12月4日(水)体育授業研究~4年タグラグビー

 若手を中心とした先生方の研修で、タグラグビーの授業研究会をしました。実態に応じていろいろとルールを変えれば、どんな学年でも楽しめそうです。今日の授業でも、男の子も女の子も、運動が得意な子もそうでない子も、どの子も楽しく体を動かしていました。チームごとに作戦を立て、試合前のあいさつはもちろん、試合中の仲間への声掛けも温かく、終わった後はノーサイド。まさに「one team」!

 放課後の研究協議会では、よかったところ、課題点などを参観した先生方みんなで学び合いました。こちらもまさに「one team」!という感じでした。

   

 

12月4日(水)サケの卵がやって来ました

 毎年の冬の風物詩、サケの卵が今年もやって来ました。暗くて寒いところに水槽を置いて育てます。希望する子は瓶を持ってくると理科委員会の子が分けてくれます。何日で孵化するか楽しみです。

 

12月2日(月)不審者対応避難訓練

 警察の方を招いて、不審者対応避難訓練を行いました。刃物を持った不審者が校内に侵入する想定でした。教室に不審者が侵入してきて先生の指示で避難した子ども達、子ども達を守るため不審者に立ち向かった先生方、校内放送や110番通報をする先生方、他の教室で待機する子どもたち、状況に応じて子どもたちに指示をする先生方、みな真剣でした。このような事態にしては絶対いけない、だからこそ日頃から訓練をしておかなければならないのだという思いを強くしました。

  

11月27日(水)先生方の実技研修

 放課後の体育館で、先生方が体育の実技研修を行いました。タグラグビーです。

 

 

 学校の先生方は、子どもたちが帰った後どんなことをしているか。今日の振り返り、明日の授業準備、お手紙や学習プリントの作成・印刷、ドリルやテストの丸つけ、ノートやワークシートのチェックやコメント書き、学年や委員会の仕事、自分の分掌校務、家庭や学童への電話連絡や訪問、教育委員会への提出物作成、コンクールや作品展の作品取りまとめ、等々…そして、自分の授業力向上のための研修も欠かせません。

 今日は、体育実技の研修だったので、みんなで体を動かして、楽しく研修できました。タグラグビーは、これからの時期体も暖まりますし、学年に応じてルールを工夫できそうです。今年は、ワールドカップ日本開催でラグビーが一気にメジャーになったので、子ども達も喜んで取り組めそうです。

  

11月16日(土)牧小祭り

 暖かな秋の日差しのもと、牧小祭りを行いました。

 児童会中心の行事ではありますが、内容は、各学年の学習を発展、深化させたものです。1年生は、お客さんとしていろいろなコーナーを回ります。保護者や地域の方々も同様です。2~6年は、前半後半に分かれて、半分は活動、半分はお客さんです。

 2年生は、初めて開催側になりましたが、なかなかどうして立派に「おもちゃランド」を運営していました。①工作用紙とストローの紙トンボ、②牛乳パックのサイコロパズル、③どんぐり人形とヤジロベエ。作り方の教え方がとても上手で、入学前の小さなお子さんも楽しく作って遊んでいました。生活の学習を生かしていました。

 3年生は、理科の学習を生かしたその名も「理科の国」。①「風の町」では飛行機を作って、たくさんある的(箱)に向かって飛ばします。②「重さの町」では、重さを当てたり、重さ比べをしたりして、身近なものの重さについて考えさせられました。③「ゴムの町」では、ゴムの伸び縮みを使ったピンポン球のまとあてをクイズと組み合わせていて、楽しく取り組めました。

 4年生は、「ミラクルランド」。国語の学習を生かした①落語「わらわらくご」、高座も座布団もあって、噺家さんたちも着物風のいでたちで、「ちゃんちゃかちゃんちゃか♪」音楽も本格的でした。大勢のお客さんを前に堂々と話せていて、すごいなあと思いました。②「日本の旅、わくわくドキドキ迷路」は地理のクイズに答えながら迷路を進みます。社会科の学習です。③「答えて進んですごろく」は、理科の学習を生かしたクイズに自分が駒になって進むすごろくで、どちらも工夫を感じました。

 5年生は、社会科と総合的な学習を生かした「パラリンピック&キャスター体験」でした。東京2020に向けて日本代表選手を招いて先日体験した①ゴールボールと、②シッティングバレーボールを教室にコートを作って、体験させてくれるものでした。③キャスター体験は、校外学習で行ったNHKスタジオパークで学んだことを生かし、自分たちがディレクターやカメラマン、タイムキーパーなどになって、お客さんにキャスター体験をさせてくれました。とてもおもしろい試みだったと思います。

 そして、6年生の「SAI」。歴史の学習を生かした①「歴史すごろく」は盤から駒まで班ごとに個性があふれていました。②「墨絵体験・黒板アート」は室町文化体験でした。短い時間でもそれなりのものが作れる満足感は、準備のおかげです。体育館では、③劇「雲の上の3人の武将」。歴史上の人物と現代社会を融合させて、クスリと笑わせる場面もあり楽しかったです。④跳び箱・マットとダンスでは、運動神経とリズム感に感心するばかりでした。先生を頼らず自分たちでどんどんいろいろなことができるところは、もう中学生になる日が近いことを感じさせました。

 保護者の皆様、地域の皆様にも大勢お越しいただき、子どもたちにとって大きな励みになりました。ありがとうございました。

                   

11月6日(水)持久走記録会

ぽかぽか陽気の中、3年生以上は金ケ作公園で、1・2年生は校庭で、持久走記録会を行いました。

金ケ作公園を借りる都合でこの日程になりましたので、練習期間から、耐寒マラソンというには似つかわしくない、温かい中での実施となりました。また、インフルエンザの流行で実施できなくなるかも…という心配もあったので、開催できてほっとしています。

練習期間中、どの学年も頑張りカードを作って、目標を決めて取り組んできました。どの子も練習の成果を出せたと思います。

また、大勢の保護者や地域の方々のご声援が、とてもありがたかったです。この場を借りてお礼申し上げます。

                     

 

10月31日(木)松戸市小中学校合同音楽会

森のホールで行われている松戸市小中学校合同音楽会Bブロックに、本校合唱部が出演しました。

学校でインフルエンザが流行っているので、全員マスク着用でしたしホールの中では写真撮影ができなかったため、写真はあまりないのですが。演奏そのものは素晴らしかったです。22校中14番目の演奏で、曲目は「ぜんぶ~卒業式バージョン~」とNHKコンクールで歌った「開け!あしたの扉を」。会場は、水を打ったように静かになり、美しい日本語を大切にした澄んだ歌声が響き渡り、ホールを牧小合唱部のいろに染め上げました。

学校の状況を考慮し、自校の演奏が終わり次第帰校するということになり、子ども達はステージを終えるとそのままホールを出て帰路につきました。その姿がけなげでなりませんでした。牧野原中学校をはじめ、後半の学校の演奏を聴かせてあげられなくなってしまったことがとても残念でした。しかし、きっと会場には牧小合唱部の美しい歌声の余韻を残すことができたと思います。

4月からずっと頑張ってきた合唱部。少しだけお休みしたら、次のイベント卒業コンサートに向けて、また練習再開です。お楽しみに♪

   

 

10月27日(日)学童まつり

正確に言うと「学校行事」ではないのですが。

牧小校庭で、牧野原学童のおまつりがありました。

学童の子ども達も、そうじゃない子ども達も、たくさん来ていてにぎやかでした。指導員の先生方初め保護者の方々も準備から当日まで、大変だったと思います。ありがとうございました。学校の先生方も大勢参加させていただき、学校とはまた違う表情を見ることができて、有意義な一日でした。

   

10月25日(金)大雨の中の授業参観

大雨の中、大勢の保護者の方が授業参観に来てくださいました。

本来でしたら、授業後には学級懇談会を行う予定でした。担任一同そのつもりで準備を進めていたのですが、大雨のため児童の安全な下校を最優先に考え、懇談会を中止し保護者と一緒に下校としました。大雨の中、授業参観とお子様の引き取りにいらしてくださった保護者の皆様には、心より感謝申し上げます。

次の懇談会は12月までありませんが、お子様のことで何か気になることがあれば、月1回の教育相談日にご来校いただくか、いつでも学校に報告・連絡・相談いただければと思います。

     

 

 

10月21日(月)避難訓練

地震の後、給食室から火災発生という想定で、避難訓練を行いました。

五香消防署から5名の方が見え、避難の様子を評価し、消火器訓練を指導してくださいました。

訓練も終盤、お礼のあいさつをしようという頃に、近隣からの通報があり、あっという間に5名の方は消防車で出動していきました。お礼の気持ちを伝えられず残念でしたが、常に24時間体制で任務遂行にあたる消防隊の生の姿を見ることができたのは貴重な体験だったと思います。五香消防署の皆さん、ありがとうございました。

   

 

10月16日(水)芸術鑑賞会

「長谷川幹人ピアニカバンド」の皆さんをお招きして、秋の芸術鑑賞会がありました。

バンドといっても、鍵盤ハーモニカのハセちゃん、ピアノのミカちゃん、パーカッションのヤッちゃんの3人。あとは音響スタッフの2人で総勢5名だったのですが、鍵盤ハーモニカ恐るべし!とても中身の濃い演奏会でした。日頃自分たちが使っている同じ楽器で、あんなにもクオリティの高い演奏をしていただけるとは、子ども達もびっくりでした。

午前に低学年、午後に高学年と2回公演でしたが、それぞれに反応が違っておもしろかったです。どちらも聴き方がよく演奏しやすかったとバンドの皆さんが言ってくださいました。また、「カノン」については事前に全学年が「ミレドシラソラシ」と「ソラミファドファソ」を練習しており、参加型の一体感ある演奏になったことも素敵でした。今日のように、いい音楽を聴いたり、美しい絵を見たり、心を打つ物語を読んだり。感性の柔らかい子どものうちに、感動体験をたくさんさせてあげたいと思います。

私の記憶が正しければ、今日は以下のようなプログラムでした。

1 (入場)サウス・ランパート・ストリート・パレード

2 ルロイ・アンダーソン・メドレー

3 ねこふんじゃった~タンゴ風のアレンジで~

4 赤とんぼ~鍵盤ハーモニカ三重奏~

5 日曜日の子ども~♪オリジナル曲①♪~

6 牧野原小学校校歌~子どもたちの歌声とともに~

7 パッヘルベルのカノン~子どもたちの鍵盤ハーモニカとのコラボ ビリーブ、翼をください、勇気100パーセントetc.~

8 ディズニープリンセス・メドレー

9 ラララ~子ども達の歌声とともに♪オリジナル曲②♪~

10 情熱大陸

アンコール ミッキーマウスマーチ

11 (退場)オブラディ・オブラダ

    

 

10月月2日(水)球技ブロック大会ダブル優勝!

 松戸市小学校球技Gブロック大会が、松飛台小学校で行われました。参加校は牧野原小、松飛台小、東松戸小の3校です。

 サッカー部は、東松戸小に1対0で勝ち、松飛台小にも3対0で勝利、昨年度に引き続き優勝できました。

 ミニバスケット部は、東松戸小に36対20で勝ち、松飛台小にも49対13で勝ち、昨年度の3位から大躍進、優勝できました。

 試合に出られた人は貴重な経験になりましたし、出られなかった人も精一杯応援を頑張っていました。みんなとてもいい顔をしていました。試合会場に行けなかった人もいましたが、今まで一緒に活動してきた友達のことを、学校に残って心の中で応援してくれていたと思います。短い期間ではありましたが、サッカー部ミニバスケット部の活動を通して、また一つ成長できました。今年度は中央大会はないため、今日で終わりますが、この部活動で得たことをこれからの学校生活にぜひ生かしてほしいと願ってやみません。

 指導し励ましてくださった先生、陰にになり日向になり応援してくださったご家族の方々、ありがとうございました。

 

9月30日(月)球技ブロック大会壮行会

 ブロック大会を2日後に控え、全校で壮行会を行いました。普段の練習風景を再現し、部長は大会への意気込みを述べてくれました。そして、児童代表のお話と応援団を中心として全校児童からの声援をもらっていました。牧野原小学校の代表として、精一杯のプレイをしてきてほしいと思います。

     

 

9月9日(月)13日(金)19日(木)20日(金)27日(金)

サッカー・ミニバスケット部練習試合&合同練習

 松戸市球技ブロック大会に向けて、毎日の練習の延長で、近隣の学校と練習試合をしたり、中学生が教えに来てくれたりしています。とてもいい経験になっています。勝っても負けても、そこから学ぶことはあります。

            

 

月2日(月)第2学期始業式

 牧野原小学校に、また子どもたちが戻ってきました。日焼けした顔、グンと伸びた身長、大きな自由研究を抱えてきた細い腕。それぞれの夏休みの思い出を胸に、こうして戻ってきてくれる。学校は子どもたちの港のようです。いや、港はちょっとおこがましかったかな。子どもの帰る場所は、本当は家庭ですね。でも、第二の我が家とは言わないまでも、学校が子ども達にとって安心できる居場所でありたいと思います。

 始業式に先駆けて、NHK千葉県音楽コンクール銅賞と、席書大会市長賞の表彰を行いました。

 始業式では、「学校は、みんなで頑張って出来た!という喜びや、みんなで頑張ったけど出来なかった!という悔しさを感じられる、素晴らしいところ」「今日から始まる2学期も、喜びや悔しさをいっぱい味わって、たくさん成長しましょう」というお話がありました。また、3年3組の皆さんが、「時間を守る」ことの大切さを、劇で教えてくれました。

     

8月30日(金)夏休み最終日~始業式前日

 長かった夏休みもいよいよ終わり、月曜日から2学期が始まります。

 「学校の先生は夏休み何しているの?」と、よく聞かれます。学校内外で様々な研修をして資質・能力を伸ばすことが一番多いですが、1学期の反省、校内の環境整備や2学期に向けての準備、校外学習の予察、保護者面談、等々結構やることはあります。もちろん夏休みですから、リフレッシュも。今月は明日明後日が土日なので、今日が実質夏休みの最終日。校内のあちこちで、2学期を迎える準備をする先生方の姿がありました。教室の床にワックスをかけたり、子どもたちの机や椅子、ロッカーを雑巾で拭いたり、トイレットペーパーを補充したり。

 みんな元気に始業式で会えることを楽しみにしています!

           

8月24日(土)地域のお祭りで合唱部が演奏しました

 牧の原2丁目町会・かぶと山町会共催「第31回夏祭り」に、本校合唱部が出演しました。ホールでの演奏とは勝手が違ったと思いますが、夏の終わりの夕暮れ時、地元の公園で、友達や家族、地域の方々を観客に歌う姿もまたいいものでした。温かい拍手をありがとうございました。

 夏休みもあと一週間です。始業式、元気で会いましょう!

8月8日(木)合唱部Nコン本選銅賞受賞!

 予選から約2週間、連日の猛暑の中頑張って練習し、さらに磨きをかけた歌声を披露する時が来ました。とは言え、本選に上がってくるのは上手な学校ばかりです。特に、自由曲はどこも本当に上手で、審査員は大変だろうなーと思って聴いていました。そういう意味では、課題曲の方が比較しやすいようです。自画自賛かもしれませんが、牧小の「わたしは こねこ」が一番楽曲のとらえ方がよかったと思います。歌詞の意味をとことん追求し、イメージを膨らませ、表現を工夫し、一番こねこのチッチらしく歌えていたと思うのです。そして、自由曲「開け!あしたの扉を」。出だしから鳥肌が立つほど美しいハーモニーで、あの大きな県文化会館大ホールを、一気に牧小合唱部の創る世界に染めました。

 結果は銅賞!「プログラム3番……」と一番最初に発表されたので、子どもたちは一瞬「?」1秒後に「おおっ!」となったようです。素晴らしい結果です。頑張った子どもたち、指導し応援してくれた先生方、見守り支えてくださった保護者の方々、みなさんの手でつかんだ銅賞ですね。本当にうれしいです。今までありがとうございました。合唱部の子どもたちは、やっと本当の夏休みかな。どうぞ満喫してください。

 なお、今日の本選出場校の演奏は、NHK-FM(千葉県内)8月27日(火)午後2:00~3:50 放送予定とのことです。ぜひお聴きいただければ幸いです。

 会場では撮影不可でしたので、出発前の様子です。

   

 

 

 

7月26日(金)合唱部Nコン予選通過!

 プログラム17番。牧小合唱部の美しい歌声が、会場に響き渡りました。閉会式。22校中、牧小を含め8校が、8月8日(木)の千葉県大会本選に出場を決定しました。牧小合唱部の強みは、一つ一つの言葉を大事にした、美しくきめ細やかな表現力だと思います。暑い中ですが、もうひと頑張り、ここからの10日間で、またさらにぐんと伸びるのが子どもたちです。本選も期待します。

  

 

7月25日(木)合唱部Nコン予選前日リハーサル

 夏休みに入ってからも練習を続けている合唱部。明日はいよいよコンクールの予選です。校内の先生方が見守る中、リハーサルを体育館で行いました。19日の壮行会から1週間で、さらに歌声が磨かれ、表現力も増したように思いました。明日の演奏が楽しみです。応援よろしくお願いします。

   

7月19日(金)合唱部壮行会&1学期終業式

 夏休み中にコンクールに出場する合唱部の壮行会を、終業式に先駆けて行いました。蒸し暑い体育館でしたが、合唱部の涼やかな歌声が響き渡り、その美しさに一瞬暑さを忘れました。児童会代表と牧小応援団が精いっぱいのエールを送りました。きっといい演奏をしてきてくれると思います。みんなで応援しています。

 終業式では、校長先生からお話がありました。1学期を振り返り、いつも牧小には笑顔があふれていたこと、夏休みに大切にしてほしい3つのこととして、①家の手伝いを続けてすること②たくさんの経験をしてほしいこと③事故に会わないこと、についてでした。

 生徒指導部からは、「すいか」と「なし」のお話がありました。「すいか」は、「す」きなことしたいこと「い」ろいろチャレンジ「か」らだをうごかして、そして「なし」は、こうつうじこ「なし」けが「なし」あぶないあそび「なし」でした。

 校歌は、いつもと違う指揮者と伴奏者による、温かく素敵な思い出に残る合唱となりました。

 1学期、保護者の皆様や地域の方々に見守られ支えられながら、無事終えることができました。心より感謝申し上げます。

 2学期始業式、子どもたちがまた元気に登校してきてくれることを待っています。

  

 

6月27日(木)全校朝会

 今日は牧野原小学校の創立記念日です。校長先生から牧野原小学校の校章の由来や意味について話がありました。また,先日の松戸市小学校体育大会の表彰が行われました。生徒指導担当の先生からは,今月の目標「整理整頓をして,気持ちの良い教室にしよう」についてお話がありました。これから学期末に入りますが,机やロッカーなど身のまわりから整理整頓を心がけるように各学級で指導してまいります。最後に,児童会からいじめをテーマにした劇の発表がありました。今後,全クラスでいじめを防ぐために何が大切かを話し合い,標語作りに取り組んでいきます。

  

 

6月21日(木)サッカー・ミニバスケット部活動説明会

 秋の球技ブロック大会に向けて、サッカーとミニバスケットボールの部活動が始まります。希望者対象の説明会を体育館で行いました。今年度は、東京オリンピックの関係で、松戸市では小学校体育大会と球技ブロック大会が入れ替わり、また、球技中央大会は行わないことになっています。ですから、ブロック大会優勝を目指して頑張ってまいります。7月から練習開始です。

 

 

6月20日(水)レインボー集会

 今年度第1回のレインボー集会がありました。1年と6年、2年と4年、3年と5年が、ペア学年となり、グループで交流します。高学年がリーダーシップを発揮するとても良い活動です。第1回は教室で、顔合わせとミニゲームを行っていました。第2回も楽しみです。

  

6月18日(火)クラブ活動

 今年度第1回のクラブ活動がありました。4年生以上が対象です。今年度は、年間8回を予定しています。サッカー、ミニバスケット、バドミントン、レクリエーション、卓球、昔遊び、手芸、まんが、ボードゲーム、理科、ダンス、読書、パソコン、調理の14のクラブが活動しています。

 一部ですが、活動の様子をご紹介します。

    

 

6月5日(水)小学校体育大会

 松戸市運動公園に市内45校の代表選手が集まって、小学校体育大会が行われました。牧小の選手たちは、練習の成果を発揮し、多くが自己ベスト記録を更新していました。そして、男子1000メートル3位、女子80メートルハードル3位、女子走り高跳び3位、女子ボール投げ7位と、4名もの選手が入賞しました。さらに、女子は総合でも6位となりました。

 会場から学校に入賞の連絡をすると、速報を教頭先生が校内放送で伝えてくださいました。各教室からは、温かい歓声と拍手が湧き上がったということです。

 

6月3日(月) 陸上部壮行会,全校朝会

 先月の歌「にじ」の全校合唱の歌声で,集会がスタートしました。壇上で歌う音楽委員会とともに,振り付けを入れて元気よく歌っていました。陸上部の壮行会では,各種目の代表選手が抱負や目標を堂々と発表しました。その後,応援団を中心に全校で陸上部の応援をしました。全校朝会では,生活委員会による6月の生活目標の発表がありました。6月の生活目標は「雨の日の過ごし方を工夫しよう」です。梅雨入りも近づいていますが,雨の日だからこそ楽しめる遊びを各クラスで考え,安全に学校生活が送れるように指導してまいります。

   

4月26日(金) 1年生を迎える会

1年生を迎える会がありました。ピカピカの一年生が元気よく、仲間入りしました。

各学年からのプレゼントや、ゲームや学校紹介など盛り上がり、とても素晴らしい会になりました。

早く学校生活に慣れるといいですね。

 

 

4月11日(木)入学式

 青空に桜吹雪が舞う佳き日,大勢のご来賓、保護者の方々に温かく見守られて、平成31年度入学式を行うことができました。

 式の中では、2年生が、歓迎の気持ちを込めて劇「けんかした山」と歌「やあ!」を発表しました。1年生の子どもたちは一生懸命に演技する2年生のお兄さん,お姉さんの姿に見入っていました。また,6年生は最高学年として前日準備や当日の1年生の補助など,それぞれの役割を責任を持ってやり遂げました。とても立派でした。
 これで1年生から6年生までの全校児童625名が揃いました。1年生はいよいよ6年間の小学校生活のスタートです。「がっこうだいすき」「せんせいだいすき」「ともだちだいすき」な「だいすき いっぱい!」の牧野原小学生になってほしいと思います。全職員が一丸となって、見守り、育ててまいります。

             

 

 

 

4月5日(金) 着任式・始業式


よく晴れたこの日,牧野原小学校では【平成31年度 着任式・始業式】がありました。

今年度の終わりは「令和元年」になっているのだと思うと,
また少し、特別な気持ちにもなりますね。


着任式では,校長を始め,今年度よりチーム牧小の仲間となる9名を
全校児童に紹介しました。

 

   

 

新しい先生それぞれの個性的な挨拶に,子どもたちも目を輝かせて聞き入ります。
その様子に,「学校らしさ」の本質を感じました。

 

 

春休み中静かだった学校に子どもたちの活気が戻ると,
心なしか校舎や体育館が一気に明るく見えてくるから不思議です。


そんな瑞々しい空気の中迎えた始業式では,
子どもたちお待ちかねの担任発表です。

 

   

 

どよめきや歓声の中,次々と各クラスの担任の先生が発表され,
これで今年度を迎える準備は整いました。


あとは来週きらきらの笑顔でやってくる新入生を迎えれば、
平成31年度の牧野原小学校の仲間は全員揃います。

各家庭、地域の皆様におかれましては、折に触れご協力いただくことも多々あるかと思います。
学校,家庭,地域で繋がり合い,広がる笑顔の輪の中でたくましい子どもを共に育てていきたいと
考えておりますので、
今年度もお力添えいただけますよう,よろしくお願いいたします。