関東中学校陸上競技大会

全国通信陸上千葉県大会の共通女子砲丸投げで上位に入った選手が関東大会の出場権を得て、本日、神奈川県平塚市(レモンガススタジアム平塚)で関東中学校陸上競技大会に挑んでいます。

気温35度、南風4メートル、競技開始時間13時という、かなり厳しい条件です。関東圏から集まってきた各県の精鋭達24名で競い合います。

共通女子砲丸投げの千葉県代表選手は3人。鋸南地区、大栄地区、東葛飾地区(栗ヶ沢中)から、この神奈川会場に集結しました。関東大会は一都六県で合計得点を競いあっていることもあり、普段はライバルとして戦ってきた県内の選手とも、今日はチームメイトとして試合にのぞんでいます。互いに声を掛け合いながら競技を行っていました。

各都県の市内大会、通信大会を勝ち抜き、中には全国大会への出場も決まっている選手達もおり、どの選手もとても仕上がっています。投擲サークルに入る前から、どの選手も飛ばしそうな雰囲気を持っています。本校の選手も、普段のルーティン通りに準備をし、集中して投じていました。

予選の試技は三投。一投目は飛距離こそ出たものの、勢い余って足がサークルを超えてしまいファールで記録なし。二投目は9m44cm。三投目は9m98cmで徐々に調子を上げ、記録を伸ばしました。

善戦しましたが決勝には残れず、24名参加中18位タイの記録で予選敗退という結果でした。

本校の選手については、コツコツと練習を重ねて、この関東大会の舞台まで上り詰めてきました。関東大会でも堂々と競技し、緊張高まる最後の投擲で当日の自己ベスト記録を出すことができたのは、これまでの努力の賜物だと思います。これまでの自分を誉めて欲しいと思います。また、関わってくださった方々や、共に汗を流したライバルへの感謝の気持ちを忘れず、陸上を通じて得た経験を今後に生かしてください。関東大会お疲れ様でした。千葉県の選手団の戦いは明日も続きますので、陸上王国千葉の一員として、最後までチームに尽くしほしいと思います。

(千葉県は関東大会で総合優勝。関東大会5連覇しました!)