3月30日(月)令和元年度修了まであと1日

 桜吹雪と春の雪と。三寒四温とは言いますが、別れを惜しむかのようなお天気です。転退職する教職員ともいよいよお別れです。4月からそれぞれの職場で、頑張ってほしいと思います。

 

 

3月24日(火)令和元年度修了式・辞校式

 3週間ぶりに学校に子どもたちの歓声が帰って来ました。校舎も校庭も喜んでいるようです。やっぱりこうでなくちゃ!

 でも、「密閉・密集・発声」対策で、式は放送、校歌斉唱はありません。校長と生徒指導主任からの話を、子どもたちは静かに聞いていました。そのあとは、配付物や集荷物。クラスのお別れに際し、歌えないことが本当に残念。歌声の聴こえてこない教室なんて。いつ歌える日が来るのかな。待ち遠しいです。

  

 そのあとの辞校式には、卒業生も来てくれました。校内には入れないとわかったうえで来てくださった保護者の方もいらっしゃいました。転退職の先生方は、放送で挨拶されました。本当は、子どもたちの顔を見ながらお話をしたかったと思います。子どもたちの聞いている様子を教室まで見に行くと、みんな静かに放送に耳を傾け、お話が終わるたびに拍手をしていました。

 最後まで働いてくれたのは、5年生。新年度用に机椅子の移動をしてくれました。どうもありがとう。名実ともに最高学年です。頼りにしています。

 新年度1学期始業式は4月6日(月)です。様々な課題山積ではありますが、令和2年度を迎える準備を進めてまいります。子どもたちは引き続き、健康管理に努めましょう。ご家族、地域の皆さまも、どうぞ健康第一でお過ごしください。がんばろう!牧小!!

     

 

3月23日(月)修了式前日・臨時休校最終日 

 3週間にわたる臨時休業の最終日、預かりの子どもたちは今日も元気に帰っていきました。毎日お弁当ありがとうございました。

 普段でしたら、「やったあ!明日から春休みだ!」と楽しみなはずですが、今回は、ずっと休業で学校が恋しくなっているに違いないので、「やっと先生や友達に会えたのに、また明日から休みかあ……」となってしまうかな。それでも、久しぶりに子どもたちが学校にやってくるので、先生方はいそいそと迎える準備をしていましたよ。

    

 修了式も、今年度末で転退職の先生方とのお別れの式も、放送で行います。転退職の先生方については、本日連絡メールでお知らせいたしました。異動先については、新聞発表までお待ちください。出会いと別れの春です。今年は特に切なさが募ります。

3月18日(水)令和元年度松戸市立牧野原小学校第45回卒業証書授与式

  

   晴天に恵まれ、今年度の卒業式を無事挙行することができました。123名の卒業生の6年間を彩ってくださった全ての方々に、深く感謝いたします。ご来賓もご祝辞もなく、在校生に見送られることもなく、よびかけも歌うこともできなかったけれど、ぶっつけ本番の卒業証書授与は立派にできました。先生方と最小限のご家族ではありましたがおうちの方に祝福されて、笑顔で巣立っていきました。今回ほど、この式場にはいらっしゃらない方々の存在を大きく感じた式はありません。見えるところで、見えないところで、子どもたちの門出を祝福してくださっている皆様、6年間見守り、支えてくださり、ありがとうございました。

 16日ぶりに会う顔、顔、顔。懐かしかったです。子どもたちも、先生やも友達に会えてうれしそうでした。

 式の前に、各教室で、皆勤賞を授与しました。11名の皆勤者がいました。6年間元気に登校した皆さんももちろん立派ですが、日々の健康管理をしてくださった保護者の方のおかげです。ありがとうございました。

       

 中学校入学までは、牧小の子どもです。引き続き、健康管理に努めましょう。保護者、地域のみなさま、どうぞ見守りをよろしくお願いいたします。

   

 *開式前にご覧いただいた、子どもたちの呼びかけと歌の練習の動画ですが、CDを卒業対策委員の方にお預けしています。ダビングご希望の保護者の方は、各クラスの卒業対策委員の方にお問い合わせいただければと思います。

                                

3月17日(火)卒業式前夜

 全ての準備が整いました。演台の花も届きました。また、それとは別に、地域の方が、お祝いにお花を届けてくださいました。感染症対策のため、ご来賓をお招きできずとっても申し訳なかったのですが、こんな素晴らしいプレゼントをいただき、とても恐縮でした。ありがとうございました。改めて、地域に育てられ、守られている学校であることを感じました。

 いよいよ明日。すでにご案内のとおり、式次第はだいぶ変更しています。飛沫感染防止のため、国歌も校歌も歌いません。校長式辞は学事報告と一緒に原稿を配付し、式では短縮形でいたします(後でゆっくりお読みください)。ご来賓がいらっしゃらないため祝辞はありません。市長祝辞と教育委員会告示は、学事報告と一緒に配付いたします。「別れの言葉」もないので、よびかけ原稿と歌うはずだった曲の歌詞を、やはり学事報告と一緒に配付します(ビデオ視聴の際ご覧ください)。

 卒業生のみなさん!明日に備え、今夜は早く寝ましょうね! 

 

 

 

3月17日(火)卒業式前日

 昨日は風が強く、寒かったですね。今朝も霜が降りていました。明日の卒業式に向けて、先生方と高学年の預かり児童で最後の準備をしています。6年生の担任は、朝から各家庭に健康状況確認の電話をしています。学校は2回線しかないので、123人ともなると一日がかりです。でも、先生たち、子どもやおうちの方と話せるのがうれしそうです。電話の向こうもきっと!

 

【みんなでおそうじ】本来なら5年生のみんなが大活躍していたはずなのですが、預かり児童が代表で頑張ってくれています。

【祝電コーナー】式の中でご紹介しません。受付から体育館へ向かう通路に掲示してあります。ぜひお読みください。カメラで撮って、拡大プリントしたものを6年教室にも貼ってあります。子どもたちはそちらを見てください。

 

【出番を待つ看板】正門前に朝、出します。写真撮影で並ぶかもしれませんが、あまり密集せず、短時間で撮影にご理解ご協力ください。

【保健室前のコーナー】養護の先生が作ってくれた素敵なコーナー!ぜひ見てほしいです。養護の先生は、一人ひとりに、6年間これだけ大きくなりましたのメッセージカードをくださいました。そのカードに結んであったリボンの長さは、その子が6年間に伸びた長さになっていました。123人分!急遽の休校措置に間に合わせるため、夜遅くまでかかって。

 

【式場のようす】①エントランス、ひな壇に、教頭先生と用務員さんの丹精込めたお花が美しく咲いています。②椅子は精一杯間隔を開けて置いてあります。③飛沫感染防止のため歌と呼びかけができないので、練習を録画したものを観ていただくために側面ににわか仕立てスクリーン。④正面は計画通りです。⑤式次第は、縮小されたもの(学事報告には、本来の式次第になっております)。飛沫感染防止のため呼名の際の返事で大きな声を出さないように、マイクで返事の声を拾います。⑥背面には、卒業生の絵手紙作品。味があります。

①④

 

 

 

 

3月16日(月)休校2週間 卒業式前々日

 休校になって2週間が経ちました。土曜日はときならぬ雪でした。そんな中桜の便りも聞かれる頃です。各ご家庭で、不要不急の外出を控えてくださり、お子様の健康管理をしてくださっているおかげで、予定通り卒業式が行えそうです。子どもたち、学習時間、気分転換の時間、家の手伝いの時間等、自分の生活時間の管理(かっこよく言うと「タイムマネジメント」)はできているでしょうか?人ごみや閉じられた空間は避け、散歩など、適度に戸外の空気を吸うことは、おうちの方と相談して、行うとよいと思います。

 卒業式の前々日の今日。昇降口の掃除、6年生の教室の装飾、卒業証書の最終確認を行っている様子をお知らせします。

     

 

3月13日(金)卒業式の準備着々

 本日は6年生の下駄箱の昇降口を預かり児童と職員で清掃したり,卒業式の際に体育館の壁面に装飾する6年生一人ひとりの絵手紙を掲示したりました。準備が進んでくると,気持ちが高まってきます。

  

  

 

3月11日(水)震災から9年 休校2週め 卒業式まで1週間

 東日本大震災から9年が経ちました。何年たっ経っても忘れられないし、決して忘れてはならない日ですね。午後2時46分に黙とうを捧げるよう呼びかけがありました。それぞれの場所で、祈りましょう。

 休校2週目に入り、学校から出された課題は早々終わってしまったという子もいるようです。しかし、自分が何を学ぶか、今だからこそできる学習を考えましょう。この機会に、感染症について調べてレポートにまとめてみる、毎日のニュースで気になったものをスクラップし自分の意見を書く、自身の健康管理のために毎日食べたものを書いて栄養バランスを振り返る、日記を書く、手紙を書く、長編小説を読む、百科事典や辞書を端から読破する、ぞうきんを縫う、家族のために食事の支度や掃除・洗濯をする、等々。

 今、このピンチのときに、家族の在り方が問われているように思います。家族の絆を深めるチャンスと。

 日本中のお子さんのいる家庭で、様々な苦労があり、それぞれに工夫して毎日を過ごされていることでしょう。おそらくは、おじいちゃんおばあちゃんが大活躍していらっしゃるのではないでしょうか。学童の指導員の方々も、使命感を持ってとりくんでいらっしゃると思います。おうちの方々も、在宅勤務、テレワーク、子連れ出勤、等々働き方を工夫できる方ばかりではないかもしれませんが、できることをやってくださっています。本当に頭が下がる思いです。

 学校に預かりで来ている子について、あまり手厚くしても「先生が教えてくれるならうちも行かせたい」となって人数が増えては休校措置の意味がなくなってしまうので、基本的には自習です。しかし、気分転換に業間昼休みは体を動かして遊んだり、お弁当は別室で集まって食べたり、時には作業を手伝ってもらったりしています。

 昨日、卒業式について保護者メールを送りました。非常時であること、最小限に縮小することの具体。メールを受け取った保護者の皆さんのお顔を思い浮かべました。ご理解いただけたこと、深く感謝いたします。どんな形であれ、卒業式ができるということを感謝し、その日を迎えたいと思います。来週の今日が卒業式。  

 

3月9日(月)休校1週間

 牧野原小学生の皆さん、自宅学習を頑張っていますか?体調はどうですか?休校になって初めての土日はどのように過ごしたでしょうか。

 ずっと家の中にいると、感染の心配はないけれど、運動不足やゲーム・ネット依存など別の心配があります。お家の方とルールを作って守っていると思いますが、自分の健康を害さないよう、ゲーム機やパソコン、スマホ等の機器は上手に利用しましょう。学習の合間の気分転換として、体を動かす、目を休める等々、健康管理もしっかりと。

 皆さんが外に出られないでいる間にも、春がだんだん近づいてきています。牧野原小学校で見つけた春を少し紹介します。早く本物の春と触れ合える日が来るといいですね。子どもたちが育てているスイセンやアネモネのほかに、ふきのとう、ヨモギ、アジサイの芽、ホトケノザ、タンポポとオオイヌノフグリ、ヒメオドリコソウ、カラスノエンドウにかくれてるナナホシテントウ!

         

 

3月6日(金) 卒業式準備~体育館ワックスがけ~自宅学習応援

   休校措置が取られてから4日目となりました。毎年5年生がワックスがけを行い卒業式に向けて準備を進めていくのですが,この状況のため預かり児童と職員で行いました。どのような状況になるかわかりませんが,でき得る最高の形で6年生を送り出せるように準備を進めていきます。

 自宅学習は、はかどっているでしょうか?勉強とは、本来自分のために自分でするものです。今回の休校は、自学自習の良い機会ととらえ、ふだんできないような学習もできると思って、頑張ってほしいです。eライブラリの学習状況は、学校で先生方が見ることができます。メッセージを送ることもできるので、それを励みに頑張ってくれたらうれしいです。

 また、千葉県教育委員会でも「ちばっ子チャレンジ100」「ちばのやる気学習ガイド」「家庭学習にすすめ」などログインしなくても活用できるウェブサイトがあります。牧小のホームページにもリンクが貼ってあります。文科省にも、「臨時休業中における学習支援コンテンツポータルサイト」(通称「子どもの学び応援サイト」)が開設されました。積極的に活用しましょう。

 ずっと家にいると運動不足になったり、ストレスがたまったりするかもしれませんが、おうちの方と上手に気分転換をしながら、今だからできること、今しかできないことを頑張ってほしいと思います。先生方も頑張ってます。↓↓

 

 

3月3日(火)臨時休業中の学校

 学校に、預かりを希望するご家庭の子どもたちが自習をしにやって来ました。間隔をあけて着席し、静かにそれぞれに課題を進めていました。お弁当の時間は、ランチルームと家庭科室に集まって食べました。

 職員は、預かり児童の見守り、各家庭への安否確認の電話連絡、学区パトロール等を分担し、そのほかの時間は学年学級事務を行っています。

  

 

3月2日(月)午後から臨時休業 朝のお話と給食風景

 新型コロナウィルス感染拡大防止対策のための臨時休業を、松戸市では、本日午後から3月24日まで行うことになりました。2月27日(木)夕刻の報道を受けて、28日に松戸市教育委員会の決めた方向性について、29日(土)の臨時校長会で説明を受け、校内で対応をしているところです。非常時の防災対策ととらえ、最悪を想定し、その時々で、何を最優先するか見極めて、正しい判断をしていかねばなりません。牧野原小学校の子どもたちと職員の健康と安心安全を、最優先してまいります。保護者、地域の方のご理解ご協力をお願い申し上げます。

 今後の状況により、休校期間の変更等がある場合、配信メールおよび学校ホームページにてお知らせいたします。松戸市のホームページと合わせて、こまめにご確認ください。

 本日朝、全校児童に向け、放送で校長よりお話しした内容を以下に掲載いたします。

 

おはようございます。

松戸市の小中学校は、今日の午後からしばらくの間お休みになります。日本中の学校が同じようになります。こんなことは、いまだかつてなかったことです。それだけ、今の日本が大変な状況にあるということです。皆さんには、まず、そういう状況、非常事態であるということを、理解してほしいと思います。

自分と自分の周りが大変な状況にあるとき、大切なことは、まず自分がしっかりすることです。一人一人が、自分で考えたり自分で決めたりして、自分に責任を持つことです。今の状況では、どういうことでしょうか。それは、「自分の身は自分で守る」ということです。もっと具体的に言えば、「自分が感染しない」「ほかの人に感染させない」ということです。そのための休校です。ですから、できるだけ自分の家で過ごすことが大事になります。

一日中家にいたら、飽きてしまうでしょう。学校の時間は学習をするといっても、先生もいない、友達もいない、自分一人でする勉強はつまらないかもしれません。おうちの方も、ずっと一緒とはいかないでしょう。留守番の時間が増えれば、心配なことも増えると思います。

でも。最初にお話したように、今は災害時。いつもと同じにはいかないのです。今まで当たり前だったことが、当たり前ではないということ。自分の身を自分で守るために、ちょっとがまんです。できそうですか? 

校長先生は、「ピンチはチャンス」という言葉が好きです。これは、「大変な時こそ頑張れる」ということです。今のところ、卒業式も修了式も、やる予定ではありますが、いつもと同じというわけにはいかないだろうと思います。それでも、どんな形でも、やれないよりはいいです。先生たちも、休校になってみんなに会えなくなるのは寂しいですが、このピンチをチャンスと思って、頑張ります。

次にいつ会えるのか、いろいろなことが予測不能ですが、みんなで前を向いて、この非常事態を頑張って乗り切りましょう。がんばろう!牧小!! 

これで、校長先生のお話を終わります。

 

 3月最初で最後の給食の風景です。しばらく会えないけど、頑張って乗り越えようね!

                

 

2月21日(金)6年生を送る会・卒業を祝う会

 学校には様々な行事がありますが、この「6年生を送る会」はとても心温まる素敵な会です。学校中のみんなが、お世話になった6年生への感謝の気持ちを込めて、歌や劇や合奏などを発表します。おうちの方や地域の方にも見ていただきたいのですが、体育館のキャパシティの関係で、別の日に「学習発表会」と称してご披露します。6年生の保護者だけは、同じ日に「卒業を祝う会」の中で、6年生の発表を見ていただきます。「6年生を送る会」で、お礼の演奏として発表してくれた歌と合奏なので、6年生は本日2回公演でした。

 トップバッターは3年生「音楽の好きな魔法使い」。音楽で歌った「お菓子の好きな魔法使い」を替え歌に、リコーダー「パフ」、けん玉や縄跳びや集団演技と、盛りだくさんでした。6年生が6年間を思い出せるような内容になっていました。

 4年生は「ありがとう6年生よ、この先もずっと…」。迫力のある心のこもった群読と、美しい音色のそろったリコーダーによる「ありがとう♪」の二重奏、そして6年生一人ひとりの笑顔がスライドで流れる素敵な演出でした。

 一番6年生にお世話になった1年生は「ドラえもん☆フェスティバル」。ドラえもんの主題歌、難しいのに鍵盤ハーモニカで、そして歌とダンス。みんなが首から鈴をぶら下げて、お腹には白い大きなポケット、後ろにはリボンで作ったかわいいしっぽまで!見ている6年生は本当にいい顔していました。

 2年生は「きつねのおきゃくさま」。6年生は2年生の時の国語の学習を思い出したでしょう。初めは食べようとしていたひよことあひるとうさぎを守り、おおかみと勇敢に戦って「はずかしそうにわらって死んだ」きつね。演技も歌も一生懸命で、心を打たれました。

 5年生は「one team~感謝の気持ちを込めて~」牧小オールブラックスによる「ハカ」は、すごい迫力で実にかっこよかったです。林間で作ったおそろいの藍染Tシャツで合唱「未来へのステップ♪」と手打ち(ボディパーカッションみたいなもの)も気持ちがそろっていて見事でした。「次は自分たちが牧小のリーダーだ」という気概が感じられました。

 最後の6年生は、さすがでした。合唱「群青♪」と合奏「宿命♪」。人が一生懸命歌う姿は、こんなにも胸を打つものかと思いました。合奏の「宿命♪」は今流行りの「髭ダン」のヒット曲。子どもたちに絶大の人気のようです。リズムが難しいのですが、打楽器がしっかりビートを刻み、リコーダーと鍵盤ハーモニカが素敵なメロディを奏でていました。真向いに座っていた5年生は、そこに1年後の自分たちを思い描けたかな。

 子どもが、一生懸命に歌ったり踊ったり演技をしたり声を張り上げたりする姿は、本当に美しい。それが、自分ではない誰かのためだとなおさら。誰かのために頑張る。一生懸命で美しい発表に感動する。子どもたちの情緒がきっと育っています。

 

            

 

2月18日(火)3年生クラブ見学会

 年間8回程度のクラブ活動の時間は、4年生以上。回数は少なくても、自分の希望で入れたクラブは、子どもたちにとって楽しみな時間です。今日は、来年度4年生になる3年生が見学をしました。ギャラリーがいるとクラブ児童も張り切ったかな?3年生は、お目当てのクラブが見つかったでしょうか?

 順番に、①ミニバスケット、②サッカー、③レクリエーション、④バドミントン、⑤理科(静電気の実験中)、⑥調理(フルーチェで作ったパフェ)、⑦ダンス(今度発表会もあり!)、⑧まんが(図工室廊下にプロ並みの作品が!)、⑨パソコン(3年生の食いつきがすごい!)、⑩ボードゲーム(このほか将棋や囲碁も)、⑪昔遊び、⑫卓球、⑬読書、⑭手芸、以上14のクラブ活動の一コマです。

 

 

 

2月14日(金)サッカー・バスケ部活動まとめの会

 6年生のお別れ試合がありました。6年vs5年、6年vs先生方。先生方は若干大人げなかったといえるくらい楽しそうでした。それにしても、6年生の動きは速かった!4・5年生にとっても、6年生の雄姿の見納めとなりました。

       

 

 

2月7日(金)地区懇談会・合唱部卒業コンサート

 地域の方や保護者の方との地区懇談会を1000か所ミニ集会として行いました。教育委員会生涯学習推進課から講師を招き、「脳から考える子供の幸せ」というタイトルでご講演いただきました。スマホやゲーム脳、朝食や睡眠の大切さ等々、地域の方、保護者が一緒にお聞きできたことに意義があったと思います。

 合唱部卒業コンサートは、下校後の児童や保護者、地域の方々、学童の児童、卒業生も来てくれて、和やかに開かれました。Nコンで歌った曲が流れれば熱い体育館で汗を流して練習していた日々を思い出し、学年ごとの発表曲を聴けばそれぞれの学年ごとのカラーを感じ、美しい歌声に心洗われました。これで、6年生は引退になります。サッカー・バスケも、来週のお別れ試合で6年生は引退です。6年生がいなくなるのは寂しいですが、こうして次代のリーダーが育って行くのだと思います。

       

 

2月3日(月)全校朝会・児童会役員引き継ぎ

 表彰、体育委員会による縄跳びの技の紹介、そして新旧児童会役員の引き継ぎと盛りだくさんでした。

     

 

1月28日(火)入学説明会

 令和2年度入学予定のお子さんのいるおうちの方向けの入学説明会を行いました。

 あいにくの雨でしたが、お越しいただきありがとうございました。学校からは、入学に向けてご準備いただきたいもの、ことについて、また家庭教育学級や地区委員会、読み聞かせやベルマークの保護者ボランティア、放課後キッズルームなど関連団体の方からのお話、教材の販売もありました。

 初めてのお子さんのご入学という方は、お父さんお母さんも1年生ですから、ドキドキワクワクですね。不安や心配もあると思いますが、どうか期待と希望を持って、入学までの準備期間を過ごしていただきたいと思います。入学までに身につけさせたい大切な生活習慣、キーワードは「早寝・早起き・朝ごはん・朝ウンチ」です。

  

 

1月27日(月)児童会役員選挙立会演説会

 被選挙権は4・5年生、選挙権は4・5・6年生。3年生も来年度のために見学をして、ストーブ4台フル稼働して体育館で行いました。

 どの立候補者の演説も大変立派でした。応援演説も。大勢の前で話をするのは、とても勇気のいるものだと思います。ましてや、みんな、牧小をよりよい学校にすると口々に言ってくれるのです。頼もしい!

 裏方の選挙管理委員会の皆さんも、とても立派でした。準備から運営、そして開票まで。ずばらしい働きぶりです。

 当選した人は、これからの一年、牧小のために頑張ってください。惜しくも当選できなかった人も、得るものはきっとあったはず。自分のために、みんなのために、まだまだ頑張れる場があると思います。期待しています。

    

 

1月22日(水)松戸市小中学校書初展~松戸市文化ホールにて~

 正確に言うと、学校行事ではなく松戸市教育委員会の行事です。本日から26日(日)まで、松戸市文化ホールにて開催されています。本校からも代表児童が作品を出品しており、さっそく見に行ってみました。

 さすがに学校の代表です。学校でも何日間かではありますが、特別練習をしました。きっと家でも、あるいは習っている子はお習字教室でも、たくさん練習した成果だと思います。代表に選ばれた人はもちろん、惜しくも代表を逃した人も、ぜひ見に行ってみてください。たまたま松戸に行ったついでという方も、単純に小中学生が書いた美しい文字を見たいという方も、ぜひどうぞ。家族でいらしている方も多かったです。また、お習字教室の先生かな?と思われる方が熱心にメモを取りながら時間をかけてみていらっしゃいました。

 

 

1月8日(水)書初大会

 体育館、5階ゆとりの教室に分かれて、全校書初大会を行いました。1・2年生は各教室で硬筆の書初大会を行いました。冬休み前に授業で書いた時と比べて、格段に上達している子がいました。きっと冬休みにたくさん練習したのでしょう。その努力にも拍手です。

 希望者は、書星会に作品を出します。また、3年生以上の各学級の代表に選ばれた人の作品は、松戸市文化ホールで1月22日(水)~26日(日)開催の松戸市小中学校書初展に出品します。

       

 

1月7日(火)3学期始業式

 冬休みの楽しかった思い出をたくさん抱えて、牧野原小学生たちが学校に帰ってきました。クリスマスのチキンやケーキ、サンタからの贈り物、大掃除、大みそかの年越しそば、初詣、おみくじ、お年玉、おせち料理やお雑煮、箱根駅伝etc.……

 校長からは、「自分の目標を持つ」ことと、その目標に向かって「努力する」ことの大切さのお話でした。

 今月の目標についてでは、「挨拶は人と人とをつなぐすてきなもの」というお話がありました。

 牧小の校歌斉唱は、毎回指揮者と伴奏者が変わります。いろいろな先生の指揮と伴奏で歌える子たちは、幸せだなあと思います。担当の先生は、朝早くから練習していました。

   

12月23日(月)2学期終業式

 インフルエンザの蔓延防止のため、急きょ放送にて終業式となりました。校歌が歌えず、残念でした。校長からは、「2学期を振り返って」「冬休みに楽しみなこと」のお話でした。生徒指導担当からは、健康や安全に気を付けて冬休みを過ごすことについて「3つの車に乗らないように」と効果音付きでわかりやすく、お話がありました。教室では、みんなしんとして放送に集中していました。

    

 終業式終了後は、各教室や廊下で担任の先生から通知票を渡しました。待っている子たちは、ビデオを見たり本を読んだりしていました。

 今日お休みだった子たちも、3学期の始業式には元気に集まれることを願っています。

    

 

12月22日(日)牧野原ジュニアーズVS牧野原シニアーズ

 この時期毎年恒例の、牧の原ジュニアーズという少年野球チームと牧小職員チームとの親善試合が行われました。

 牧小職員チームには、牧小だけでなく近隣の学校の先生方や元職員、さらには職員の家族も加わり、牧小ファミリーチームでした。それはにぎやかな楽しいイベントになりました。

 企画してくださった牧ジュニの皆様、お飲み物等おもてなしくださった父母の皆様、そして、若干大人げないくらい張り切っていた大人に付き合ってくれた牧ジュニの子どもたち、どうもありがとうございました。

     

 

12月20日(金)2学期末のお楽しみ会♪&鮭の赤ちゃん!

 今日は、学期末のお楽しみ会をやっている学級が多かったようです。室内レク、グループごとに発表、校庭でアクティブに等々。いつもの授業とは違う表情が見られたり、ふだん目立たない子が活躍したり、意外な特技を持っている子がいたり、お楽しみ会はただ単に楽しいだけでなく、いろいろ得るものがあります。

 二学期も、あと一日です。

    

鮭の赤ちゃんが生まれました!おなかにグミのような袋をつけて泳いでいます。とてもかわいいです。ついいつまでも見てしまいます。

 

 

12月19日(木) 2学期最後の給食 メリークリスマス♪

 2学期最後の給食でした。牧小の給食は、毎日おいしいのですが、今日は特別においしかったです。どんなメニューだったかは、このホームページの給食のページをご覧くださいね。

 リンリンリン……鈴の音とともにクリスマスデザートを運んできてくれたのは、3人のサンタクロース!おとものトナカイさんたちも3人!子どもたちは喜んでくれたかな?むしろ大人のほうが楽しんでいたかも?!

 毎日のおいしい給食を考えてくださった栄養士さん、毎朝早くから作ってくださった調理員のみなさん、どうもありがとうございました。

   

 

12月4日(水)体育授業研究~4年タグラグビー

 若手を中心とした先生方の研修で、タグラグビーの授業研究会をしました。実態に応じていろいろとルールを変えれば、どんな学年でも楽しめそうです。今日の授業でも、男の子も女の子も、運動が得意な子もそうでない子も、どの子も楽しく体を動かしていました。チームごとに作戦を立て、試合前のあいさつはもちろん、試合中の仲間への声掛けも温かく、終わった後はノーサイド。まさに「one team」!

 放課後の研究協議会では、よかったところ、課題点などを参観した先生方みんなで学び合いました。こちらもまさに「one team」!という感じでした。

   

 

12月4日(水)サケの卵がやって来ました

 毎年の冬の風物詩、サケの卵が今年もやって来ました。暗くて寒いところに水槽を置いて育てます。希望する子は瓶を持ってくると理科委員会の子が分けてくれます。何日で孵化するか楽しみです。

 

12月2日(月)不審者対応避難訓練

 警察の方を招いて、不審者対応避難訓練を行いました。刃物を持った不審者が校内に侵入する想定でした。教室に不審者が侵入してきて先生の指示で避難した子ども達、子ども達を守るため不審者に立ち向かった先生方、校内放送や110番通報をする先生方、他の教室で待機する子どもたち、状況に応じて子どもたちに指示をする先生方、みな真剣でした。このような事態にしては絶対いけない、だからこそ日頃から訓練をしておかなければならないのだという思いを強くしました。

  

11月27日(水)先生方の実技研修

 放課後の体育館で、先生方が体育の実技研修を行いました。タグラグビーです。

 

 

 学校の先生方は、子どもたちが帰った後どんなことをしているか。今日の振り返り、明日の授業準備、お手紙や学習プリントの作成・印刷、ドリルやテストの丸つけ、ノートやワークシートのチェックやコメント書き、学年や委員会の仕事、自分の分掌校務、家庭や学童への電話連絡や訪問、教育委員会への提出物作成、コンクールや作品展の作品取りまとめ、等々…そして、自分の授業力向上のための研修も欠かせません。

 今日は、体育実技の研修だったので、みんなで体を動かして、楽しく研修できました。タグラグビーは、これからの時期体も暖まりますし、学年に応じてルールを工夫できそうです。今年は、ワールドカップ日本開催でラグビーが一気にメジャーになったので、子ども達も喜んで取り組めそうです。

  

11月16日(土)牧小祭り

 暖かな秋の日差しのもと、牧小祭りを行いました。

 児童会中心の行事ではありますが、内容は、各学年の学習を発展、深化させたものです。1年生は、お客さんとしていろいろなコーナーを回ります。保護者や地域の方々も同様です。2~6年は、前半後半に分かれて、半分は活動、半分はお客さんです。

 2年生は、初めて開催側になりましたが、なかなかどうして立派に「おもちゃランド」を運営していました。①工作用紙とストローの紙トンボ、②牛乳パックのサイコロパズル、③どんぐり人形とヤジロベエ。作り方の教え方がとても上手で、入学前の小さなお子さんも楽しく作って遊んでいました。生活の学習を生かしていました。

 3年生は、理科の学習を生かしたその名も「理科の国」。①「風の町」では飛行機を作って、たくさんある的(箱)に向かって飛ばします。②「重さの町」では、重さを当てたり、重さ比べをしたりして、身近なものの重さについて考えさせられました。③「ゴムの町」では、ゴムの伸び縮みを使ったピンポン球のまとあてをクイズと組み合わせていて、楽しく取り組めました。

 4年生は、「ミラクルランド」。国語の学習を生かした①落語「わらわらくご」、高座も座布団もあって、噺家さんたちも着物風のいでたちで、「ちゃんちゃかちゃんちゃか♪」音楽も本格的でした。大勢のお客さんを前に堂々と話せていて、すごいなあと思いました。②「日本の旅、わくわくドキドキ迷路」は地理のクイズに答えながら迷路を進みます。社会科の学習です。③「答えて進んですごろく」は、理科の学習を生かしたクイズに自分が駒になって進むすごろくで、どちらも工夫を感じました。

 5年生は、社会科と総合的な学習を生かした「パラリンピック&キャスター体験」でした。東京2020に向けて日本代表選手を招いて先日体験した①ゴールボールと、②シッティングバレーボールを教室にコートを作って、体験させてくれるものでした。③キャスター体験は、校外学習で行ったNHKスタジオパークで学んだことを生かし、自分たちがディレクターやカメラマン、タイムキーパーなどになって、お客さんにキャスター体験をさせてくれました。とてもおもしろい試みだったと思います。

 そして、6年生の「SAI」。歴史の学習を生かした①「歴史すごろく」は盤から駒まで班ごとに個性があふれていました。②「墨絵体験・黒板アート」は室町文化体験でした。短い時間でもそれなりのものが作れる満足感は、準備のおかげです。体育館では、③劇「雲の上の3人の武将」。歴史上の人物と現代社会を融合させて、クスリと笑わせる場面もあり楽しかったです。④跳び箱・マットとダンスでは、運動神経とリズム感に感心するばかりでした。先生を頼らず自分たちでどんどんいろいろなことができるところは、もう中学生になる日が近いことを感じさせました。

 保護者の皆様、地域の皆様にも大勢お越しいただき、子どもたちにとって大きな励みになりました。ありがとうございました。

                   

11月6日(水)持久走記録会

ぽかぽか陽気の中、3年生以上は金ケ作公園で、1・2年生は校庭で、持久走記録会を行いました。

金ケ作公園を借りる都合でこの日程になりましたので、練習期間から、耐寒マラソンというには似つかわしくない、温かい中での実施となりました。また、インフルエンザの流行で実施できなくなるかも…という心配もあったので、開催できてほっとしています。

練習期間中、どの学年も頑張りカードを作って、目標を決めて取り組んできました。どの子も練習の成果を出せたと思います。

また、大勢の保護者や地域の方々のご声援が、とてもありがたかったです。この場を借りてお礼申し上げます。

                     

 

10月31日(木)松戸市小中学校合同音楽会

森のホールで行われている松戸市小中学校合同音楽会Bブロックに、本校合唱部が出演しました。

学校でインフルエンザが流行っているので、全員マスク着用でしたしホールの中では写真撮影ができなかったため、写真はあまりないのですが。演奏そのものは素晴らしかったです。22校中14番目の演奏で、曲目は「ぜんぶ~卒業式バージョン~」とNHKコンクールで歌った「開け!あしたの扉を」。会場は、水を打ったように静かになり、美しい日本語を大切にした澄んだ歌声が響き渡り、ホールを牧小合唱部のいろに染め上げました。

学校の状況を考慮し、自校の演奏が終わり次第帰校するということになり、子ども達はステージを終えるとそのままホールを出て帰路につきました。その姿がけなげでなりませんでした。牧野原中学校をはじめ、後半の学校の演奏を聴かせてあげられなくなってしまったことがとても残念でした。しかし、きっと会場には牧小合唱部の美しい歌声の余韻を残すことができたと思います。

4月からずっと頑張ってきた合唱部。少しだけお休みしたら、次のイベント卒業コンサートに向けて、また練習再開です。お楽しみに♪

   

 

10月27日(日)学童まつり

正確に言うと「学校行事」ではないのですが。

牧小校庭で、牧野原学童のおまつりがありました。

学童の子ども達も、そうじゃない子ども達も、たくさん来ていてにぎやかでした。指導員の先生方初め保護者の方々も準備から当日まで、大変だったと思います。ありがとうございました。学校の先生方も大勢参加させていただき、学校とはまた違う表情を見ることができて、有意義な一日でした。

   

10月25日(金)大雨の中の授業参観

大雨の中、大勢の保護者の方が授業参観に来てくださいました。

本来でしたら、授業後には学級懇談会を行う予定でした。担任一同そのつもりで準備を進めていたのですが、大雨のため児童の安全な下校を最優先に考え、懇談会を中止し保護者と一緒に下校としました。大雨の中、授業参観とお子様の引き取りにいらしてくださった保護者の皆様には、心より感謝申し上げます。

次の懇談会は12月までありませんが、お子様のことで何か気になることがあれば、月1回の教育相談日にご来校いただくか、いつでも学校に報告・連絡・相談いただければと思います。

     

 

 

10月21日(月)避難訓練

地震の後、給食室から火災発生という想定で、避難訓練を行いました。

五香消防署から5名の方が見え、避難の様子を評価し、消火器訓練を指導してくださいました。

訓練も終盤、お礼のあいさつをしようという頃に、近隣からの通報があり、あっという間に5名の方は消防車で出動していきました。お礼の気持ちを伝えられず残念でしたが、常に24時間体制で任務遂行にあたる消防隊の生の姿を見ることができたのは貴重な体験だったと思います。五香消防署の皆さん、ありがとうございました。

   

 

10月16日(水)芸術鑑賞会

「長谷川幹人ピアニカバンド」の皆さんをお招きして、秋の芸術鑑賞会がありました。

バンドといっても、鍵盤ハーモニカのハセちゃん、ピアノのミカちゃん、パーカッションのヤッちゃんの3人。あとは音響スタッフの2人で総勢5名だったのですが、鍵盤ハーモニカ恐るべし!とても中身の濃い演奏会でした。日頃自分たちが使っている同じ楽器で、あんなにもクオリティの高い演奏をしていただけるとは、子ども達もびっくりでした。

午前に低学年、午後に高学年と2回公演でしたが、それぞれに反応が違っておもしろかったです。どちらも聴き方がよく演奏しやすかったとバンドの皆さんが言ってくださいました。また、「カノン」については事前に全学年が「ミレドシラソラシ」と「ソラミファドファソ」を練習しており、参加型の一体感ある演奏になったことも素敵でした。今日のように、いい音楽を聴いたり、美しい絵を見たり、心を打つ物語を読んだり。感性の柔らかい子どものうちに、感動体験をたくさんさせてあげたいと思います。

私の記憶が正しければ、今日は以下のようなプログラムでした。

1 (入場)サウス・ランパート・ストリート・パレード

2 ルロイ・アンダーソン・メドレー

3 ねこふんじゃった~タンゴ風のアレンジで~

4 赤とんぼ~鍵盤ハーモニカ三重奏~

5 日曜日の子ども~♪オリジナル曲①♪~

6 牧野原小学校校歌~子どもたちの歌声とともに~

7 パッヘルベルのカノン~子どもたちの鍵盤ハーモニカとのコラボ ビリーブ、翼をください、勇気100パーセントetc.~

8 ディズニープリンセス・メドレー

9 ラララ~子ども達の歌声とともに♪オリジナル曲②♪~

10 情熱大陸

アンコール ミッキーマウスマーチ

11 (退場)オブラディ・オブラダ

    

 

10月月2日(水)球技ブロック大会ダブル優勝!

 松戸市小学校球技Gブロック大会が、松飛台小学校で行われました。参加校は牧野原小、松飛台小、東松戸小の3校です。

 サッカー部は、東松戸小に1対0で勝ち、松飛台小にも3対0で勝利、昨年度に引き続き優勝できました。

 ミニバスケット部は、東松戸小に36対20で勝ち、松飛台小にも49対13で勝ち、昨年度の3位から大躍進、優勝できました。

 試合に出られた人は貴重な経験になりましたし、出られなかった人も精一杯応援を頑張っていました。みんなとてもいい顔をしていました。試合会場に行けなかった人もいましたが、今まで一緒に活動してきた友達のことを、学校に残って心の中で応援してくれていたと思います。短い期間ではありましたが、サッカー部ミニバスケット部の活動を通して、また一つ成長できました。今年度は中央大会はないため、今日で終わりますが、この部活動で得たことをこれからの学校生活にぜひ生かしてほしいと願ってやみません。

 指導し励ましてくださった先生、陰にになり日向になり応援してくださったご家族の方々、ありがとうございました。

 

9月30日(月)球技ブロック大会壮行会

 ブロック大会を2日後に控え、全校で壮行会を行いました。普段の練習風景を再現し、部長は大会への意気込みを述べてくれました。そして、児童代表のお話と応援団を中心として全校児童からの声援をもらっていました。牧野原小学校の代表として、精一杯のプレイをしてきてほしいと思います。

     

 

9月9日(月)13日(金)19日(木)20日(金)27日(金)

サッカー・ミニバスケット部練習試合&合同練習

 松戸市球技ブロック大会に向けて、毎日の練習の延長で、近隣の学校と練習試合をしたり、中学生が教えに来てくれたりしています。とてもいい経験になっています。勝っても負けても、そこから学ぶことはあります。

            

 

月2日(月)第2学期始業式

 牧野原小学校に、また子どもたちが戻ってきました。日焼けした顔、グンと伸びた身長、大きな自由研究を抱えてきた細い腕。それぞれの夏休みの思い出を胸に、こうして戻ってきてくれる。学校は子どもたちの港のようです。いや、港はちょっとおこがましかったかな。子どもの帰る場所は、本当は家庭ですね。でも、第二の我が家とは言わないまでも、学校が子ども達にとって安心できる居場所でありたいと思います。

 始業式に先駆けて、NHK千葉県音楽コンクール銅賞と、席書大会市長賞の表彰を行いました。

 始業式では、「学校は、みんなで頑張って出来た!という喜びや、みんなで頑張ったけど出来なかった!という悔しさを感じられる、素晴らしいところ」「今日から始まる2学期も、喜びや悔しさをいっぱい味わって、たくさん成長しましょう」というお話がありました。また、3年3組の皆さんが、「時間を守る」ことの大切さを、劇で教えてくれました。

     

8月30日(金)夏休み最終日~始業式前日

 長かった夏休みもいよいよ終わり、月曜日から2学期が始まります。

 「学校の先生は夏休み何しているの?」と、よく聞かれます。学校内外で様々な研修をして資質・能力を伸ばすことが一番多いですが、1学期の反省、校内の環境整備や2学期に向けての準備、校外学習の予察、保護者面談、等々結構やることはあります。もちろん夏休みですから、リフレッシュも。今月は明日明後日が土日なので、今日が実質夏休みの最終日。校内のあちこちで、2学期を迎える準備をする先生方の姿がありました。教室の床にワックスをかけたり、子どもたちの机や椅子、ロッカーを雑巾で拭いたり、トイレットペーパーを補充したり。

 みんな元気に始業式で会えることを楽しみにしています!

           

8月24日(土)地域のお祭りで合唱部が演奏しました

 牧の原2丁目町会・かぶと山町会共催「第31回夏祭り」に、本校合唱部が出演しました。ホールでの演奏とは勝手が違ったと思いますが、夏の終わりの夕暮れ時、地元の公園で、友達や家族、地域の方々を観客に歌う姿もまたいいものでした。温かい拍手をありがとうございました。

 夏休みもあと一週間です。始業式、元気で会いましょう!

8月8日(木)合唱部Nコン本選銅賞受賞!

 予選から約2週間、連日の猛暑の中頑張って練習し、さらに磨きをかけた歌声を披露する時が来ました。とは言え、本選に上がってくるのは上手な学校ばかりです。特に、自由曲はどこも本当に上手で、審査員は大変だろうなーと思って聴いていました。そういう意味では、課題曲の方が比較しやすいようです。自画自賛かもしれませんが、牧小の「わたしは こねこ」が一番楽曲のとらえ方がよかったと思います。歌詞の意味をとことん追求し、イメージを膨らませ、表現を工夫し、一番こねこのチッチらしく歌えていたと思うのです。そして、自由曲「開け!あしたの扉を」。出だしから鳥肌が立つほど美しいハーモニーで、あの大きな県文化会館大ホールを、一気に牧小合唱部の創る世界に染めました。

 結果は銅賞!「プログラム3番……」と一番最初に発表されたので、子どもたちは一瞬「?」1秒後に「おおっ!」となったようです。素晴らしい結果です。頑張った子どもたち、指導し応援してくれた先生方、見守り支えてくださった保護者の方々、みなさんの手でつかんだ銅賞ですね。本当にうれしいです。今までありがとうございました。合唱部の子どもたちは、やっと本当の夏休みかな。どうぞ満喫してください。

 なお、今日の本選出場校の演奏は、NHK-FM(千葉県内)8月27日(火)午後2:00~3:50 放送予定とのことです。ぜひお聴きいただければ幸いです。

 会場では撮影不可でしたので、出発前の様子です。

   

 

 

 

7月26日(金)合唱部Nコン予選通過!

 プログラム17番。牧小合唱部の美しい歌声が、会場に響き渡りました。閉会式。22校中、牧小を含め8校が、8月8日(木)の千葉県大会本選に出場を決定しました。牧小合唱部の強みは、一つ一つの言葉を大事にした、美しくきめ細やかな表現力だと思います。暑い中ですが、もうひと頑張り、ここからの10日間で、またさらにぐんと伸びるのが子どもたちです。本選も期待します。

  

 

7月25日(木)合唱部Nコン予選前日リハーサル

 夏休みに入ってからも練習を続けている合唱部。明日はいよいよコンクールの予選です。校内の先生方が見守る中、リハーサルを体育館で行いました。19日の壮行会から1週間で、さらに歌声が磨かれ、表現力も増したように思いました。明日の演奏が楽しみです。応援よろしくお願いします。

   

7月19日(金)合唱部壮行会&1学期終業式

 夏休み中にコンクールに出場する合唱部の壮行会を、終業式に先駆けて行いました。蒸し暑い体育館でしたが、合唱部の涼やかな歌声が響き渡り、その美しさに一瞬暑さを忘れました。児童会代表と牧小応援団が精いっぱいのエールを送りました。きっといい演奏をしてきてくれると思います。みんなで応援しています。

 終業式では、校長先生からお話がありました。1学期を振り返り、いつも牧小には笑顔があふれていたこと、夏休みに大切にしてほしい3つのこととして、①家の手伝いを続けてすること②たくさんの経験をしてほしいこと③事故に会わないこと、についてでした。

 生徒指導部からは、「すいか」と「なし」のお話がありました。「すいか」は、「す」きなことしたいこと「い」ろいろチャレンジ「か」らだをうごかして、そして「なし」は、こうつうじこ「なし」けが「なし」あぶないあそび「なし」でした。

 校歌は、いつもと違う指揮者と伴奏者による、温かく素敵な思い出に残る合唱となりました。

 1学期、保護者の皆様や地域の方々に見守られ支えられながら、無事終えることができました。心より感謝申し上げます。

 2学期始業式、子どもたちがまた元気に登校してきてくれることを待っています。

  

 

6月27日(木)全校朝会

 今日は牧野原小学校の創立記念日です。校長先生から牧野原小学校の校章の由来や意味について話がありました。また,先日の松戸市小学校体育大会の表彰が行われました。生徒指導担当の先生からは,今月の目標「整理整頓をして,気持ちの良い教室にしよう」についてお話がありました。これから学期末に入りますが,机やロッカーなど身のまわりから整理整頓を心がけるように各学級で指導してまいります。最後に,児童会からいじめをテーマにした劇の発表がありました。今後,全クラスでいじめを防ぐために何が大切かを話し合い,標語作りに取り組んでいきます。

  

 

6月21日(木)サッカー・ミニバスケット部活動説明会

 秋の球技ブロック大会に向けて、サッカーとミニバスケットボールの部活動が始まります。希望者対象の説明会を体育館で行いました。今年度は、東京オリンピックの関係で、松戸市では小学校体育大会と球技ブロック大会が入れ替わり、また、球技中央大会は行わないことになっています。ですから、ブロック大会優勝を目指して頑張ってまいります。7月から練習開始です。

 

 

6月20日(水)レインボー集会

 今年度第1回のレインボー集会がありました。1年と6年、2年と4年、3年と5年が、ペア学年となり、グループで交流します。高学年がリーダーシップを発揮するとても良い活動です。第1回は教室で、顔合わせとミニゲームを行っていました。第2回も楽しみです。

  

6月18日(火)クラブ活動

 今年度第1回のクラブ活動がありました。4年生以上が対象です。今年度は、年間8回を予定しています。サッカー、ミニバスケット、バドミントン、レクリエーション、卓球、昔遊び、手芸、まんが、ボードゲーム、理科、ダンス、読書、パソコン、調理の14のクラブが活動しています。

 一部ですが、活動の様子をご紹介します。

    

 

6月5日(水)小学校体育大会

 松戸市運動公園に市内45校の代表選手が集まって、小学校体育大会が行われました。牧小の選手たちは、練習の成果を発揮し、多くが自己ベスト記録を更新していました。そして、男子1000メートル3位、女子80メートルハードル3位、女子走り高跳び3位、女子ボール投げ7位と、4名もの選手が入賞しました。さらに、女子は総合でも6位となりました。

 会場から学校に入賞の連絡をすると、速報を教頭先生が校内放送で伝えてくださいました。各教室からは、温かい歓声と拍手が湧き上がったということです。

 

6月3日(月) 陸上部壮行会,全校朝会

 先月の歌「にじ」の全校合唱の歌声で,集会がスタートしました。壇上で歌う音楽委員会とともに,振り付けを入れて元気よく歌っていました。陸上部の壮行会では,各種目の代表選手が抱負や目標を堂々と発表しました。その後,応援団を中心に全校で陸上部の応援をしました。全校朝会では,生活委員会による6月の生活目標の発表がありました。6月の生活目標は「雨の日の過ごし方を工夫しよう」です。梅雨入りも近づいていますが,雨の日だからこそ楽しめる遊びを各クラスで考え,安全に学校生活が送れるように指導してまいります。

   

4月26日(金) 1年生を迎える会

1年生を迎える会がありました。ピカピカの一年生が元気よく、仲間入りしました。

各学年からのプレゼントや、ゲームや学校紹介など盛り上がり、とても素晴らしい会になりました。

早く学校生活に慣れるといいですね。

 

 

4月11日(木)入学式

 青空に桜吹雪が舞う佳き日,大勢のご来賓、保護者の方々に温かく見守られて、平成31年度入学式を行うことができました。

 式の中では、2年生が、歓迎の気持ちを込めて劇「けんかした山」と歌「やあ!」を発表しました。1年生の子どもたちは一生懸命に演技する2年生のお兄さん,お姉さんの姿に見入っていました。また,6年生は最高学年として前日準備や当日の1年生の補助など,それぞれの役割を責任を持ってやり遂げました。とても立派でした。
 これで1年生から6年生までの全校児童625名が揃いました。1年生はいよいよ6年間の小学校生活のスタートです。「がっこうだいすき」「せんせいだいすき」「ともだちだいすき」な「だいすき いっぱい!」の牧野原小学生になってほしいと思います。全職員が一丸となって、見守り、育ててまいります。

             

 

 

 

4月5日(金) 着任式・始業式


よく晴れたこの日,牧野原小学校では【平成31年度 着任式・始業式】がありました。

今年度の終わりは「令和元年」になっているのだと思うと,
また少し、特別な気持ちにもなりますね。


着任式では,校長を始め,今年度よりチーム牧小の仲間となる9名を
全校児童に紹介しました。

 

   

 

新しい先生それぞれの個性的な挨拶に,子どもたちも目を輝かせて聞き入ります。
その様子に,「学校らしさ」の本質を感じました。

 

 

春休み中静かだった学校に子どもたちの活気が戻ると,
心なしか校舎や体育館が一気に明るく見えてくるから不思議です。


そんな瑞々しい空気の中迎えた始業式では,
子どもたちお待ちかねの担任発表です。

 

   

 

どよめきや歓声の中,次々と各クラスの担任の先生が発表され,
これで今年度を迎える準備は整いました。


あとは来週きらきらの笑顔でやってくる新入生を迎えれば、
平成31年度の牧野原小学校の仲間は全員揃います。

各家庭、地域の皆様におかれましては、折に触れご協力いただくことも多々あるかと思います。
学校,家庭,地域で繋がり合い,広がる笑顔の輪の中でたくましい子どもを共に育てていきたいと
考えておりますので、
今年度もお力添えいただけますよう,よろしくお願いいたします。