスになんか感染したくないし、人に感染させたくなんかない。でも、感染してしまう人が後を絶ちません。感染した人が悪いのでしょうか?感染させた人が悪いのでしょうか?私は、誰も悪くないと思います。悪いどころか、感染した人もさせた人も、とても気の毒な方たちだと思います。その方たちの家族や友だち、いっしょに働いていた人たちも、本当に気の毒です。不安で、心配で、たまらないでしょうね。自分や自分の家族が感染したら?と想像すればわかると思います。

 病院で治療にあたっているお医者さんや看護師さんは、本当にりっぱです。感染のリスクがあっても、患者さんの命を守るため、できる限りのことをしてくださっています。お医者さんや看護師さんのように直接ではなくても、間接的に、患者さんやそのご家族を支えてくださっている方もたくさんいらっしゃいます。頭が下がります。

 世の中が大変な状況にある今、一人ひとりが、自分に何ができるかを考えましょう。そして、できることをがんばりましょう。校長先生ができることは、牧野原小学校の子どもたちと先生たちを守り、励ますことだと思っています。そのために、できることをがんばっています。みんなの健康を祈るには、まず自分自身が健康でいなければと思って、しっかり食べてしっかり寝ています。手洗いうがいマスクもカンペキです。みなさんも、自分にできることは何か考えて実行してください。「感染しない・感染させない」「自分の命を守る」ために。

 先生たちは、牧野原小学生のみなさんがふたたび学校に帰ってくるその日を夢見て、毎日を過ごしています。困難に打ち勝ってふたたび戻ってきたとき、みんなは前よりもきっと、強く、優しく、なっていると思います。その日までもう少し、今は、おうちでの勉強と運動をがんばりましょう!健康第一!!

令和2年5月1日         

牧野原小学校 校長  雨宮 紀美子

4月28日 火曜日 「とまり木だより」から…子どもたちと保護者の方へ

 24日付のスクールカウンセラーさんのおたより、やはり読みにくかったですね。今読んでほしい内容なので、SC(スクールカウンセラー)さんの温かみある手書きではなくなりますが、視写してみます。

   じどうのみなさんへ   まきのはら小学校 そうだんしつ くりむらゆりこ

 コロナのことで、外出できなかったり、友だちとあそべなかったり、学校に行けなかったりの毎日がつづいていますが、みなさんどんな気持ちで4月をすごしていますか。おうちでゆっくり楽しめることを見つけている人もいれば、いつもとちがう毎日で、なんだかつまらないな、もやもやするなーという人もいるかもしれません。

 ・ちょっとしたことでイライラする、ムカムカする

 ・ちいさなことでもカッとしたり、シュンとしたりする

 ・よくねむれない

 ・一人でいるとこわくなる

 ・なきたくなったり、なみだが出たりする

という人もいるかもしれません。これは、学校の休みが長くて、あそびに行けない生活では、だれでも心がつかれてきて、だれにでもおこりうる、普通のあたりまえのしぜんなことです。

 わけがわからなくてうまく言葉にできなくていいので、しんどいときは、まわりの人に甘えたり、たよったりしていいし、大人(親や先生)に話してみましょう。わからないことは、たずねてみましょう。どんなちっちゃいことでもいいので…。

 そして右ページ「モヤモヤが大きくなってきたときは?」はこちらをクリックしてください。モヤモヤが大きくなってきたときは? [60KB pdfファイル] 

  どうですか?少し気持ちが楽になれそうかな?

 「とまり木だより~保護者の方へ~」の方も、手書きのものを起こしてみました。経験したことのない事態に心が不安定になっている大人の方、こちらをクリックしてください。ほっと安心できると思います。とまり木だより~保護者の方へ~ [99KB pdfファイル] 

 

4月27日 月曜日 ステイホーム(うちですごそう)週間

 また月曜日が雨になってしまいました。いよいよゴールデンウィーク突入、でも今年はステイホーム週間ですね。

 外国語指導者の委託業者から紹介された英語学習のリンクも、ホーム画面に貼りました。LINEYahoo!から、いろいろな休校中の子どもたち向けの学習支援ツールがつながっていたり、子どもたちの大好きなYouTubeを活用した授業動画配信も多いようです。松戸市は、今のところeライブラリですが、今後長引くようだとさらなるオンライン学習が開発されていくかもしれません。塾に近いような感じでしょうか。韓国など外国に比べると、日本はオンライン学習の整備が遅れているとか。

 新学習指導要領の目指す「主体的・対話的で深い学び」には、本当は直接的なコミュニケーションが必要だと思いますが、間接的なコミュニケーションでも、工夫とやる気次第で十分に成果は上がると考えます。「対話的」の「対話」には、教室での友達との対話、先生との対話のほかに、家に帰ってからの家族や地域の方との対話、さらには書物を通しての登場人物や歴史上の人物との対話、事実や事象との対話、表やグラフほか資料との対話、写真や絵との対話、ひいては自分自身との対話も含まれるのです。

 高学年になればいろいろと広がると思いますが、小学校生活のスタートは、やはり先生が教えたいですね。「がっこうだいすき・ともだちだいすき・せんせいだいすき」な1年生になってほしいです。しん1ねんせいのみなさん、まきしょうのせんせいいちどう、まっていますからね~♪

 それぞれの場所で、新型コロナと戦っているみなさん!がんばってください!!

 子どもたちができることは、3月のときと同じ「じぶんがかんせんしない・かんせんさせない」こと。そのために「おうちにいること」。じぶんにできることをがんばろう!!!

 

4月24日 金曜日 学童の休所とスクールカウンセラーさんからのお手紙

 昨日付で、ついに松戸市内の放課後児童クラブも臨時休所になったそうです。保護者が社会的要請の強い職業に就いている等の事情がある場合を除いて。牧野原学童は、今日も30人くらい来ていました。学校の預かりに来ている子の人数は、もうずっと一桁です。学習時間や昼食時間の場所の提供くらいしか協力できず、歯がゆい思いです。この状況では、隣近所やお知り合いでの預かり合いもできませんから、働くお父さんお母さんは本当に大変です。雇用主が、この2週間、何とかお子さんのいる方を休ませてくださるとよいのですが。学童の先生も疲労困憊です。免疫力が弱まらないよう、疲れをためず、しっかり食べてたっぷり眠っていただきたいと思います。

 本校のスクールカウンセラーさんから、温かいお手紙が届きました。手書きなので、写真に撮って貼ります。読みにくかったらごめんなさい。1枚目が児童の皆さんへ、2枚目が保護者の方へ。

 

 来週中には、5月7日以降の学校再開に向けて、何らかの方向性がお示しできると思います。閉塞感漂う中ではありますが、学校に子どもたちの笑顔が戻ってくる日まで、それはつまり安全安心に学校を再開できるその日まで、希望を捨てずにいましょう。

4月23日 木曜日 毎日が記念日

 今日はなんの日かな?と調べてみたら、世界図書・著作権デー、サン・ジョルディの日、世界本の日、子ども読書の日など、本にまつわる記念日ばかり。スペイン・カタロニア地方では、この日、守護聖人サン・ジョルディを祭り、女性は男性に本を、男性は女性に赤いバラを贈る風習があるそうです。「ドン・キホーテ」の作者セルバンテスの命日でもあるため、スペインでは「本の日」とされているとのこと。スペイン由来なのですね。スペインの新型コロナ感染者数は、まだ増え続けているのでしょうか。ヨーロッパは陸続きだから心配です。

 毎日が何かしら記念日です。「記念日調べ」これもおもしろい家庭学習になりますよ。まずは、自分と家族の誕生日あたりから調べてみては?意外な人物と誕生日が同じだったりして!

 子ども読書の日にちなんで、預かりで学校に来ている人の読書ノートをパチリ!なかよし図書室にいると、無限に読めていいですね。図書館が閉まっているから、学校の図書室の本を、3月の休校のときのように貸し出せたらよいのですが。緊急事態宣言の下ではそれもかないません。もう一枚は、何が隠れているのでしょう?ヒントは「○○○むし」、○○○には串に刺さった食べ物の名前が入ります。

 

4月20日 月曜日 雨の日と月曜日は…

 このタイトルを読んでピンと来た方はシニア世代?50年近く前でしょうか、アメリカの兄妹デュオ、カーペンターズが歌っていた曲のタイトルなのですが。なぜか、月曜日が雨ってこと、多くないですか?何か気象学的にあるのかな?でも、やまない雨はないですから。雨降って地固まるとも言いますし。ましてや今は、「うちで過ごそう」が合言葉。雨も悪くないと思い、家でゴロゴロしましょう。カーペンターズの音楽でも聴きながら。

 今日も学校は静かです。そろそろ早い人は学習課題が終わってしまい、手持無沙汰にしていますか?考えようによっては何でも勉強になります。この期間に、食事の支度をたくさん手つだって、料理の達人を目指すのもありです。部屋の片づけや家の掃除で、断捨離のプロになるのもいいですね。手作りマスクをたくさん縫ったら、裁縫の達人になれるかも。家庭科は5・6年の教科ですが、生きていくために必要な大切な勉強です。

 明日は晴れるかな?

 

4月17日 金曜日 子どもの学び応援2

 臨時休業中のeライブラリ活用状況について、やっている人とやっていない人との二極化があるようです。頑張っている人はすでに今月の累計時間が600分を超えています。毎日やったとすると1日40分くらいの計算になるでしょうか。他の課題もある中で、よく続けていて偉いなあと思います。ただ、アクセスが集中する午前9時ごろはつながりにくいようです。

 松戸市教育委員会「新型コロナウィルスによる休校期間中の学習支援について」や文部科学省「子どもの学び応援サイト」でもおすすめサイトが紹介されています。「e‐board」もログインせずに気軽に使えるのが特徴のようなので、「学校からのお知らせ」でご紹介しました。大手塾や教科書会社等々のサイトを含め、各家庭でも、様々な学習支援ツールを活用されているでしょうか。学習状況について…

1 自分で主体的に学習方法が確立している人⇒自分の学び方を大切に。

2 ネット環境はあるが、やり方がわからない⇒学校にお問い合わせください。

3 ネット環境がないので、できない⇒個別支援登校ができるようになったら、学校で個別支援をします。プリント、教科書、ノートやドリルを使ってできることをがんばろう。

 

  

4月16日 木曜日 子どもの学び応援&7学年からのメッセージ 

 各ご家庭におかれましては、郵送したプリントやドリルのほかにも、家庭学習を進めさせていただいていると思いますが、休業が長期化しており、改めて家庭学習支援サイトを「学校からのお知らせ」でご紹介しました。児童の学びの機会を一つでも多く提供できればと思います。eライブラリ(松戸市教育委員会推薦)、ちばっ子チャレンジ100(千葉県教育委員会)、子どもの学び応援サイト(文科省)です。休業がさらに長引くことも視野に入れ、新しい教科書やドリルも自宅学習で進めてください。学校が再開したら、休業中に学習したこと(予習したこと)の確認という形での授業になると思います。

 みなさん、くりかえしますが、自分で考えて、自分のために、べんきょうするのですよ。おうちの方も先生たちも、それをてつだい、おうえんします。一に健康、二に健康、三四がなくて五に勉強です。健康のひけつは、うがい手洗いに「ぱくぱく(よく食べ)」「すやすや(よく眠り)」「すとん(運動をしてすっきりウンチを出そう)」です。

 昨日今日で、各学年のページに先生方の写真付き応援メッセージをお届けしています。7学年は、またここに載せますよ~!さて、だれかわかるかな?

 職場への出勤者を最低7割削減する旨の要請がなされ、学校も在宅を推奨し、分散体制を見直しました。出勤日も長時間職員室にいることのないように、パソコンや電話を使う仕事と、教室でする仕事を分けています。在宅の日は、自宅で教科書を読んだり、授業の構想を練ったりしています。子どもたち一人ひとりの顔を思い浮かべながら。全員がそろえる日が来るまで、がんばろう!牧小!!

4月15日 水曜日 7学年の先生からのメッセージ

 7学年?何だ?それは?小学校では、学級担任ではない先生のことをそんな風に呼びます。「〇年生の様子」というページがないので、ここに載せます。どなたがどんなメッセージを送っているか、伝わるかな。

 

 運動をして、よく食べ、よく眠り、うがい手洗いをしっかりしましょう!というメッセージ、伝わりましたか?実はこの絵を正面から見ると……

 正面からでは何の絵かわからないけれど、ななめ右とななめ左から見ると、先ほどのような絵に見えるのです。おもしろいアイデアですね。ご協力いただいたのは、家庭科の先生と保健の先生でした!ありがとうございました。

 

4月14日 火曜日 子どもたちを待つ校舎&eライブラリのおすすめ

 荒天からの好天。日本語は面白い。同じ「こうてん」でも、全く違うお天気を指す言葉になるなんて。「荒天から好天に好転する」。漢字には一つ一つ意味があるので、こんな言葉遊びもできますね。とんちの好きな一休さんの「このはし わたるべからず」も有名ですね。大人の私でも、「追及・追求・追究」や「保証・保障・補償」なんて、使う前に辞書で意味を確認したりします。難しい言葉で言うと、「同音異義語」といいます。漢字の意味で考えれば、さほど難しくないかな。「同じ音で意味が異なる語」のことです。「お食事券」が「汚職事件」になっちゃうような、パソコンの変換ミスの笑い話もそうですね。日本語は本当に面白い。同音異義語調べ。こんな家庭学習もありですね。

 昨日、eライブラリの学習状況を見てみました。クラスや学年にもよりますが、半数くらいの子が活用している実態がみえてきました。ネットにつながる環境が常時あるご家庭ばかりではないと思うのですが、まだ使っていないという人、おすすめします。先生方からコメントもありますよ。ちなみに昨日は、校長出題問題に答えてくれた人がいてうれしかったです。

     

4月13日 月曜日 配付物郵送完了&家庭学習のヒント

 朝から雨が降っています。午後になり風も強まって来ました。学校には、半分の数の先生方が出勤していて、先週準備した配付物を、手分けして郵便局へ運び、配送の手続きをしてくれました。牧小の先生方は、仕事の段取りが速く、いざというときみんなが協力するところも、本当にありがたいです。

 昨日までに1年生のご家庭もメール登録が済み、本日午前中に一斉メールを送信したところです。入学手続き会でeライブラリのパスワードもお渡ししたところ、もう早速使って入学前の予習をしているお子さんがいて、感心しました。2~6年のみなさんは、だいぶ使っている人が増えてきましたが、まだ一回もアクセスしていない人もいるので、ぜひ活用してみましょう。ネットにつながる環境があれば、いつでもどこでも学習できます。千葉県教育委員会や文部科学省の家庭学習支援サイトも、このホームページのホーム画面にリンクが貼ってありますので、ぜひ活用してください。

 先生方は、休業中の課題として、ドリルや音読や読書、プリントなどを送っていますが、与えられた課題をやれば終わりと思っている人がいたら、それは違います。勉強は本来、自分で考えて取り組むもの、自分のためにやるものです。先生方は、その手助けをしています。昨年度末にも伝えましたが、家でじっくり取り組める今だからこそできるような学習をしましょう。少し紹介します。

1 新学期に配られた教科書を読み込もう!

 ①配られた教科書を徹底的に読む。

 ②大事だと思うところにアンダーラインを引きながら読む。

 ③アンダーラインを引いたところを中心に、ノートにまとめる。

 ④読んでみて、書いてみて、「わかったこと」「疑問に思ったこと」「もっと知りたくなったこと」「感想」などもノートに書くと、さらによい。

2 自分の好きな勉強をしよう!

 ①自然が好きな人は、今の季節「春」について、春に咲く花、春になると見かける昆虫や生き物、春が旬(その季節に食べるるとおいしいもの)の食べ物(野菜や果物、魚等々)、春に特有の天気など気候の特徴、春の夜空をいろどる星座など

 ②社会が好きな人は、歴史上の人物を調べ、その人について書かれたさまざまな書物を読む。地理が好きなら、地図を見て気づいたことを書いてみる、調べてみる。鉄道好きなら、時刻表を見て同じように、気づきを書き留めたり、さらに調べたりするなど。

 ③書くことが好きな人は、日記や詩、作文などを書く。高学年なら、随想(エッセイ)や紀行文、小説に挑戦したり、俳句や短歌でも。①と関連しますが、「春」の季語(季節の言葉)を集めてみるなど。

 ④読むことが好きな人は、読書三昧。長編小説やシリーズものを読破するチャンスです。同じ作家のものを片っ端から読むというのもあり。小さいころに読んだ本を改めて読むと新しい発見があるということも。いつもは手にしないような本に手を伸ばしてみるというのも視野を広げます。

 ⑤算数が好きな人は、教科書やドリルの練習問題を解くだけでなく、自分で問題を作ってみるとおもしろいですよ。絵や図入りで。たしざん、ひきざん、かけざん、わりざん、身の回りにたくさんヒントはあります。ピザやお誕生日ケーキを分けるときには分数の学習ができます。

 ⑥モノづくりが好きな人は、家にある材料で、図工の教科書や家庭科の教科書を見て、作ってみたいものを作ってみる。それが何かに役に立つものなら、だれかに喜ばれるし、なんの役にも立たなくても、自分が作ることを楽しめたのならそれでいい。

 

4月10日 金曜日 配付物発送準備

 感染拡大防止対策で、配付物を郵送することになりました。松戸市教育委員会で急遽、児童数分の料金後納郵便500グラムまで390円分の予算取りをしてくださったそうです。ありがたいことですが、今度は郵便配達員の方が疲弊していしまわないか心配です。もっとも、学校により、中身も違えば、一件一件ポスティングする、保護者に学校まで取りに来てもらう(その際提出物を持って来てもらう)等、配付方法も様々なようです。先生方は、何を詰めようかぎりぎりまで考え、印刷し、宛名シールを作って貼っています。始業式にどこまで配付できたかにより、学年でも中身は多少違っていますが、漢字ドリルなど、休業中に進められるものは進めましょう。漢字ノートの使い方は、前学年に準じた形でいいと思います。計算は、未履修でできるページはほぼないと、今回は配送していません。読書ノートは間に合ったので、ぜひ活用してください。1年生は、おうちの方が書いてくださればありがたいです。

 eライブラリの活用について。年度更新したら、昨年度の履歴が消えてしまったとショックを受けた子がいたようで、申し訳なかったです。でも、それだけ頑張って使ってくれていたんだなと、うれしくなりました。今年度も、ぜひ使ってください。先生方も、応援メッセージを送ります。

 ついに、学校職員も在宅が推奨され、本校も来週より輪番勤務となります。

 

4月9日 木曜日 入学手続き

 入学式の延期に伴い、入学手続き会をこのホームページでご案内した通り行いました。緊急事態宣言の中、皆さん来てくださって、ほっといたしました。午前中はお天気も良く、この空のもとで入学式ができていたはずなのになあと思っていました。今年の牧小の桜は、三寒四温のおかげかとても長く咲いてくれていて、まるで、コロナウィルスに翻弄される私たちを癒そうとしてくれているかのようです。

   

 今、学校では、5月6日までの完全休校の中での学習課題や生活の仕方など学校からの配付物と、市長と教育長からのメッセージを、各家庭に配付する準備を進めています。「感染しない・させない」を合言葉に、今できることを頑張りましょう。

 学童の先生方が疲弊していることが心配です。緊急事態宣言が発令された翌日も80名近くが登所しているとのことでした。外遊びを多くするなど努力はされているようですが、お弁当の時間は相当密集密接しています。感染リスクを考えると、自宅で過ごすのが賢明なのは明白です。どうしても難しいというご家庭もあるとは思いますが、子どもたちと学童の職員の方々の感染リスク低減のために、自粛に協力できるかどうか今一度考えてみてもよいのではないでしょうか。学校にできることとしては、場所の提供を柔軟にしています。預かりについても、感染防止対策を徹底して受け入れています。

 

4月6日 月曜日 着任式・始業式

 臨時休業中の登校日としての今日。お天気でよかったです。新しくいらした先生方との出会いは放送。でも事前に撮影した写真を大型テレビの画面に映して、着任された先生方のご挨拶を聞きました。

 始業式も放送。担任発表は、「〇年〇組 〇〇先生!」と放送で紹介するとガラっと教室の扉が開いて「はい!」と担任が入ってくるという演出。本来ならば、自己紹介をしたり、学級目標をたてたり、親睦を深めるレクリエーションをしたり、ということに時間を費やすはずの日。でも、今回は、コロナ対応の連絡事項や配付物や確認事項がたくさんあって、あまりゆっくり過ごせなかったかもしれません。「3密」に配慮しなければいけませんし。そして、明日からまた登校しない日が続きます。

 金曜日に決めたことが、土日の状況で覆り、対応に追われて迎えた今日でした。でも、まだまだわかりません。明日どうなるかも。混乱の中、保護者や地域の方々が、状況を受け止め、学校の対応に理解を示してくださることは本当にありがたいです。このホームページの「学校からのお知らせ」の方に重要文書等掲出しておりますので、更新状況をご確認ください。

     

 

4月3日 金曜日 始業式前日

 松戸市立小中学校は、臨時休業中の登校日という形で、分散登校を当面行うことになりました。ウィルスという見えない敵と戦う、国難ともいえる今の状況下で、国も県も市も、医療従事者も、サービス業者も、報道関係者も、お年寄を抱える家庭も、介護職の方も、子どものいる家庭も、独居老人の方も、障害のある方も、妊婦さんも、保育園や学童も、デイサービスも、みんなそれぞれにできることを頑張って、一日も早く安心安全な社会を取り戻したいものです。

 学校は、子どもたちの学力を伸ばし、心を耕し育み、体力や気力を充実させるところ。でも今はまず、安心させるところでありたいと思います。ただでさえ、入学や進級で環境が大きく変わることから、期待と不安も大きい年度初め。長引く休業期間で子どもたちがどれほどのストレスを抱えていることか。運動不足も懸念されます。いつの時代も、どんな状況下でも、子どもは地域の宝です。学校は、地域の核となり、どの子も安心して学べる場所でありたいと思います。この休みが明けたら始業式。

   

 

4月1日 水曜日 令和2年度スタート!

 牧野原小学校の令和2年度がスタートしました。お天気は雨ですし、世の中はコロナウィルスで不安定不確実ではありますが、希望に燃えて本校に着任された方々を見ていて、このような時だからこそ、学校が地域の元気の源になれるよう、職員一同一丸となって頑張りたいという思いを強くしました。新生牧小始動、まずは6日の始業式、9日の入学式に向けて、準備を進めてまいります。予定が変わる場合は、連絡メールでお伝えします。新1年生と転入生については、メール登録がまだですので、このホームページにてお知らせいたします。