成長の2学期に

 

 今年の夏は、災害レベルの暑さに見舞われ、台風やゲリラ豪雨などによる被害もたびたび報道されました。9月に入っても、まだまだ心配は続きますが、お陰様で、休業中に大きな事故や病気等の連絡はありませんでした。元気に登校してきた子どもたちを見て安心しました。子どもたちの声や笑顔から、家族との時間やさまざまな体験を通して、心も体も一回り大きくなった様子が伝わってきました。

 この夏の、本校の子どもたちにかかわるニュースとしては、陸上部や吹奏楽部の子どもたちが、夏休み中も熱心に練習に取り組み、記録や技術をぐんと伸ばしたことがあげられます。吹奏楽部は、7月28日に千葉県文化会館で行われた吹奏楽コンクールに出場し、堂々とした見事な演奏を響かせました。陸上部は、陸上大会へ向け更なる躍進が期待されます。そして、8月27日~29日に行われた5年生の林間学園も、みんなで力を合わせて達成感のある充実した生活を送ることができました。一緒に生活をして“互いに思いやること”や“力を出し合うこと”の素晴らしさを再認識しました。他にも、たとえば「夏休みの自由研究」にも、真剣に時間をかけて向き合い、思いや努力の跡がしっかりと伝わってくる作品がたくさんありました。

 さて、今日から2学期のスタートです。

 学習やいろいろな生活場面で、子どもの良さを認め、励まし、自信を持たせ、主体性を伸ばし、どの子も自分の成長を実感することのできる『実りの学期』にしていきたいと思います。

 子どもは、今日を楽しく精一杯生き、幸せを願い、明日へより良いものを求め、将来への夢を抱き、その実現へ前向きに進む存在です。心の穏やかさや人への優しさを大切にしながら充実感のある生活を過ごせるよう、一人ひとりの成長にしっかりと目を向け、指導してまいります。どうぞ、今学期も保護者の皆様、地域の皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。